Raspberry pi の OS を pidora に変更

このエピソードの続き。

Raspberry pi をシンクライアント端末に

先にセットアップした時は、手元に空いているSDカードが2GBしかなかったので、最新版のOSが入れられなかったのだが、新たに8GBのSDカードを購入したのでOSを最新版に変える事にした。

これまでは Debian系の raspbian を使っていたが、今回は Fedora 系の pidora をインストールしてみる事にした。
raspbian と同じく、イメージをSDカードに焼き込み、Raspberry pi を起動。

うん、起動した。

PIDORAを起動

日本語入力も設定できた。
まぁ、シンクライアント端末として使うので、日本語を入力する事はないと思うのだが…(^^;。

日本語入力

リモートデスクトップでWindowsにも接続できた。

リモートデスクトップに接続

よしよし。

広告

トラックバック 
〔https://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=5282〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 rdesktopで小ハマリ...
    このエピソードの続き。 Raspberry pi をシンクライアント端末に Raspberry pi の OS を pidora に変更 シンクライアントを最新 Raspbian の最小構成で シンクライアントから接続する裏の Windows は 7 だったのだけれど、10 に変えてみる事にした。 裏の Windows 10 を準備し、rdesktop の接続先を変更、ログイン! が、接続できず、X-Window が落ちてしまう。 なんだ? .xinitrc をリネームして外し、X を起動する。 タ...

    2015/12/17 16:23
    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 シンクライアントを最新 Raspbian の最小構成で...
    このエピソードの続き。 Raspberry pi をシンクライアント端末に Raspberry pi の OS を pidora に変更 シンクライアント用の Raspberry pi は、OSを pidora にしていたのだけれど、いつの間にか pidora は標準のラインナップから外れてしまい、ダウンロードできなくなってしまっている。 pidora を選択したのは、単に ずんべ が Debian系より Fedora系の方が慣れているというだけの理由だったのだけれど、ラインナップから外れているとな...

    2015/12/15 23:10

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe