$0.01 USBメモリ (6) – この価格で販売されている理由

このエピソードの続き。

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?
$0.01 USBメモリ (2) – 大量に出品されている
$0.01 USBメモリ (3) – 検出システムを構築
$0.01 USBメモリ (4) – 商品が届いた!
$0.01 USBメモリ (5) – 中国製メモリの品質はどうか

ところで、なぜ送料込み $0.01 などという価格で販売しているのだろうか。
もちろん、こんな価格設定で利益が出るはずなどない。
もちろん、Aliexpress のストアは、ボランティアをやっているわけでもない。
なぜ、$0.01 で販売しているのだろうか。

我々購入者は、商品を購入する時「価格が安い順」に並び替えをして商品を探すという事をよくする。
Aliexpress では、容量の異なる商品が、同一の商品のバリエーションとして表示されている。

USBMEM-20

この商品の場合、$0.01(4GB) から $13.00(64GB) までのバリエーションがある。
商品の一覧を「価格が安い順」で並び替えをした場合、最安値である $0.01 が使われるようだ。
おそらく、設定できる価格の最低値は $0.01 なのだろうから、この商品は「価格が安い順」で並び替えをすると、$0.01の商品は、常にトップに表示される。
こんな感じだ。

USBメモリを「価格が安い順」で並び替え

しかし、実際に売っていないのに、$0.01 の商品があるかの如く表示するのは、おそらく不当表示となるのだろう。
だから、在庫を1個に設定して、実際に商品を販売しているから不当表示ではないという事なのだろうな。

もちろん、在庫が0個になれば、そのバリエーションは購入できなくなる。

USBMEM-22

この商品の場合、4GB/Black というバリエーションが、1個だけ販売された商品となる。
ちなみに、その1個を購入したのは私だ。わっはっは。(^^)

$0.01 USBメモリ

当該バリエーションの商品が売り切れになり、購入できない状態になっても、バリエーションとしては有効で、「価格が安い順」で並び替えをすると、販売できなくなっている $0.01 で並び替えが行われる。
要するに、商品1個を捨て値で販売する事で、商品を上位に表示させることができるという事である。

こういったストアの手法は、少々姑息な気がしないでもないけれど、見方を変えれば、Aliexpress の実装をうまく活用しているとも言えなくもない。

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

$0.01 USBメモリ (5) – 中国製メモリの品質はどうか

このエピソードの続き。

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?
$0.01 USBメモリ (2) – 大量に出品されている
$0.01 USBメモリ (3) – 検出システムを構築
$0.01 USBメモリ (4) – 商品が届いた!

大量にUSBメモリがあるのはよいが、これらはすべて中国製。
中国製と言えば、気になるのは品質だ。

現在時点で、購入した87個のうち、77個のUSBメモリとSDカードが到着している。
その全品について検査を行う事にする。

検査に使用したツールはこちら。

Check Flash 1.16

「論理ドライブとして」「読み書きテスト」「無限に実行」を設定して検査をスタート。
すべてのメモリについて、最低4パスのチェックを行い、一度もエラーが検出されなかったものをOKとする事にする。

チェック開始。

チェック開始

エラーを検出すると、こんな感じになる。

エラーを検出 エラーを検出

全品の検査を行った結果は、77個中、6個がエラーとなった。
初期不良率は 7.79% だ。
高い。
$0.01 で販売されているUSBメモリは、(推測ではあるが)そもそも、製造時の検品で落とすか落とさないかのギリギリのものなのであろうけれど、それでも、商品として販売されているものであるのだから、少なくとも最初の検査くらいはパスする程度の精度で検品してほしいものだ。

いずれにしても、中国製のメモリは、ひじょうに信頼性が低い
今回の検査は、あくまでも初期不良を検査したのであって、この検査をパスしたからといって、安心して使えるというものではない。
実際、この検査をパスした後、使ってみたら、認識しなくなったり、エラー検出されるようになったメモリが何個か出現した。もちろん、これは実際に使用したメモリにおいて発生したのであって、使用していないメモリは、潜在的に故障する可能性がある事になる。控えめに見ても、購入したUSBメモリ/SDカードのうち、10%~15%は使えないと考えるべきだと思う。

もちろん、Aliexpress には、価格の高いUSBメモリ/SDカードも販売されており、これらの価格の高い商品では、もう少し事情が違うのかもしれないが、それでも、販売されている商品なのであるから、10個中1個が使えない状態というのは「品質が悪い」としか言えない。

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
1 0 0

$0.01 USBメモリ (4) – 商品が届いた!

このエピソードの続き。

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?
$0.01 USBメモリ (2) – 大量に出品されている
$0.01 USBメモリ (3) – 検出システムを構築

さて、購入したUSBメモリ、本当に送られてくるのだろうか。
しばらく待っていると…来た!

$0.01 USBメモリ

送られてくるのか!
正直言うと、送料込み $0.01 の商品なんて信用していなかったので、送られてこないものと思っていたのだが、商品が届いた。驚きだ。

と、いう事で、箱を用意。

箱を用意

他の商品も本当に送られてくるのだろうか…。しばらく待っていると…2個目も来た!

$0.01 USBメモリ

その後も続々と届く。

続々と届く 続々と届く

そして、箱にはUSBメモリがどっさりと…。

どっさり

自分で購入しておいて言うのもナンだが、この大量ものUSBメモリ、どうしよう?

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

$0.01 USBメモリ (3) – 検出システムを構築

このエピソードの続き。

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?
$0.01 USBメモリ (2) – 大量に出品されている

続々と $0.01 USBメモリが出品されてくる。

$0.01 USBメモリ

そのほとんどが在庫数1個だ。
ほとんどの場合、$0.01 USBメモリの在庫数は「1個」なので、タイミングを逃すと購入できない。

よし、Aliexpress め。相手になってやるぞ。
ずんべ は現役プログラマだ!
検出システムを構築して、$0.01 USBメモリをごっそり購入してやる。

という事で、プログラムを準備する事にする。
プログラムの概要はこうだ。

(1).Aliexpress で検索をかけて、$0.01 のUSBメモリ、SDカードを表示するURLを準備する。

こんなURLだ。

格安のUSBメモリを一覧するURL
格安のSDカードを一覧するURL

(2).準備したURLのページを取得する。

(3).取得したページのHTMLを解析し、商品名や価格などの情報を取り出す。

(4).新しい $0.01 USBメモリを検出したら、携帯に通知メールを発信する。

(5).上記の(2)~(4)を cron で繰り返し実行する。

やっている事そのものは別に難しい事はなく、システムとしては、いたってシンプルだ。
$0.01 USBメモリが出品されれば、携帯が「ピロリーン」と鳴る。

携帯に通知メールが届く

携帯が鳴ったら Aliexpress にアクセスして、その商品を購入だ。
行け行けドンドン!

すべてが $0.01 ではなく、すべてが 4GB ではないが、激安で販売されているUSBメモリを購入。2週間ほどで、これだけの数を購入する事に成功した。

購入数

USBメモリ、SDカードを合わせて、合計87個、340.896GB分のメモリを購入。
これだけのメモリを購入したが、その購入価格は $2.51。このエピソードを書いている時点での為替レートは $1=100円 くらいなので、これだけ購入しても、日本円でわずか250円ちょっとだ。

すべての商品について、「Shipped」メールが着信した。
一応、発送されてくるようだが…ホンマかいな。

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

$0.01 USBメモリ (2) – 大量に出品されている

このエピソードの続き。

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?

再び Aliexpress を探索していると、またしても発見。

$0.01 USBメモリ

昨日見つけた商品は512MBだったが、今度は実用レベルの4GB。そして価格は Free Shipping で $0.01。
マヂか!
在庫数は機能と同じく「1個」だ。
ん~、どうする? ポチる?


迷ったが…ポチった!

そして翌日、再び Aliexpress を探索していると、またしても発見。

$0.01 USBメモリ

そして翌日も…。

$0.01 USBメモリ

そして翌日も…。

$0.01 USBメモリ

USBメモリだけでなく、SDカードも送料込み $0.01 で販売されている。

$0.01 USBメモリ

その後、続々と $0.01 のUSBメモリやSDカードが出品される。
しかも、様々なストアから、1日に何個も出品されるようになった。
こんな感じに。

$0.01 USBメモリ

なんだこれ?

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

$0.01 USBメモリ (1) – なんだこの商品は?

Aliexpressで、こんな商品を見つけた。

$0.01 USBメモリ

今となっては、容量的にちょっと不足気味な512MBだが、価格は Free Shipping で $0.01。すなわち、送料込み1円という商品だ。
なんだこれ?

超怖い。これは何かのトラップじゃないのか。
しかし、1円という価格は、かなり魅力的だ。
在庫数は「1個」だ。
どうする? ポチる?


あっ! ポチっちゃった!

ポチってみた

ポチったのはいいが、本当に送られてくるのだろうか。

翌日…
あ! 「Shipped」メールが来た!

「Shipped」メール

マヂか!
送料込みで1円だぞ。本当に送られてくるのか?

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」

ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」を聴きにいった。

ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」
ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」

こういった講演会には、なかなか参加する機会がないのだけれど、知人から情報を貰ったので、申し込みをして参加してみた。

ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」 ひので衛星10周年記念講演会「太陽観測から宇宙と地球を探る」

講演会は、ひので科学プロジェクトのはじまり、ひので衛星の観測実績、ひので衛星の観測結果、ひので衛星の今後などが解説された。
小難しい話もあるけれど、壮大な宇宙の不思議に迫っていくプロジェクトは、やはりドキドキする。

■講演会の概要

講演内容1(PDF)
講演内容2(PDF)
講演内容3(PDF)
講演内容4(PDF)

■講演会のライブ動画(YouTube)

また講演会を見つけたら参加してみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

富士総合火力演習

「陸上自衛隊 富士総合火力演習」を見に行ってきた。

陸上自衛隊 富士総合火力演習
平成28年度富士総合火力演習

毎年応募しているのだけれど、なかなか当選しない。倍率は約30倍らしい。
今年も当選しなかったのだけれど、ありがたい事に、知人からチケットを1枚譲り受ける事ができたので、ありがたく頂戴して見に行く事にした。

チケット

 宿を確保しないとな…と思いながらも、直前まで放置していたら、いざ、宿を確保しようとしても宿が空いてない。(T_T)
そりゃそうだよな、失敗した。
御殿場市から沼津市、富士市まで降りても空いてない。清水市まで降りて、やっと宿が確保できた。
御殿場まで2時間か…まぁ、仕方がない。

さて、移動手段はどうするか。

(1).名古屋から御殿場まで買う。

2日間有効の乗車券になって、途中下車が可能なので、清水まで移動して途中下車、一泊して、そのまま御殿場に行くか。
これなら、新幹線も特急も乗れる。
しかし、新幹線を使えば約8,000円、新幹線を使わなくても約4,500円。
もうちょっと安く行きたいな…。

(2).青春18きっぷ

金券ショップで相談したら、「青春18きっぷ」を勧められた。
1回分(1日分)は、約3,000円で買えるらしい。
新幹線も特急も乗れないけれど、6,000円で往復できる。
これで行くか。

青春18きっぷで移動する事にして、金券ショップに買いに行ったら問題が…。

2回券は先ほど売れてしまいました。

がくっ!どうするかな、と思っていたら、金券ショップからこんな提案が。

3回券はありますので、これを一旦8,800円で購入してください。
来週火曜日までに残り1回分になったきっぷを持ってきて頂ければ、3,000円での買取をお約束します。

おぉ、差し引きすると往復5,800円だ。
これで行こう。
と、言う事で、人生初の青春18きっぷを購入。
2回分が既に使われており、あと3回使える。

青春18きっぷ

夕方から移動を始めたのだが…この日は静岡で大雨があって、豊橋より向こうはダイヤが荒れ荒れ。(T_T)
宿を確保した清水まで行けるだろうか。

豊橋でなかなか電車が来ずに足止めはあったけど、遅れながらも電車は動いていて、5時間かけて清水まで到着。
疲れてしまった。風呂にも入らずバタンキュー。

翌日は朝5時に起き、前日に入らなかった風呂に急いで入り、5時半には移動開始。
東海道本線、御殿場線と乗り継ぎ、7時40分に御殿場に到着。
シャトルバスに乗ろうとしたら、既に行列! マヂか!

シャトルバス 待ち行列

並んでシャトルバスの乗車券を購入し、現地に到着。
バス停から演習場まで歩き、チケットのEスタンドまで一直線に進む。
がっ!

チケットを持っていても、Eスタンドに入れない

既にEスタンドは満席で座らせてもらえない。
なんと、Eスタンドのチケットを持っていても、大半の人はスタンドには座る事ができないという事らしい。
自分的には、かなり早く出てきたつもりだったのだが、御殿場7時40分着ではまったく遅いという事らしい。
いろいろWEBを検索してみると、7時にスタンド前に来ているくらいでないと、まったく勝負にならないという事らしい。
いろいろ学習した。来年はもっと上手にやろう。(^^;

10時に演習がスタート。
たっぷり2時間、戦車が走り回り、実弾が撃たれ、バイク兵、歩兵も走り回る。
戦車が砲弾を撃った時は、すごい発射音がする。びっくりだ。
戦車、ミサイルが発射され、目標に命中したり、見事に富士山型にきれいに炸裂するのを見ると、観客席から歓声と拍手が沸き上がる。
残念ながら、この日は雲が多かったため、P3C哨戒機による支援は音だけ、F-2による支援も音だけ、空挺隊の降下は中止になってしまったが、十分満足できた。

演習 演習

演習

演習 演習

演習 演習

演習 演習

さて、帰るぞ。
が…帰りのシャトルバスに乗るのも大変だ。ずらっと行列が…。

シャトルバス 待ち行列

青春18きっぷの1回分を使って乗車、途中、沼津で途中下車して夕食を食べながら、無事、名古屋に帰着。
翌日、金券ショップに持って行き、約束通り3,000円で買い取ってもらった。
移動速度は低速で、けっこう乗り換えもしなければならないけど、悪くないきっぷだな。また機会があったら使ってみよう。

青春18きっぷ

冷静に考えると、「この演習に、いったいいくらかかってるんだろう? ぜんぶ税金だよな」とか思ってしまうのだけれど、まぁ、ずんべ君も男の子、戦車や飛行機は普通に好きなので、今日はそれは考えない事にする。(^^;

 

楽天SocialNewsに投稿!
1 0 0

マイナンバー対応個人情報保護士

このエピソードの続き。

個人情報保護士
マイナンバー実務検定2級

以前に取得した「個人情報保護士」が、その後に「マイナンバー実務検定2級」を取得した事に伴って、「マイナンバー対応個人情報保護士」に昇格した。

「マイナンバー実務検定2級」に合格した直後にプラチナカードの申請をしたところ、こんな画面が出て…

マイナンバー対応プラチナカード申請

「毎月15日で締め、翌月末に発送」と書かれていて、「まさか、いくらなんでも2ヶ月後に届くという事はないだろう。毎月15日で締め、月末に発送の間違いだよな」と思っていたら、本当に2ヶ月後だった。
ちょっとノンビリしすぐだろ、と思うのだが…。

2ヶ月待って、無事、カードが到着。

マイナンバー対応プラチナカード

おしおし。

まとめページ:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

SDカードを修復

手元にある、このSDカード。

2GB SDカード

なぜか、容量3.93MB(GBではない)としてしか認識しない。(T_T)

容量 3.93MB (T_T)

以前に Raspberry pi の起動ディスクに使用した後あたりからこんな状態になったのだが、書き込みに失敗するなどしてSDカードが壊れたのだと思っていた。
貧乏性の ずんべ は、壊れたSDカードもがらくた箱に入れてとってあったのだけれど、ふと思い立って、このSDカードを「ディスクの管理」で開いてみた。
すると…

「ディスクの管理」で確認

SDカード全体の容量は1.90GBと認識されていて、パーティションがブツ切り状態になっていた。
SDカードは壊れていなかった。
ブツ切りされたパーティションが見えないだけだった。
これらのパーティションを削除してフラットな状態に戻せば、容量が復活するのではないか。

しかし、この「ディスクの管理」のインターフェースでは、パーティションを削除の操作はグレーアウトされていて、削除できない。
どうやって、これらのパーティションを削除するのだろう?

いろいろWEBを探していると、方法はいろいろあるようだ。

・「EaseUS Partition Master(日本語ページ英語ページ)」を使う。

・「SDカードフォーマッター」を使う。

これらはお手軽そうなのだけれど、PCにソフトウェアをインストールしなければならない。
ソフトウェアをインストールせずになんとかできないかな。

更にWEBを探していると、Windowsの標準コマンド「DISKPART」でパーティションを削除できるらしい。
さっそく試してみる。

DISKPARTを起動する。

C:\>DISKPART

Microsoft DiskPart バージョン 6.3.9600

Copyright (C) 1999-2013 Microsoft Corporation.
コンピューター: **********

認識されているディスクを一覧する。

DISKPART> list disk

ディスク 状態 サイズ 空き ダイナ GPT
### ミック
———— ————- ——- ——- — —
ディスク 0 オンライン 74 GB 0 B
ディスク 1 オンライン 931 GB 345 GB
ディスク 2 オンライン 1950 MB 1160 MB *

「ディスク 2」がSDカードのボリュームなので、これを選択する。

DISKPART> select disk 2:

ボリューム 5 が選択されました。

DISKPART>

ボリューム上のパーティションを一覧する。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
————- —————— ——- ——-
* Partition 1 システム 4064 KB 32 KB
Partition 0 プライマリ 249 MB 4112 KB
Partition 0 プライマリ 249 MB 254 MB
Partition 0 プライマリ 285 MB 614 MB

DISKPART>

「Partition 1」を選択し、削除する。

DISKPART> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
————- —————— ——- ——-
* Partition 1 システム 4064 KB 32 KB
Partition 0 プライマリ 249 MB 4112 KB
Partition 0 プライマリ 249 MB 254 MB
Partition 0 プライマリ 285 MB 614 MB

DISKPART> delete partition

仮想ディスク サービス エラー:
force protected パラメーターを設定しないと、保護されたパーティションは削除できま
せん。

DISKPART>

おっと…。
上書きオプションを指定して再度実行。

DISKPART> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。

DISKPART> delete partition override

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART> list partition

Partition ### Type Size Offset
————- —————— ——- ——-
Partition 1 プライマリ 249 MB 4112 KB
Partition 0 プライマリ 249 MB 254 MB
Partition 0 プライマリ 285 MB 614 MB

DISKPART>

同様に、残りのパーティションも削除する。

DISKPART> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。

DISKPART> delete partition

DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。

DISKPART>

「ディスクの管理」で確認。

「ディスクの管理」で確認

よし、フラットになった。
改めて領域を確保し、フォーマット。

2GB SDカードが復活!

容量 2GB (^^)

おしおし。(^^)

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-