rdesktopで小ハマリ

このエピソードの続き。

Raspberry pi をシンクライアント端末に
Raspberry pi の OS を pidora に変更
シンクライアントを最新 Raspbian の最小構成で

シンクライアントから接続する裏の Windows は 7 だったのだけれど、Windows 10 に変更する事にした。

Raspberry pi Type B

裏の Windows 10 を準備し、rdesktop の接続先を変更、ログイン!
が、接続できず、X-Window が落ちてしまう。
なんだ?

.xinitrc をリネームして外し、X を起動する。
ターミナルが起動するので、コマンドラインで rdsktop を実行してみる。

$ rdesktop -f -z -k ja 192.168.XXX.XXX -u ***** -p *****
ERROR: CredSSP: Initialize failed, do you have correct kerberos tgt initialized ?
Failed to connect, CredSSP required by server.

何やらエラーが出ている。
調べてみると、 どうやら rdesktop は開発が止まっていて、Windows 10 には対応していないようだ。
更に調べてみると、rdesktop から派生したソフトウェアで、freeRDP というソフトウェアがあるらしい。

試してみる。
freeRDPをインストール。

# apt-get install freerdp-x11

.xinitrcを変更。

$ vi ~/.xinitrc
#!/bin/sh
xfreerdp /u:***** /p:***** /v:192.168.XXX.XXX

ちなみに、指定しているオプションは以下の通り。

/u:アカウント
/p:パスワード
/v:接続先マシン

ついでに、.bashrc の起動スクリプトも、コンソールでログインした時だけ起動するように修正。
いや、実は、X-Window を起動した時に、Xが起動 → xterm が開く → startx → Xが起動 → xterm が開く → startx → Xが起動 → … と無限ループ起動になってしまったのだ…。(超大汗)

$ vi ~/.bashrc
if [ $TERM = 'linux' ]; then
  startx
fi

ログインし直してみる。
Windows 10 に接続できた。

Windows 10

キーボード・レイアウトも漢字変換も問題なし。

キーボード・レイアウト & 漢字変換

よしよし。
これまで使っていた裏の Windows 7 は、もういらないので削除。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=7722〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-