不発弾

「不発弾」を読んだ。

不発弾 (講談社文庫)
不発弾 (講談社文庫)



なんだこれ。オチがまったくわからない。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

機密費

「機密費」を読んだ。

機密費 (集英社新書)
機密費 (集英社新書)



機密費が必要である事は分かる。
この書籍に書かれている事ではないが、特定秘密保護法によって機密を持つこともわかる。
しかし、この書籍に書かれている様な機密費の使い方は、どう考えても「機密」と捉える事はできない。
同様に、特定秘密保護法によって守ろうとする情報がすべて「機密」であるとも思えない。

『正しく運用するならば』「機密費」も「特定機密」も必要だと思うが、どう考えても、これらは『自由に使えるカネ』『なんでも隠せる便利は箱』にしか見えない。国民の中で「機密が正しく扱われている」と信じている人などいないと思うが、我々が納めた何百億円もの税金が、「実弾」「土産」「選別」など、機密とはおよそ関係のない事に使われている事を目の当たりにすると、大きな怒りを感じる。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

飲み放題で小ハマリ

いわゆる「飲み放題」で小ハマリしたのでメモ。

新年会の幹事を仰せつかった。
店は、参加者からのリクエストで「風来坊」に決まっていた。

風来坊
風来坊

まず、どの店舗にしようかと調べたところ、風来坊は日曜定休日の店舗が多く、予定していた日に営業していた「名駅センチュリー豊田ビル店」にした。

名駅センチュリー豊田ビル店

この店舗は、コースの予約は12人以上というルールがあるので、12人で予約を入れた。

ところが、新年会では人数が集まらず、11人での開催になった。
この店舗のルールは、コースは12人以上という事になっているので1人足りない。
そこで、参加メンバーに「500円づつ余計に出してもらう」了承を貰い、12人の予約のまま(12人分の支払いのまま)で、11人での開催にする事にした。

さて、当日、店員がこう言う。

現在、11人の様ですが、もう1名は後からみえますか?

私は、こう答えた。

すみません、11人のままでお願いします。料金は、予約の通り12人分支払います。

これに対して、店員はこう言う。

11人ですと、飲み放題をお付けできません。
お料理は12人分でお出しさせて頂きますが、お飲み物は個別の注文になります。

へ?

いや、予定通り、支払いは12人分ですよ。
料理も12人分、飲み放題も12人分。参加者が11人というだけだよ。

店員の答えは…。

申し訳ございません、人数が足りない場合、飲み放題はお付けできないのです。

意味がまったくわからない。どういう事?
しかし、これから新年会というところでゴタゴタやっても仕方がないので、参加者の方に「ごめん、飲み物は個別でお願いします」と了解を得て、スタートする事にした。
すげー、モヤモヤする。

で、新年会がスタートしかかったところで、店員がこのような事を言う。

店長より、今回は特別にOKが出ましたので、飲み放題をお付けさせて頂きます。

ん~? 「特別にOK」? よくわからん。
しかし、これから新年会というところでゴタゴタやっても仕方がないし、ともかくも飲み放題が付くというので、参加者の方に「ごめん、飲み放題を付けてくれるそうです」と伝達し、新年会をスタートした。
やっぱり、すげー、モヤモヤする。

新年会そのものは終了。
会計をし、解散となった。

しかし、翌日になっても、まだモヤモヤする。
11人分の支払いに対して、12人の参加で飲み放題が付けられないなら理解できるが、どうして12人分の支払いに対して11人の参加で飲み放題が付けられないのだ? 店は何も損しないではないか。

どうにもモヤモヤするので、電話をしてなぜダメなのかを聞いてみた。
答えは…

実は、以前に次の様な事が多発しまして…。
たとえば、20人分の支払いに対して、18人が来店し、来店した18人が、「余分に払った2人分以上を取り返せ!と言わんばかりに無茶飲みをする」。
もちろん、飲み放題と設定している以上、「飲み放題」なのですが、他のお客様にも迷惑がかかる状況もひじょうに多く発生したので、人数が少ない場合は、飲み放題の設定を外させて頂いております。
「相手を見てくれよ、そんな無茶飲みするように見えるか?」とか、お客様に言われる事もあるのですが、特定のお客様だけにOKを出すと、それで来店されて、同じ状況が発生してしまうので、基本的にはお断りさせて頂いております。
申し訳ございません。

やっぱり意味がわからない。
そんなの、20人の支払いに対して20人の参加でも、元を取ろうという考えなんて同じじゃないか。
そもそも、「飲み放題」を謳っているのだから、客がどれだけ飲もうが関係ないだろう。飲めるt量に上限があるなら、そもそも「飲み放題」を謳うべきではない。
一般的に考えて、実際に参加している人数よりも多い人数分の支払いをするのであれば、断られる理由などない。

ちなみに、その後、風来坊の他の店舗(3店舗)に電話して、以下の事を聞いてみた。

予約について教えてください。
たとえば、20人で予約して、当日に2人の欠員が出たとします。
その場合、料金などはどうなりますか。

答えは3店舗ともこうだ。

お食事の料金は20人分でお願いします。
飲み放題に関しては、18人分で計算させて頂きます。

普通の答えが返ってきた。
やはり、名駅センチュリー豊田ビル店の対応はイレギュラーだ。
おそらく過去に、何らかのトラブルがあったのだろうという事は容易に想像できるが、他の客に対しても同じ目を向けるというのは被害妄想が過ぎると思う。
現実的な話として、当日に欠員ができる事はよくある。
病気になるかもしれない。
身内に不幸があるかもしれない。
事故で来られなくなるかもしれない。
交通機関が止まるかもしれない。
そんな場合に、「人数が少ないので飲み放題は付けられません」って言われてもね…。

その店のルールであるならが仕方がないが、ぶっちゃけ、そんなメンドクサイ店は使いたくない。
幹事で店を予約する時は、こんなヘンテコリンなルールでやっている店もあるので注意しなければならないという事を知った ずんべ であった。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者

「警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者」を読んだ。

警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)



う~ん、消化不良。

・鍋島君の思い付きから、どうしてPCの閲覧履歴に繋がるの?
・ラストで一所懸命探したカーデガンは結局何だったの?ボタンのサイズだけ?
・なぜ息子を抱っこする必要がある?ベビーカーに乗せない理由は?
・母親が子供の口を押さえて鼻も押さえちゃって事故死?

作品としては楽しめたけど、ちょっと強引さが目立つ気がする。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか

「迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか」を読んだ。

迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか
迷惑な進化 病気の遺伝子はどこから来たのか



おもしろい。

ヒトにとって害になる病気の遺伝子が、なぜ自然淘汰されないのか今まで疑問だったのだけれど、謎が解けた。なるほどね。
エピジェネティックやジャンピング遺伝子なども、ひじょうに興味深い。

生命には不思議がいっぱいだ。
たった31億しか(?)塩基対がないのに、これまでに生まれたヒトは、ひとつとして同じ個体がない。
個体というハードウェアが無限なだけでなく、個体の脳から生み出される思考というソフトウェアも無限だ。

生命の仕組みが解明されるときは来るのだろうか。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

灯油ポンプを修理

灯油ポンプが壊れてしまった。
灯油をファンヒーターのタンクに移そうとすると、灯油がダダ漏れになる。
どこから漏れているのか調べてみると、根元のところのようだ。一部が割れていて、ここから灯油が漏れているようだ。

灯油ポンプが壊れてしまった

このポンプは、もう3~4年使っているし、100円で購入できるものでもあるので、買い直してもいいのだけれど、そこはビンボー人 ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

どうやって修理するか。
接着は、材質的に強く接着する事は難しい。
また、常に伸縮がかかる部分なので、固めてしまうような修理は難しい。

う~ん、と悩んで、パッチを当てて修理する事にした。

パッチはこれ。ガムテープ。

パッチ(ガムテープ)

外側にパッチを貼ると、内側からの灯油の圧力によって剥がれてしまう可能性があるため、パッチは内側に貼る。つまり、自らの圧力で、パッチを押し付けようというわけだ。
ガムテープの粘着面は、灯油によって溶けてしまってうまく粘着せず、ポンプを締め込んだ時にずれてしまう可能性があるので、パッチは、割れている箇所から反時計回りに少しずらして貼る。これで、ポンプを締め込んだ時に時計回りにずれてちょうどいい具合になる。

パッチを貼る

ポンプを締め込む。

ポンプを締め込む

使ってみる。
灯油が漏れる事はなくなった。
バッチリだ。

使ってみる

これで、しばらく延命だ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

天空の蜂

「天空の蜂」をCSで視聴した。

tenku-1
天空の蜂



原作は読んでいないのだけれど、CSで放送されていたので観てみた。
原子力発電所の停止を求め、軍用大型ヘリコプター「ビッグB」を奪って、高速増殖炉「新陽」に対してテロリストがテロを仕掛ける。
そもそも、そんな簡単に自動操縦なんてさせられないだろ、とか、突っ込みどころはあるけれど、ビッグBを自動操縦で原子力発電所に墜落させるという発想は、いかにも東野圭吾らしい。
子どもがビッグBに誤って乗り込んでしまい、その子供を途中で救出する。一見、物語の主軸と関係なさそうに思える、子どもが操縦席で見たものが最後にビッグBを遠隔操縦するヒントになったり、政治が絡む部分にも意味を持たせるなど、伏線をうまく張るのも東野圭吾らしい。
ラストに近いシーンで、「お前は狂っている」と言われた三島幸一(本木雅弘)が、こんな事を言い返す。

本当に狂ってるのは誰なのか、いつかお前たちは知る事になる。

この作品のもっとも肝となるセリフだと思う。
本当に狂っているのは誰なのかを知るような事態にならない事を切に願う限りである。

原作も読んでみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

人類が生まれるための12の偶然

「人類が生まれるための12の偶然」を読んだ。

人類が生まれるための12の偶然 (岩波ジュニア新書 626)
人類が生まれるための12の偶然 (岩波ジュニア新書 626)



切り口は「人類が生まれるための偶然」なのだけれど、文章としては、実際に人類が生まれるまでの経緯の説明で、「それが偶然である」という説明である。
いろいろな偶然が重なって、現在の地球があるのは間違いない。

しかし、私はベクトルの異なる考えを持っている。地球で起こった事は偶然の連続なのかもしれないけれど、その偶然のひとつが無かったとしても、別の偶然があったとしても、その偶然に従って進化したと思う。
もちろん、生物が誕生しなかった可能性もある。
我々が知っている地球で起こった偶然は「一例」でしかないと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Happy New Yaer 2017

 

 

2017年(酉)

Happy New Yaer 2017

 

 

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

欠けた皿を修理

欠けてしまった皿を修理してみた。

欠けてしまった皿

この皿は、安売り店で50円くらいで購入したものなので、修理などしなくてもいいではないかと思うのだけれど、そこはビンボー人 ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

欠けてしまった皿

以前に、ヒビが入ったマグカップを修理した事がある。

マグカップを修理

この時は、ちょっと大きめではあるけれどヒビだったので、エポキシ接着剤で埋める事ができたが、今回のような欠け方の場合も直せるだろうか。

エポキシ接着剤を準備。
本当はエポキシパテなんかを使うといいように思うのだけれど、手元にないので接着剤でトライする事にする。

エポキシ接着剤

欠けた部分にエポキシ接着剤を盛る。
「塗る」のではなく「盛る」。盛っておいて、後で削って成形する目論見だ。

エポキシ接着剤を盛る エポキシ接着剤を盛る

エポキシが硬化したら、サンドペーパーで磨く。
# 写真撮るの忘れた (^^;。

きれいに整形できたようだ。
左が修理前の状態、右が修理後の状態。
指で皿の周囲をなぞってみても、修理した部分がわからないくらいになった。

修理前の状態 修理後の状態

よしよし。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-