蹴りたい背中

「蹴りたい背中」を読んだ。

蹴りたい背中 (河出文庫)
蹴りたい背中 (河出文庫)



高校でありがちな、なかなか友達の輪の中に入れない女の子の物語。
いるよな、こんな感じの子。

物語は、恋愛の話はなく、大きなアクシデントが発生するわけでもなく、ごく淡々と、ありがちな高校生活の中で、複雑な心の中を覗かせながら物語が進行していく。

しかし…私はどうも、最終的に「答えは読者が考えて」的な物語はあまり好きではない。個人的な思いだけれど、ラストは何か答えがあってほしいと思う。

もう一点、文章として気になった事がある。「」で囲まれたセリフの最後に“。”を付けるのは、ちょっと珍しい。
この作品では、セリフは、たとえば「おもしろいの?そんなの見て。」と書かれているが、一般的な書籍では「おもしろいの?そんなの見て」と書かれる。
私も小学校では、“。”を付けるように習った気がするのだけれど、小説などを読むようになって、深く考えずに、セリフの最後に“。”は付けないんだって頭の中が切り替わっていた。
実際のところ、文法的には“。”を付けるのと付けないのは、どちらが正解なんだろう?

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する

「偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する」を読んだ。

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)
偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)



少々の誇張があるようだけれど、書かれている事は的を射ていると思う。
事実、プラスチックや紙などは、プラスチック製容器包装、紙製容器包装として95%以上がリサイクルされているはずなのに、周りにはリサイクルされた製品など見当たらない。
家電製品を廃棄する際に支払うリサイクル費についても言及されていた。
ゴミの分別は、本当に意味があるのだろうか。壮大なムダであるように思えてならない。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

フォルトゥナの瞳

「フォルトゥナの瞳」を読んだ。

フォルトゥナの瞳
フォルトゥナの瞳



特別な能力を持った人間の物語はたくさんあるが、この作品は、特殊な能力を持った人間の心の中の葛藤を描いた作品。
おもしろい視点の作品だと思う。

しかし、若干の消化不良が…。

(1).真理子のくだりは必要か?

「死」とはまったく関係が無く、主人公の男女関係に関する話だけだった。

(2).黒川の死は何だった?

黒川が死んだとき、主人公の死に何らか絡んでくる事を期待したのだが…何もなかった。
ここは絡んでほしかった。

(3).葵はなぜ主人公を助けなかった?

葵は主人公が同じ能力を持っている事を知っていたはずだ。
なぜ打ち明けなかったのか。
そして、なぜ助けなかったのか、いや、「朝に会いたい」と助けようとはした。しかし、もう少し突っ込んだ物語があってもよかったように思う。

若干の消化不良は感じたけれど、よい作品だった。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Nexus 7 のバッテリーを交換

2012年に購入した Nexus 7(2012年モデル)のバッテリーがダメになってしまった。
使っていると、すぐに電池切れになってシャットダウン。充電ケーブルを繋いでも、充電できない状態に。

Nexus 7(2012年モデル)

この Nexus 7 は、現在でも十分使えるだけの性能があるので、買い換えるのはちょっと惜しい。
バッテリーを交換して延命する事にした。

まずは交換用のバッテリーを探す。
Amazon、楽天などを巡って、バッテリーを探す。
バッテリーは当たり外れが大きいので、慎重に選びたい。
いろいろ探して、「純正」が謳われていて(本当に純正か否かは定かではないが…)、クチコミによい方向の書き込みが多い、こちらの商品にした。

純正 ASUS Google Nexus  7 inch Tablet PC バッテリー C11-ME370T バルク品
純正 ASUS Google Nexus 7 inch Tablet PC バッテリー C11-ME370T バルク品

届いた現物はこちら。純正っぽいように見える。

C11-ME370T

このバッテリーへの交換をトライしてみる。

まず、ケースを開ける。
カバーの隙間にドライバーを差し入れ、慎重にこじって開ける。

慎重にこじって開ける 慎重にこじって開ける

バッテリーを取り外す。

バッテリーを取り外す バッテリーを取り外す

新しいバッテリーを取り付ける。

新しいバッテリーを取り付ける 新しいバッテリーを取り付ける

カバーを付け直す前に、この状態でUSB電源を挿し、起動する事を確認する。
起動した。(^^)

起動する事を確認する

元通りにカバーを取り付ける。

元通りにカバーを取り付ける

iPhone に比べると、交換は非常に簡単だった。(^^)

楽天SocialNewsに投稿!
1 0 0

サングラス・ケース

サングラス・ケースを作ってみた。

サングラス・ケース

ずんべ は、常時メガネを使用しているので、メガネにアタッチメントできるサングラスを愛用している。
すべて Aliexpress で購入したもので、送料込 $2 くらい。

サングラス

OUTEYE 2016 Summer New Men Women Polarized Clip On Sunglasses Sun Glasses Driving Night Vision Lens Unisex Anti UVA Anti UVB F1
OUTEYE 2016 Summer New Men Women Polarized Clip On Sunglasses Sun Glasses Driving Night Vision Lens Unisex Anti UVA Anti UVB F1

これらのサングラスを入れるケースを作ってみた。

まず、生地を用意する。用意すると言っても、古着の布。

生地を用意する

布を切る。

布を切る

生地を裏向きにして、裁縫ピンで仮留めする。

生地を裏向きにして、裁縫ピンで仮留めする

がんばって縫う。縫い目の幅が粗いのは、オトコの裁縫なのでご愛嬌。

がんばって縫う

完了!

完了!

裏返して表を出す。

裏返して表を出す

アイロンをかける。

アイロンをかける

完成!

完成! IMG_8516

他のサングラス用に量産してみた。(^^)

他のサングラス用に量産してみた

ミシンが欲しくなってくるなぁ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

SELinuxで小ハマリ

SELinux で小ハマリしたのでメモ。

CentOS 上で稼働している Apache にSSL証明書を取り込もうとしている。

オレオレSSL証明書を作る。
コマンド的には、ざっと、こんな感じ。

# openssl req -new -key server.key -sha256 -out server.csr
# openssl x509 -req -days 365 -sha256 -in server.csr -signkey server.key -out server.crt
# openssl rsa -in server.key -out server-nopw.key

とりあえず、/root/ssl に置いて試してみる。

# mkdir /root/ssl
# cp server.csr server-nopw.key /root/ssl

Apache の設定ファイル(/etc/httpd/conf.d/ssl.conf)に作成したSSL証明書を設定する。

SSLCertificateFile /root/ssl/server.crt
SSLCertificateKeyFile /root/ssl/server-nopw.key

Apache を再起動すると…あれ? 起動しない!

# service httpd restart
Redirecting to /bin/systemctl restart  httpd.service
Job for httpd.service failed because the control process exited with error code. See “systemctl status httpd.service” and “journalctl -xe” for details.

メッセージの通り、コマンドを打ち直してステータスを確認してみる。

# systemctl status httpd.service -l
● httpd.service – The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: failed (Result: exit-code) since 火 2017-08-01 20:26:01 JST; 1min 34s ago
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)
Process: 24056 ExecStop=/bin/kill -WINCH ${MAINPID} (code=exited, status=1/FAILURE)
Process: 22160 ExecReload=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -k graceful (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 24055 ExecStart=/usr/sbin/httpd $OPTIONS -DFOREGROUND (code=exited, status=1/FAILURE)
Main PID: 24055 (code=exited, status=1/FAILURE)8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: Starting The Apache HTTP Server…
8月 01 20:26:01 laravel httpd[24055]: AH00526: Syntax error on line 105 of /etc/httpd/conf.d/ssl.conf:
8月 01 20:26:01 laravel httpd[24055]: SSLCertificateFile: file ‘/root/ssl/server.crt’ does not exist or is empty
8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: httpd.service: main process exited, code=exited, status=1/FAILURE
8月 01 20:26:01 laravel kill[24056]: kill: cannot find process “”
8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: httpd.service: control process exited, code=exited status=1
8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: Failed to start The Apache HTTP Server.
8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: Unit httpd.service entered failed state.
8月 01 20:26:01 laravel systemd[1]: httpd.service failed.

「SSLCertificateFile: file ‘/root/ssl/server.crt’ does not exist or is empty」と表示されている。
「ファイルが存在しない、または、空」って、どういう事?

ファイルを確認する。
存在するる。

# ls -l /root/ssl/server.crt
-r——–. 1 root root 1277  8月  1 20:25 /root/ssl/server.crt

ファイルの内容を確認する。
内容は問題ないように見える。

# cat /root/ssl/server.crt
—–BEGIN CERTIFICATE—–
MIIDgjCCAmoCCQD6g88R6RKqXjANBgkqhkiG9w0BAQsFADCBgjELMAkGA1UEBhMC
SlAxDjAMBgNVBAgMBUFpY2hpMQ8wDQYDVQQHDAZOYWdveWExCzAJBgNVBAoMAlBz

(略)

S6+Q5EMXtIyCSUHFEOp525JFVAEJ/hTYv6ivBu8Cv7hi4057Cfg=
—–END CERTIFICATE—–

SSL証明書を作成する時に何か間違えたか?
SSL証明書を作り直してみる。
同じエラーが発生する。

ファイルのパーミッションか?
rootのみが見えるように変更してみる。
同じエラーが発生する。

# chmod 700 /root/ssl
# chmod 600 /root/ssl/*

ん~? なんだこれ?

あれやこれやと悩んで、はっと気が付いた。もしかして、SELinux か!
SELinux の状態を確認してみる。オンだ。

# getenforce
Enforcing

SELinux を無効化し、Apacheを起動してみる。
起動した!

# setenforce 0
# getenforce
Permissive
# service httpd start
Redirecting to /bin/systemctl start httpd.service

原因はSELinuxだ!
Apache は、SELinux に阻まれて、SSL証明書が読めないのだ。

Apache の設定ファイルのディレクトリを確認してみる。
なるほど、「httpd_config_t」が必要なのか。

# ls -dZ /etc/httpd/conf
drwxr-xr-x. root root system_u:object_r:httpd_config_t:s0 /etc/httpd/conf

SSL証明書が置かれているディレクトリの設定を確認する。

# ls -dZ /root/ssl
drwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:admin_home_t:s0 /root/ssl

SELinux の設定を変更する。

# chcon -R -t httpd_config_t .
# ls -dZ /root/ssl
drwxr-xr-x. root root unconfined_u:object_r:httpd_config_t:s0 /root/ssl

SELinux を有効化し、Apacheを起動してみる。
起動した!

# setenforce 1
# getenforce
Enforcing
# service httpd start
Redirecting to /bin/systemctl start  httpd.service

わかってしまえば何てことないのだが、4時間も悩んでしまった。(^^;

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

大空の決戦―零戦撃墜王青春記

「大空の決戦―零戦撃墜王青春記」を読んだ。

大空の決戦―零戦撃墜王青春記 (光人社NF文庫)
大空の決戦―零戦撃墜王青春記 (光人社NF文庫)



「大空のサムライ」のシリーズはこれまでに何度も読んでいるけれど、この書籍ははじめて読む。
現在の我々は、戦争の中にはいない。受験戦争であろうと、企業間戦争であろうと、所詮と言っては語弊があるかもしれないが、命がかかっているわけではないから、自らの命をかけて戦う戦争とは違うかもしれないが、自身を鍛錬したり、敵を研究する姿勢などは、平和に溺れずに見習わなければならないと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

オマワリの掟

「オマワリの掟」を読んだ。

オマワリの掟 (実業之日本社文庫)
オマワリの掟 (実業之日本社文庫)



むむむ、複数の物語が同時進行していて、話がポンポン飛ぶので、ついていくのが大変だ。
しかし、最終的に複数の物語は…ラストでまったく繋がらない。
それぞれの物語のラストも、特段の捻りもない感じ。
この作品は、ちょっと消化不良感が残った。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

自家製堆肥

ベランダで堆肥を作ってみた。

自家製堆肥

ずんべ は堆肥ボックスなどは持っておらず、かつ、堆肥の作成中も無駄なくベランダが使えるように、以下の様なステップで堆肥を作っている。

まず、生ゴミを溜める。
大きめの鉢に、生ゴミを溜めていく。

生ごみを溜める

適当なタイミングで米ぬかを混ぜ、薄く土をかぶせる。これを繰り返す。
つまり、「生ゴミ+米ぬか」「土」を積層的に積み上げていく。

ただし、自宅はマンションなので、この段階は「臭い」「コバエ」に、とても神経を使う。
「臭い」については、きちんと蓋がされていれば、ほぼ問題ないが、「コバエ」の発生は少々閉口する。殺虫剤を吹き込むなど、こまめに退治するしかない。

ちなみに「米ぬか」は無料で手に入る。
いわゆるコイン精米所にいくと、たいてい横にボックスがあって、精米した時にできる「米ぬか」が、そのボックスに出される。
たいていのコイン精米所では、ボックスに出された「米ぬか」は「ご自由にお持ちください」となっているので、これをありがたく頂いて帰るのである。

コイン精米所

ちなみに ずんべ は、この「米ぬか」を、堆肥作成用としてだけではなく、肥料としても使っている。
タダで活用できるものは、なんでも活用させて頂きます!

いっぱいになったところで、厚めに土を被せる。

集めに土を被せる

普通なら、このまま放置して熟成させるところだけれど、狭いベランダを有効活用するため、この鉢も活用する。
この鉢に種をまき、野菜を育てる。
つまり、生ゴミの上で野菜を育てるのである。(^^;

植物を育てる

数ヶ月、野菜を育てて収穫し、土を取り出すと、堆肥が完成している。

堆肥が完成

空いた鉢は、再び生ごみを溜めるステップに戻る。
我が家には鉢が3個あり、順繰りに使って、堆肥の作成サイクルを行っている。

堆肥作成サイクル

食事を作る時に出る生ごみは、そのほぼすべてを堆肥作成に回しており、我が家から生ごみはほとんど出ない。
前述の通り、「臭い」と「コバエ」には少し気を使うけれど、生ゴミは永久リサイクルでき、肥料を購入する費用も抑えられる。
いい感じで生ごみリサイクルを実施中♪

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

超・殺人事件―推理作家の苦悩

「超・殺人事件―推理作家の苦悩」を読んだ。

超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)



しょうもない殺人事件集。
あるある集なのだろうか。
なかなか笑える。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-