ESXi監視で大ハマリ (12) – コマンドで監視(F)

このエピソードの続き。

ESXiをUSBメモリからブート
ESXi監視で大ハマリ (1) - RAIDを構築
ESXi監視で大ハマリ (2) - 警告ランプで監視
ESXi監視で大ハマリ (3) - コマンドで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (4) - コマンドで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (5) - DELLツールで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (6) - DELLツールで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (7) - あとがき(A)
ESXi監視で大ハマリ (8) - あとがき(B)
ESXi監視で大ハマリ (9) - コマンドで監視(C)
ESXi監視で大ハマリ (10) - コマンドで監視(D)
ESXi監視で大ハマリ (11) - コマンドで監視(E)

もうひとつアイデアを出しておこうと思う。
ESXi へは、https でもアクセスできる。
以下のページにアクセスして、IDとパスワードを入力すると…

https://(ESXi)/

以下のようなページが表示される。

ESXi WELCOMEページ

WELCOMEページが表示がされるという事は、おそらくHTMLファイルが存在しているであろうとアタリを付け、ESXiのディスクを探索してみる。

# find / -type f -name "*.html"
/usr/lib/vmware/hostd/docroot/index.html

あった。「/usr/lib/vmware/hostd/docroot/」の配下だ。
ここにファイルを置けば、https経由で情報を取れるのではないか。

# cd /usr/lib/vmware/hostd/docroot
# mkdir disk
# esxcli storage core device smart get -d ***** > disk/ata-status.txt

監視サーバからアクセスしてみる。

$ wget -q --no-check-certificate --http-user=root --http-password=***** https://(ESXi)/disk/ata-status.txt
$ cat ata-status.txt
Parameter                     Value  Threshold  Worst
----------------------------  -----  ---------  -----
Health Status                 OK     N/A        N/A
Media Wearout Indicator       N/A    N/A        N/A
Write Error Count             N/A    N/A        N/A
Read Error Count              80     44         63
Power-on Hours                63     0          63
Power Cycle Count             100    20         100
Reallocated Sector Count      100    36         100
Raw Read Error Rate           80     44         63
Drive Temperature             39     0          44
Driver Rated Max Temperature  61     45         56
Write Sectors TOT Count       200    0          200
Read Sectors TOT Count        N/A    N/A        N/A
Initial Bad Block Count       100    99         100

取れた!
WEB経由でも取得する事ができた。

ちなみに、以下のページアクセスすると…

https://(ESXi)/host

以下のようなページが表示され、ログや設定情報を参照する事ができる。

ESXi 情報ページ

この情報ページに組み込むこともできるようだ。
このページに表示されている情報は、以下のファイルにに定義されている。

/etc/vmware/hostd/webAccessibleConfigFiles.xml

このファイルに定義を追加する。

<configFileInfo>
  <uriReference>/host/disk-status-raid</uriReference>
  <path>/*****/disk-status-raid.txt</path>
  <displayName>Disk Status (RAID DISK)</displayName>
  <mimeType>text/plain</mimeType>
  <method>GET</method>
  <method>HEAD</method>
  <method>PUT</method>
</configFileInfo>

<configFileInfo>
  <uriReference>/host/disk-status-ata</uriReference>
  <path>/*****/disk-status-ata.txt</path>
  <displayName>Disk Status (ATA DISK)</displayName>
  <mimeType>text/plain</mimeType>
  <method>GET</method>
  <method>HEAD</method>
  <method>PUT</method>
</configFileInfo>

サーバを再起動する。

# /etc/init.d/hostd restart

情報ページにアクセスする。

https://(ESXi)/host

定義した「Disk Status (RAID DISK)」と「Disk Status (ATA DISK)」が表示されている。
クリックすると、内容も表示される。

ESXi 情報ページ

これにより、https経由でESXiから情報をダウンロードする事ができる。


更に、CGIも探してみる。
あった。CGIは「/usr/lib/vmware/hostd/cgi-bin/」の配下だ。

# find / -type f -name "*.cgi"
/usr/lib/vmware/hostd/cgi-bin/esxcli.cgi
/usr/lib/vmware/hostd/cgi-bin/esxcfg-info.cgi
/usr/lib/vmware/hostd/cgi-bin/vm-support.cgi

今回は試していないが、CGIでスクリプトを実行し、動的に状態を生成する事も可能だろう。
もしかしたら、ESXi側から他のサーバに情報をWEB経由でプッシュする事も可能かもしれない。
機会があったら試してみようと思う。

一連記事:

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=8760〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-