Aliexpressで大ハマリ

中国のショッピングサイト Aliexpress で商品を購入して大ハマリしたのでメモ。

手元にある Raspberry pi や、Android スティックに使用するマイクロSDカードが必要になったので、Amazonや楽天などで適当な商品を探していた。
Aliexpressと言うと、以前に「512GB SDカード」を購入して小ハマリした事があるが、正直言って、中国サイト+中国ショップ+中国製品というのは信用できない。
そもそも、8GBのSDカードは、Amazonで購入しても数百円で購入できるので、中国製品との差額は数百円程度、無理をして中国製品を買う必要があるのか、という話はあるのだけれど、社会勉強(!)も兼ねて購入してみた。

これだ。

8GB マイクロSDカード

価格は $2.46、日本円で300円くらいだ。送料込み。

カートに入れて購入し、商品の到着を待つ。
一週間ほどで商品が届いた。さっそく、PCに接続してみる。

PCに接続してみる

容量0バイト...。
期待を裏切らない中国製品。

気を取り直して、フォーマットをトライしてみる。

フォーマットをトライしてみる フォーマットをトライしてみる

フォーマットできない。ダメだ。
念のため、Windows標準ではなく、他のフォーマッターも試してみたが、同様にフォーマットできない。
明らかに不良品だ。
期待を裏切らない中国製品。

ショップに連絡すると、以下の連絡が来た。

you can send the test video?
(テストを行った動画を送ってもらえますか?)

まぁ、もっともだ。
動画を作成する。

YouTubeにアップして、ショップにURLを連絡する。
ショップの回答は…。

friend i can't open video
(動画を開く事ができない)

仕方がないので、このブログのサーバに動画ファイルをアップロードして、ショップにそのURLを連絡する。
ショップの回答は…。

Dear, I can't open the link.
(リンクを開く事ができない)

なるほど、そうか、相手は中国か。アクセスできるURLがかなり制限されるのだな。
しかし、「テストを行った動画が欲しい」と言ったのはお前だろ。動画を受け取る方法くらい用意してから言ってこい!
「can"t  open」ではなくて、どうやったら動画を見られるのかを連絡してこい!

どうやったら動画を見る事ができるのだ、と強く言うと、この回答が返ってきた。

send my email
(メールで送ってください)

サイズ110MBのファイルをメールで送れってか。正気とは思えない。
一応試してみるが、当然、110MBの添付ファイルを付けたメールなど、送信エラーで落ちる。
なんとかならないかと調べてみると、Yahooメールが25MBまで添付できるらしい。
仕方がないのでファイルを分割し、結合するスクリプトも付けてYahooメールから送信。
やっとショップが動画確認する事ができた。

これで代替商品を送ってくると思ったら、今度は、ショップはこんな事を言ってきた。

Now you need to confirm the goods, and give me a five-star evaluation, then I'll give you a tracking number.Tracking the goods.
(商品受け取りの確認が必要です。更に、評価に★5を付ける必要があります)
received your evaluation after I'll give you a tracking number
(評価に★5を付けたら代替商品を発送します)

ふざけんな! さっさと代替商品を送ってこい。
どうして代替商品を発送するのに交換条件を付けられなきゃいかんのだ!
無条件で送ってこんかい!
しかし、ショップの回答はこうだ。

but we need
(我々は評価に★5を必要としています)

ふざけんな! お前が必要としているか否かが★の数であるわけがないだろう!

こんなやりとりを何度も何度もしたのだが、ショップは一向に代替商品を発送しようとしない。

埒が明かない。
あまりにも腹が立ったので、ずんべは伝家の宝刀を抜いた。
ショップ対して以下の通告をする。

I want to migrate to the "Open Dispute". OK?
(“オープン紛争モード”に移行するが、それでいいか?)

ショップはこんな事を言ってくる。

But if I send the goods, will you give me a five-star evaluation?
(発送したら評価に★5を付けてくれるのか?)

ふざけんな!ずんべはこう返した。

Can not be forced to "five-star".
(評価に★5を付けるという強制は受けない)
I want to migrate to the "Open Dispute". OK?
(“オープン紛争モード”に移行するが、それでいいか?)

「Open Dispute(オープン紛争モード)」を突き付けて、やっと送ると言ってきた。

i will send
(発送します)

めんどくせー。
どうして不良品の代替商品を受けるのに、こんなに手間がかかるんだ。
グダグダ言わずに、さっさと送ってこい。

これによって、中国サイトの商品やショップについている評価である★の数はまったく意味がないものである事が、今回はっきりわかった。

ところで、ショップは、発送に際して、以下の確認を求めてきた。

I will send again.But the tracking information in Japan will not have a tracking information.But there will be tracking information in China, do you agree?
(発送します。しかし、日本での追跡はできません。中国での追跡はできます。承諾しますか?)

まずは出荷した事が確認できればよいので、これは了承した。
しかし...
待てど暮せど、ショップはトラッキングナンバーを送ってこない。
しびれを切らして、トラッキングナンバーを要求すると、以下のように言ってきた。

HN0********AE This is tracking number

ふざけんな!このトラッキングナンバーは不良品が送られてきた時のトラッキングナンバーだろ!
代替商品のトラッキングナンバーを出さんかい!
何度も強く要求したが、トラッキングナンバーは出てこない。
どう考えても、ショップは日本国内でも中国国内でもトラッキングできない方法で発送したとしか考えられない。
トラッキングできない方法で発送している以上、トラッキングナンバーは出てこないので、諦めて待つことにした。

ところが数日後、こんな事を言ってきた。

tracking number:44545064129

どう見ても、トラッキングナンバーとは思えない。
いくつかのサイトで追跡をしてみるが、案の定、このトラッキングコードではヒットしない。

http://global.cainiao.com/

http://www.ems.com.cn/

http://cx.11185.cn/

これはどこで追跡するのかとURLを要求すると、以下の回答が返ってきた。

http://www2.customs.gov.cn/tabid/37483/Default.aspx

どう見ても違う。絶対に違う。
このページにも、トラッキングナンバーの形式がこのように書かれている。ショップが提示してきたトラッキングナンバーと明らかに形式が違う。検索できるわけがない。

2、邮件号遵循以下规则:共13位,首末2位为字母,中间9位为数字。例如:“XX123456789XX”

念のため検索はしてみたが、もちろんヒットしない。
それに、何だこのドメイン名は。まともに運用されているドメインとは思えない。

あー、もー、くそー、めんどくせー。
以前のトラッキングコードを言って騙そうとするな!
意味のないトラッキングコードなんか出すな!
検索できないURLなんか出して騙そうとするな!
「約束通りではなく、中国でも追跡できない方法で発送しました」って最初から正直言え!
小学生じゃあるまいし、バレバレな嘘ばっかりつきやがって。
くそ、腹が立つ!

要するに、このショップの管理者は、「トラッキングナンバーを提示する」事の意味がわかっていないのだ。
トラッキングナンバーを提示する事によって、ショップは発送した事を証明できる。
できるだけ安い発送方法で送ろうという考えは分らないでもないが、評価に★5を付けない購入者に対して、トラッキングできない発送方法を使い、その問い合わせに対して嘘を言って逃げようなどという行動では、購入者の信頼を落とすだけだ。★の数、すなわち評価はどんどん下がっていく。

辛抱強く15日待って、やっと代替商品が到着した。PCに接続すると、無事、8GBと認識。
書き込みもOK、書き込み後のコンペアもOK。
と、いう事で、300円の商品を手に入れるのに1ヶ月かかった。
素直にAmazonで信頼ある商品を買えばいいのではないか、とは思うのだけどね。

ちなみに、付けた評価は、もちろん★1だ。

★1

商品の初期不良というのは、よくある事。特に中国製品の歩留まりは悪いのだろう。致し方ない。
しかし、発送した商品が不良品であると判明した場合、すみやかに代替商品を発送してこれば、評価は★5になる。きちんとした対応がなされれば問題はない。
今回のようなショップの対応の場合は、評価に★1だって付けたくない。マイナス評価だ。

また、購入者側にも問題がある。
「評価に★5を付ければ代替商品を発送する」という要求を受けた購入者は、言われるがまま評価に★5を付けてはならない。
そもそも「★」すなわち「評価」が何を意味するものであるかを考えるべきだ。
「★」すなわち「評価」とは、その商品を購入した人の、ショップや商品に対する評価である。「強制された評価である★5」が並んでいるという事は、すなわち「評価されていない」のであるから、その★の数は何の意味も持たない。
Amazonなどでも、信頼性の低い商品に対して、業者自身が高評価のコメントを書き込んで、あたかも信頼性のある商品であるかの如く偽装するという事が話題になっているが、それと同じである。偽装された評価には意味がない
そして、評価の偽装に購入者自身が加担する事は、回り回って購入者自身の不利益を招く。評価は正しく行うべきだ。

あと、信頼性の低いパーツはマークをしておく。

信頼性の低いパーツはマークをしておく

これで、しばらく使ってみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=7832〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-