日立 FLORA PX/VE 退役

社内で稼働中の最古マシン、日立 FLORA PX/VE を退役させることにした。

 日立 FLORA PX/VE

このマシンは、ずんべ が会社を立ち上げた時にメインの開発マシンとして使っていたもの。
スペックはこんな感じ。
ぶっちゃけ、マシンの性能的には、ちっこい Raspberry pi やスマホに、まったく勝てないレベル。

CPU: Pentium 100MHz
後に MMX Pentium 166MHz ODPにパワーアップ
メモリ: SIMM 最大128MB
HDD: 最大2GB

開発PCとして3年くらい使い、WEBシステム開発用のWEBサーバとして使用し、開発用には使えないほど非力さを感じるようになってからは、社内用DNSサーバ/NTPサーバ/メールサーバとして稼働させていた。
最近は、社内サーバを ESXi を使用したVM環境に移行/統合し、社内用NTPサーバ/メールサーバは、VM環境上の新しいサーバに移行し、社内用DNSサーバとしてのみとして稼働させていた。

社内用DNSサーバのみ残して稼働させていたのは、DNSの設定を新しいサーバに移すのがメンドクサイなぁ、というだけの理由だったのだが、社内DNSサーバのためだけに稼働させておくのは、少なからず余分な電気も使うので、重い腰を上げて社内DNSサーバをVM環境上のサーバに移し、このマシンは退役させることにした。

このマシンの運用中、CPUファンの故障、ネットワ―クカードの故障、電源ユニットの故障、と、いろいろ故障はしたけれど、その都度、パーツを調達して修理して動かしてきた。
現状でも、動く/動かないであれば、まだ動く。
しかし、エコ推進、経費節減もあるので、退役させることにした。
よく今まで動いてくれた。
そして、いろいろ勉強させてもらった。
感謝、感謝のマシンである。

MMX Pentium 166MHz ODP。

MMX Pentium 166MHz ODP

ぎっしり刺してあるけれど、合計128MBしかないメモリ。

メモリ128MB

故障に備えてストックしてあったハードディスクも、容量2GBなので、今となってはまったく使い道がなく、すべて、お役御免。
と言うか、こんなにストックしてあったのに、このマシンに接続されていたハードディスクは10年以上故障しなかった。昔のハードディスクは強い。

スペアのハードディスク

ラストコマンドは、もちろん、これ。

# shutdown -h now

今までありがとう。

広告

トラックバック 
〔https://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=5461〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe