ESXi監視で大ハマリ (9) – コマンドで監視(C)

このエピソードの続き。

ESXiをUSBメモリからブート
ESXi監視で大ハマリ (1) - RAIDを構築
ESXi監視で大ハマリ (2) - 警告ランプで監視
ESXi監視で大ハマリ (3) - コマンドで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (4) - コマンドで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (5) - DELLツールで監視(A)
ESXi監視で大ハマリ (6) - DELLツールで監視(B)
ESXi監視で大ハマリ (7) - あとがき(A)
ESXi監視で大ハマリ (8) - あとがき(B)

ずいぶん間が空いてしまったけれど(以前に記事を書いたのは2014年6月)、いろいろ試行錯誤して構築した監視機構は、あまろ使い勝手がよくないし、仰々しい構成にしている割に得られる情報が少ないので、根本的に考え直してみる事にした。

もともと、やりたかった事は「ESXiに接続されているディスクのエラー監視」である。
RAIDのディスクも、通常のディスクも、ESXi上で監視する事そのものは「ESXi監視で大ハマリ (4) – コマンドで監視(B)」でできている。
何が問題かと言うと、ESXi上で得た監視データを管理者に通知する事、すなわち、ESXi上からメールを発信する事が簡単ではないという点である。
結局、メールで発信する事が困難であったため、DELLツールを導入し、結果、仰々しい監視システムになってしまった。

そして、仰々しい監視システムの割に、得られる情報はひじょうに乏しい。
たとえば、OpenManage Essentials から飛んでくるアラート・メールは、以下の様な文面である。

発生日時  :2016/05/10 05:38:04
サーバ   :********.**.**.**
IPアドレス :192.168.***.***
サービスタグ:*******
重大度   :Warning
内容    :Warning Status Alert. Device: ********.**.**.**

ちなみに、このアラート・メールは、筐体の蓋を開けた時に飛んできたものであるが、この内容だけでは、どんなエラーが起こっているのか、まったくわからない。
もちろん、「何らかの障害が発生した事がわかる」事が重要で、詳細状況は、改めて OpenManage Server Administrator にアクセスして調べればよいとは言える。
しかし、やはり、仰々しい監視システムの割に得られる情報が少ないのは否めないので、もう少しシンプルにしたい。

今回は、ESXi上で取得した監視情報をメール以外の方法で、監視サーバに転送する仕組みを考えてみたい。

一連記事:

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=8753〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-