車のランプをLED化(その7)

このエピソードの続き。

車のランプをLED化
車のランプをLED化(その2)
車のランプをLED化(その3)
車のランプをLED化(その4)
車のランプをLED化(その5)
車のランプをLED化(その6)

これらのLED化で失敗していたストップランプのLED化をリトライした。

LEDストップランプ

最初の交換作業では、LED電球に極性がある事を知らず、LED電球の選択ミスで失敗。

次の交換作業では、LED電球の交換はでき、テールランプもストップランプも点灯したけれど、インパネの警告灯が点灯し、ABSも効かなくなってしまって、失敗。

警告灯が点灯

今回は、インパネの警告灯が点灯しない様にLED化をして、ABSもきちんと動作するようにしてみる。

常套手段としては、ストップランプの回路にメタルクラッド抵抗を挟み込む方法があるが…

ピカキュウ スモール&ストップランプ球切れABS警告灯キャンセラー メタルクラッド抵抗(定格25W)25Ω
ピカキュウ スモール&ストップランプ球切れABS警告灯キャンセラー メタルクラッド抵抗(定格25W)25Ω
まめ電(MAMEDEN) 警告灯 防止用 メタルクラッド抵抗
まめ電(MAMEDEN) 警告灯 防止用 メタルクラッド抵抗

定格の消費電力が25Wと大きく、これを取り付けるのは本末転倒。
これを取り付けるなら、白熱電球のままでいい。
この抵抗を使わず、手元にあるものだけでなんとかならないだろうか。

う~んと悩んで、閃いた。

要は「電球が付いている」と、車の制御回路を騙せればいいのであるから、制御回路を騙せるだけの最小限の電力を消費する電球を挟み込むというのはどうだろうか。
発想としては、前述のメタルクラッド抵抗を挟み込むのと同じようなものであるが、消費される電力を最小限にでき、手元にある部品だけでなんとかできそうだ。
と、いう事で、この方法でテール/ストップランプのLED化をトライしてみる事にする。

事前に調査してみると、ずんべ の愛車(カローラ・フィールダー)の場合、次の要件でいけそうだ。

(1).左右どちらかで、4W程度の電力を消費させればよい。
(2).テールランプ点灯時、ストップランプ点灯時に、それぞれで独立して電力が消費されればよい。

これらを満たす回路を作って、テール/ストップランプの回路に挟み込む事にする。

電球は、これを使う事にする。
T10 12V 5Wを2個(テールランプ用、ストップランプ用)。

DSC_0041

ソケットはこれを使う。
このソケットは、本来、インパネの裏側からパチッと取り付けるためのソケットで、結線用の電線が付いていないのだけれど、手元にたくさんあるので、これを加工して使う事にする。

T10 12V 5W

両縁に電線を通せるように、金具の下の部分を削る。

金具の下の部分を削る

この部分に電線を這わせて、接点部分に電線をハンダ付けする。

接点部分に電線をハンダ付けする

結束バンドで電線を固定する。

結束バンドで電線を固定する

同じものをもう1個作成した上で、マイナス側を一本にして結合する。

同じものを2個作製した上で、マイナス側を一本にして結合する

T10電球を取り付けるとこんな感じ。

T10電球を取り付ける

念のため、点灯テストをする。OK。

点灯テストをする

車に取り付ける。
車側の配線を切るなどは避けたいので、結線にはUコネクターを使う事にする。
電線2本をUコネクタに食わせて、ペンチで挟んでUエレメントを押し込むと結線できる。被覆を剥く作業やハンダ付け作業が必要がない。便利だ。

Uコネクタ

Uコネクタを使って結線したところ。

車に取り付ける

写真ではわかりにくいけれど、結線は以下の通り。

結線

エンジンを始動して、実際に走ってみる。
警告灯は点灯しない。OK。

警告灯は点灯しない

安全な場所で加速して、急ブレーキをかけてみる。
ガガガガッ!っとABSが効いた。OK。

これでヨシ!

消費電力は、計算上、以下のようになるただし、LED電球の消費電力は無視し、白熱電球のみを足し算している。

(a).スモール点灯
10W (5W×2)5W
50%削減

(b).ブレーキ点灯
42W (21W×2)5W
88%削減

(c).スモール+ブレーキ点灯
52W ((21W+5W)×2)10W (5W+5W)
81%削減

抵抗の代わりに白熱球を使うという強引な技で、完全LED化とはならなかったけれど、それなりに消費電力は削減できたので、これでいい事にする。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ミグー25ソ連脱出―ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか

「ミグー25ソ連脱出―ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか」を読んだ。

ミグー25ソ連脱出―ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか (1980年)
ミグー25ソ連脱出―ベレンコは、なぜ祖国を見捨てたか (1980年)



ミグ25の函館強行着陸事件は、ずんべ が小学校低学年の頃の話なので、その事件そのものの記憶はないが、プラモデルが好きだった ずんべ は、模型雑誌で函館のカバーが被せられたミグ25のジオラマが鮮明に記憶に残っている。

ミグ25は、チタン合金はほとんど使われておらず、電子装置も真空管が使われていると聞いていて、西側の戦闘機と比較して、さまざまな技術面で、かなり遅れていると思っていたのだけれど、この書籍を読んで考えが変わった。
チタン合金が使われておらず、真空管が使われているなど、技術的に遅れていたとしても、当時のソ連軍がミグ25に求めていた性能である、超高高度を飛来する高速偵察機/高速爆撃機を迎撃できる性能を実現したという点は、技術者の努力の賜物なのだろうと思う。
過去の日本においても、遅れた技術を用いてゼロ戦をはじめとして、当時として世界の戦闘機を凌駕し得る戦闘機を開発したが、それとオーバーラップするように感じる。

いろいろソ連軍の内情も書かれているが、この書籍は1980年、すなわち、亡命事件の4年後に発刊されており、西側のプロパガンダの臭いを少し感じる。おそらく、書かれている事の多くは事実なのだろうけれど、東西冷戦のさなかに発刊された書籍である点で、ある程度引き算して読まなければいけないのかな、とは思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

換気扇ひもを交換

換気扇のひもが切れてしまった。(T_T)

換気扇のひもが切れてしまった

この換気扇は2012年頃に交換したものなので、約6年でひもが弱って切れてしまった事になる。ちょっと早いなぁ...。

切れたものは仕方がないので、交換する事にする。
換気扇のひもは、普通に販売されていて、数百円程度で購入できるのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、廃物を利用してひもを取り付けてみる事にする。

例によってがらくた箱をひっくり返してみる。
あった。
廃棄予定のキーボードのケーブルだ。
これでいこう。

廃棄予定のキーボードのケーブル

ケーブルを適当な長さに切断して、先端にフックを取り付ける。

先端にフックを取り付ける

ついでなので、換気扇の羽根や換気扇本体をキレイキレイ。

換気扇の羽根や換気扇本体を掃除

フックを換気扇に引っ掛けて完成。

フックを換気扇に引っ掛けて完成

ケーブルはそこそこ太いので、まっすぐ垂れていないけれど、そのうちまっすぐ垂れるでしょう。
これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

移植ごてをリペア

ベランダ菜園で使っている移植ごて(スコップ)の握り部にひびが入ってしまった。

握り部にひびが入った

100円ショップで購入したものなので、買い換えてしまってもいいのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

ついでに、ボロボロになったさじ部もリペアしてみる。

ボロボロになったさじ部 ボロボロになったさじ部

とりあえず、さじ部をきれいにする。

さじ部をきれいにする さじ部をきれいにする

ヤスリで磨く。グラインダーなどがあれば、もっと磨けると思うのだけれど、ヤスリで磨けるだけ磨いてみた。

ヤスリで磨く ヤスリで磨く

さじ部を塗装する。

さじ部を塗装する さじ部を塗装する

次に、折れた握り部を修理する。
エポキシ接着剤を準備する。

エポキシ接着剤を準備する

A剤とB剤を混ぜ、握り部の折れた部分に流し込む。

A剤とB剤を混ぜ、握り部の折れた部分に流し込む

固定して接着剤が硬化するのを待つ。

固定して接着剤が硬化するのを待つ

完成!

完成! 完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

スイッチ・カバー

スイッチ・カバーを作ってみた。

スイッチ・カバー

事務所のトイレの電球を人感センサー付きLED電球に交換した。

人感センサー付きLED電球

人感センサー付きなので、トイレに入れば自動的に点灯し、自動的に消灯する。
スイッチを操作する必要はなくなったのだが、トイレに入る時のスイッチ操作は体に染みこんでいるので、ついスイッチを操作してしまう。

そこで、スイッチのカバーを取り付ける事にした。

まず、材料を切り出す。
100円ショップで売られているPPシートに展開図を書き入れる。

展開図を書き入れる

切り出す。

切り出す

折り目にカッターで筋を入れ、折り曲げる。

折り曲げる

材質がPP(ポリプロピレン)なので、強固な接着は期待できないが、気持ち程度のつもりで四隅を接着しておく。

接着する

折り目の部分は白くなっているので、これまた気持ち程度のつもりで着色する。

着色する

両面テープで取り付けて完成!

取り付け前 完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

鍵のストラップホールを修理

鍵のストラップホールが壊れてしまった。
少しわかりにくいけれど、右の鍵はストラップホールの先がちぎれてしまっている。

ストラップホールが壊れてしまった

左のスペアキーがあるので、それを使えばいいのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、ストラップホールを修理してみる事にする。

ストラップホールを修理すると言っても、ちぎれた部分を強度を持たせて復元するのは難しそうだ。
そこで、持ち手の部分に新たなストラップホールを空ける事にする。

ドリルで穴を開ける。

ドリルで穴を開ける

リーマーを持っていないので、プラスドライバーでグリグリして、穴の部分の面取りをする。

穴の部分の面取りをする

持ち手のカドをヤスリで削って成形する。

持ち手の部分を成形する

完成!

完成!

これでヨシ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

部屋干し用物干し竿(Ⅱ)

このエピソードの続き。

部屋干し用物干し竿

設置場所を変更して、部屋干し用物干し竿を作り直してみた。

部屋干し用物干し竿(Ⅱ)

前作は、玄関口に物干し竿を渡すように作成した。
間取り図で言うと、こんな感じ。

間取り図(玄関口)

これはこれで便利なのだけれど、洗濯物を干している状態の時にピンポン♪と来客があったりすると、ちょっと恥ずかしい。
もう少しいい場所は無いかと探したところ、すぐ横の「洗面・洗濯室」でも物干し竿が渡せることに気が付いた。

洗面・洗濯室

間取り図で言うと、ここ。

間取り図(洗面・洗濯室)

玄関口だと約1.5mのサイズを渡せたけれど、洗面・洗濯室だと約1mのサイズと短くなってしまうが、
①浴室の窓に近くなって通気がよくなる(気がする)
②ピンポン♪と来客があっても平気
③前作の玄関口用もあるので、足りない時はそちらを併用する
という事で、洗面・洗濯室用を新たに作成する事にした。

まず、材料を調達する。
パイプ×2、ジョイント×4、三角棒。
ジョイントのうち2個は、突き抜けないタイプ、2個は突き抜けるタイプとして、若干なりとも幅の調整が効くようにした。

材料を調達する 材料を調達する

組み立てる。
組み立てると言っても、パイプの両端にジョイントを取り付けるだけだけ。(^^;

組み立てる

突き抜けるタイプのジョイント方はユルユルで固定できないので、両面テープを貼って緩みをなくすすようにしている。
できれば、ジョイントの輪の内側に熱針を押すなどして凸を付ければ、カチッとした固定ができるのだろうけど、今回は簡易に両面テープで処理した。

組み立てる

仮に取り付けてみる。

仮に取り付けてみる

うん、よい感じだ。
ただ、この部分が気になるので、もう少し見栄えがよくなるように工作する事にする。

ジョイント部分

三角棒を切る。

三角棒を切る

塗装する。

塗装する 塗装する

ジョイントの底に両面テープで固定する。

両面テープで固定する

取り付けると、こんな感じになった。

ジョイント部分

洗濯物を掛けてみる。

洗濯物を掛けてみる

ピンポン♪と来客があった場合は、カーテンを閉める。

カーテンを閉める

バッチリだ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

記録ボード

会社の「入退室管理簿」の記録ボードを作ってみた。
記録ボードと言っても、仰々しいものではなく、いわゆるクリップ・ボードに、ペンを取り付けるという簡単なもの。

記録ボード

クリップ・ボードと、カール型のストラップを調達。

クリップ・ボード ストラップ

カール型のストラップの両端を加工する。
まず、ボード側。
少々Oリングが大きいので、手元にある小さいものに交換する。

Oリングを交換 Oリングを交換

次にボールペン側。
大きなクリップが付いている。

クリップ

このクリップにボールペンを取り付けるのはちょっと難しい。
ボールペン側を加工して取り付けるようにすると、ボールペンを交換する度にボールペンを加工する必要が生じるので、それは避けたい。
そこで、小さいストラップに交換する事にする。

ストラップ

大きなクリップを取り外す。カールの先端は溶着されているので、カッターで切って取り外す。

クリップを取り外す

はんだごてで溶着し直す。

溶着し直す 溶着し直す

ストラップの先の小さいクリップを取り外した上で、取り付ける。

ストラップを取り付ける

ボールペンを取り付ける。

ボールペンを取り付ける

完成!

記録ボード

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

プラレールのレール(量産編)

このエピソードの続き。

プラレールのレール(試作編)

プラレールのレールを量産(と言っても、4本だけど)してみた。

レール

ベニア板に切り出し線を入れる。

切り出し線を入れる

ちなみに、切り出し線は、こんな風に引いている。
グレーの部分は使われずに捨ててしまう部分で、けっこう無駄に捨てている。

切り出し線

これを、こんな風に、凸凹の部分を重ねて切り出すようにすれば、無駄に捨てる部分が減るのではないかと思うのだが…

切り出し線

実は、これはうまくいかない。
理由は、レールとレールを「ぐっ」っとはめ込めるようにするには、凸を少し大きく、凹を少し小さく作る必要があるためで、凸凹の部分を重ねてしまうと、はめ込んだ時にゆるゆるになってしまうからだ。
無駄が多いけど、仕方がない。

部品を切り出す。

部品を切り出す

ヤスリがけをして角を落とす。
左がヤスリがけ前、右がヤスリがけ後。
ササクレが取れ、角がすべて丸くなっている。

ヤスリがけをして角を落とす

ヤスリがけ完了。

ヤスリがけ完了

木工ボンドで接着する。

木工ボンドで接着する

ニスを塗る。

ニスを塗る

完成!
試作の1本を含めて、合計5本。

完成! 完成!

ヨシ!

■2018/06/11追記

ロングレールを追加!

ロングレール ロングレール

ヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

プラレールのレール(試作編)

プラレールのレールを作ってみた。

レール

ずんべ の息子は、自称「鉄オタ」。
将来的にはNゲージに進むかもしれないけれど、今のところ、プラレールで遊ぶことが多い様だ。
プラレールのレールは、買っても、そう高いものではないけど、自作してみる事にした。
とりあえず、試作してみる。

まず、材料を揃える。
ベニヤ板と竹ひご。

材料を揃える

プラレールの実物を採寸して、ベニヤ板に転写する。

プラレールの実物を採寸して、木の板に転写する

部品を切り出す。

部品を切り出す

部品の状態で、実物の凸凹にはめ込んでみる。
ぐっと少し力を入れるとはまるくらいに凸凹のサイズを調整する。

実物の凸凹にはめ込む

ヤスリがけをして角を落とす。

ヤスリがけをして角を落とす

木工ボンドで接着する。

木工ボンドで接着する 木工ボンドで接着する

接着剤が乾いたら、再び実物の凸凹にはめ込んでみる。
グッド!

実物の凸凹にはめ込む

ニスを塗る。

ニスを塗る ニスを塗る

完成!

完成! 完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-