車のキーの電池を交換

ずんべの愛車、カローラフィールダーのキーの電池が切れたようだ。
ボタンを押しても車が反応しない。(T_T)

電池が切れた

こういう場合、キーをディーラーに持ち込むのかな?
でも、「電池を交換して」と、ディーラー持ち込むと、しこたまお金がかかりそうな気がするので、ビンボー人ずんべは、自分で交換してみる事にした。

精密ドライバーでネジを回し、カバーを外す。

精密ドライバーでカバーを外す

何やら小さいパーツが出てきた。
カバーを外せば電池を交換できると思ったのだが、甘かった。更にこの小さいパーツを分解しないといけない。
こういうのは苦手なんだよね。
無理にこじると、ツメが「パキッ」って折れて、元に戻せなくなる。
マイナスの精密ドライバーで、あまり力をかけないように少しずつこじって、開け方を探ってみる。
何とか開いた。

パーツを空ける

ボタン電池のタイプは「CR1220」。
そのタイプのボタン電池は持っていないので、100円ショップで買ってくる。

CR1220

新しい電池を入れ、元通りに組み立てる。
ボタンを押してみると、無事、ランプが点いた。

交換完了

これでヨシ。

かくして、いろいろな種類のボタン電池の在庫が増えていくのである。

いろいろな種類のボタン電池の在庫が増えていく

ボタン電池の種類は、乾電池みたいに、何種類かにまとまらんものだろうか。

広告

トラックバック 
〔https://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=4995〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe