ESXi監視で大ハマリ (11) – コマンドで監視(E)

このエピソードの続き。

ESXiをUSBメモリからブート
ESXi監視で大ハマリ (1) - RAIDを構築
ESXi監視で大ハマリ (2) - 警告ランプで監視
ESXi監視で大ハマリ (3) - コマンドで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (4) - コマンドで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (5) - DELLツールで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (6) - DELLツールで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (7) - あとがき(A)
ESXi監視で大ハマリ (8) - あとがき(B)
ESXi監視で大ハマリ (9) - コマンドで監視(C)
ESXi監視で大ハマリ (10) - コマンドで監視(D)

ESXi側で能動的に監視をしようとすると、どうしてもESXi上で cron などを用いて定期実行をかける必要がある。
少し発想を変えて、ESXiを「監視情報を提供する」サーバとし、監視サーバを「監視情報を取得する」クライアントとして構成したらどうだろうか。

sshコマンドには、接続先のコンピュータ上のプログラムを実行する機能がある。
sshのヘルプを参照してみる。

$ ssh --help
usage: ssh [-1246AaCfgKkMNnqsTtVvXxYy] [-b bind_address] [-c cipher_spec]
     [-D [bind_address:]port] [-e escape_char] [-F configfile]
     [-I pkcs11] [-i identity_file]
     [-L [bind_address:]port:host:hostport]
     [-l login_name] [-m mac_spec] [-O ctl_cmd] [-o option] [-p port]
     [-R [bind_address:]port:host:hostport] [-S ctl_path]
     [-W host:port] [-w local_tun[:remote_tun]]
     [user@]hostname [command]

最後に [command] とある。 実験してみよう。

$ ssh zunbe@(server) /bin/date
zunbe@(server)'s password:
2016年  6月 21日 火曜日 20:07:38 JST

サーバ側のプログラムが実行され、その実行結果を取得する事ができた。

esxcliコマンドとMegaCliコマンドを実行するスクリプトを準備し、ESXi側に置く。

#!/bin/sh
echo "===== " `hostname' " ====="
echo "----- RAID -----"
MegaCli -PDList -aALL
echo "----- ATA -----"
esxcli storage core device smart get -d *****

監視サーバ側からESXiに接続し、先のスクリプトを実行する。

$ ssh zunbe@(server) disk.sh
Password:

取れた!

=====  (server)  =====
----- RAID -----
Adapter #0Enclosure Device ID: N/A
Slot Number: 0
Drive's postion: DiskGroup: 0, Span: 0, Arm: 0
Enclosure position: N/A
Device Id: 0
WWN:
Sequence Number: 2
Media Error Count: 0
Other Error Count: 36
Predictive Failure Count: 0
Last Predictive Failure Event Seq Number: 0
PD Type: SATA:

  :
----- ATA -----
Parameter                     Value  Threshold  Worst
----------------------------  -----  ---------  -----
Health Status                 OK     N/A        N/A
Media Wearout Indicator       N/A    N/A        N/A
Write Error Count             N/A    N/A        N/A
Read Error Count              80     44         63
Power-on Hours                63     0          63
Power Cycle Count             100    20         100
Reallocated Sector Count      100    36         100
Raw Read Error Rate           80     44         63
Drive Temperature             40     0          44
Driver Rated Max Temperature  60     45         56
Write Sectors TOT Count       200    0          200
Read Sectors TOT Count        N/A    N/A        N/A
Initial Bad Block Count       100    99         100

自動実行させる場合は、ESXi側から監視サーバに転送した時と同様、ssh-keygen で鍵セットを作り、ESXi(サーバ)、監視サーバ(クライアント)にセットして実行するようにすればよい。

取得したファイルを解析して、改めてアラート・メールを発信するプログラムを準備する必要がある事は、ESXi 側から転送する場合と同じであるが、この方法なら、ESXi上での設定は最小限で、ESXi 上でのファイル生成と、ファイル取得の際のアクセスがコンフリクトする事もない。
いい感じだ。
これで行こう。

一連記事:

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=8755〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-