生命はなぜ生まれたのか―地球生物の起源の謎に迫る

「生命はなぜ生まれたのか―地球生物の起源の謎に迫る」を読んだ。

[amazon isize="large"]4344981987[/amazon]



タイトルからすると、もう少し哲学的な内容かと思ったのだけれど、哲学的な内容はほとんどなかった。
タイトルは「生命はどのようにして生まれたのか」の方が適切な気がする。
文章は、努めて柔らかく書かれてはいるが、俗語が散りばめられているのみで、内容がかみ砕かれているわけではない。
ひじょうに難解だった。
もっと勉強してから読まないと、まったくついていけない。

0 0 0

広告

[amazon size="large"]4344979540[/amazon][amazon size="large"]406257697X[/amazon][amazon size="large"]4405108013[/amazon][amazon size="large"]4837982964[/amazon]
[amazon size="large"]416374200X[/amazon][amazon size="large"]4087206947[/amazon][amazon size="large"]4769915640[/amazon][amazon size="large"]4769915659[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=7492〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-