中国製WEBカメラで小ハマリ

このエピソードの続き。

中国製WEBカメラで小ハマリ

再び中国製のWEBカメラを購入した。

中国製WEBカメラ

価格は $3.07。先に購入した中国製WEBカメラよりは少し高いが、それでも 314円くらいだ。安い。

YOC USB Clip 50.0 Mega Pixel Webcam Web Cam Camera with MIC Blue White for PC Laptop
YOC USB Clip 50.0 Mega Pixel Webcam Web Cam Camera with MIC Blue White for PC Laptop

しかし、やはり、中国製品といえば、品質だ。きちんとした製品である事を願うのだが…。

まずは撮影してみる。

テスト撮影 テスト撮影

うん、撮影は問題なさそうだ。
しかし、ピント合わせをするために、レンズ部分を回している時に、少し違和感が。何の違和感だろう。
むむ、よく見ると、レンズが歪んでいる。

レンズが歪んでいる

あきらかに歪んでいる。
このパーツは、単にレンズ部分を回すだけのもので、おそらく、実際にレンズが付いているわけではないだろうから、撮影そのものに大きな問題はないとは思うが、ちょっと気になる。

さて、どうするか。

【選択肢1】
ショップにクレームを入れて代替品を送ってもらうか。
しかし、中国通販サイト(Aliexpress)のショップは、どのショップでも常にそうなのだが、クレームを入れても、何だかんだと言ってなかなか代替品は送ろうとしない。
何度も何度もやりとりをしないといけないので、ひじょうにメンドクサイ。
【選択肢2】
捨ててしまうか。
数百円の商品と言えど、それは悔しい。
【選択肢3】
ダメ元で修理をトライしてみるか。

前回と同じ選択肢だ。
ここはやはり、選択肢3で行く事にする。

とりあえず、分解してみる。

分解してみる

やはり、回す部品は、やはり単に回すだけのものだった。
つまり、工場で組み立てをする時に組み付けがいい加減と言う事だろう。

ところで、カメラの先端部分にテープが見える。

テープが見える

これは、先のカメラの問題と同様、滑ってピント合わせができない問題が発生したのだろうな。
やはり本来は、溝を切るなりして滑らない様にする必要があるのだろうけれど、既に生産してしまった部品に手で溝を切るわけにもいかないだろうから、応急処置的に両面テープで対処したのだろう。
元々のテープは乾燥してしまっていて粘着力がなくなっているので、貼り直す。

テープを貼り直す

レンズ部分をまっすぐにして組み付け直す。

組み付け直す

修理完了。

修理完了

中国製品はいろいろメンドイのう…。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=8815〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-