中国製WEBカメラで小ハマリ

中国製のWEBカメラを購入した。

中国製WEBカメラ

価格は $2.61。現在のレートだと 280円くらいだろうか。安い。

New 0.3 Mega Pixel USB Webcam Web Camera for Laptop PC Computer
New 0.3 Mega Pixel USB Webcam Web Camera for Laptop PC Computer

しかし、中国製といえば、気になるのは品質だ。

さっそく撮影してみる。
キーボード(距離 約15cm、約30cm)。

キーボード(ピンボケ) キーボード(ピンボケ)

本棚(距離 約2m)。

本棚(ピンボケ)

がっくり…。
完全にピンボケだ。
WEBカメラと言うと、その用途から考えて、普通は50cm~1mくらいの距離で、そこそこピントが合った状態で出荷されていそうなものなのだが、大幅にピントがズレているように見える。

しかし、このWEBカメラはオート・フォーカスではなく、マニュアル・フォーカス。
レンズ部分を回すとピント合わせができるので、回してみる。

フォーカス

が…まったく変化しない。
ピントのズレ具合が変わらないのではない。まったく変化しない。
なんだこれは?
中国製の製品の品質に期待しているわけではないけれど、こうもハズレが多いとイヤになる。

さて、どうするか。

【選択肢1】
ショップにクレームを入れて代替品を送ってもらうか。
しかし、中国通販サイト(Aliexpress)のショップは、どのショップでも常にそうなのだが、クレームを入れても、何だかんだと言ってなかなか代替品は送ろうとしない。
何度も何度もやりとりをしないといけないので、ひじょうにメンドクサイ。
【選択肢2】
捨ててしまうか。
数百円の商品と言えど、それは悔しい。
【選択肢3】
ダメ元で修理をトライしてみるか。

ここはやはり、ビンボー人ずんべ、直せるかどうか自信はないが、おそらく中はワンパッケージの基板が入っている簡単な構造で、ピンボケの原因はごく単純なことだろうと考え、選択肢3で行く事にする。もしダメでも選択肢2になるだけだ。

とりあえず、分解してカメラ本体を取り出してみる。思った通りワンパッケージになっている。

カメラ本体

先端の8角の部分を手で回してみると、普通に回る。
ピント調整はできるように見える。

先端の8角の部分と、カバーが噛みあっていなくて、滑っているのだろうか。

カバー側

この大きな8角で、滑るなんて考えられないのだが…。
組み付けて回してみるが、きちんと回るように見える。
どういうことだ?

組み付けた状態に戻して回してみる。
回しながらよく見ると、8角の部分は回っているが、基板と繋がっているネジ部分が回っていない様に見える。

ネジ部分が回っていない?

う~ん、空回りしているぞ。
どういうことだ?

再びカメラ本体を取り外して、先端部分をマジマジと見てみる。
あれ? この8角の部分、別パーツじゃないか?
つまんで引っ張ってみると… あ! 外れた!

8角の部分は別パーツ

先端部分(8角の部分)が別パーツなのだが、円形の部分には引っ掛かりも何もなく、ここが空回りしていたのだ。
これはちょっと設計がショボいでしょ。
ここが滑ったら、当然ピント合わせはできないわけで、接着するなり、溝を掘って滑らないようにするなり、組み付けの時に滑らない状態にまで押し込むなり、何らかの設計上または製造上の対処が必要でしょ。

で、どうするか。
精密部品であるので、接着剤を使ったり、溝を掘るなどの変形させるような事はしたくない。
最後の「滑らない状態にまで押し込む」で行く事にする。

滑らない状態にまで押し込む

強めにぐっと押し込んでみる。
回しても滑らないようになった。
これでいい事にしよう。

元通りに組み付ける。

元通りに組み付ける 元通りに組み付ける

再び撮影してみる。今度はピントの調整ができた。
キーボード(距離 約15cm、約30cm)。

キーボード キーボード

本棚(距離 約2m)。

棚

ちゃんとピントを合わせる事ができた。
とりあえず、これでヨシ。
しかし、中国製の製品は、いろいろメンドクサイのう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=8600〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 中国製WEBカメラで小ハマリ...
    このエピソードの続き。 中国製WEBカメラで小ハマリ 再び中国製のWEBカメラを購入した。 価格は $3.07。先に購入した中国製WEBカメラよりは少し高いが、それでも 314円くらいだ。安い。 しかし、やはり、中国製品といえば、品質だ。きちんとした製品である事を願うのだが…。 まずは撮影してみる。 うん、撮影は問題なさそうだ。 しかし、ピント合わせをするために、レンズ部分を回している時に、少し違和感が。何の違和感だろう。 むむ、よく見ると、レンズが歪んでいる。 あきらかに歪んでいる。 このパーツは...

    2016/06/27 12:30

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-