電子ピアノを買ってみた

ずんべ は、小学校でも、中学校でも、音楽はからっきしで、縦笛も、ハーモニカも、ギターも、どれもまともに演奏できなかった。
まぁ、まともに演奏できなかったと言うか、演奏に対して興味が涌かなかったので、身が入らず、結果として、まともに演奏できない、という事なのだが。

ちなみに、楽譜もまともに読めない。
楽譜をパッと見て音階が読み取れるのは、一番下の「ド」だけだ。

ド

なんとか音符も、なんとか休符も、まったく理解できていない。
そもそも、ト音記号が何を意味するのかもわからない。

なのだけれど、何をトチ狂ったのか、音楽をやってみようと思い立った。
もちろん、別にプロの演奏家になろうという気は毛頭なく、「ちょっと演奏してみたい」というだけのレベル。

さて、どんな楽器をやるかで、まず悩んだ。
候補としてはこんな感じ。

(1).サックス
(2).ギター
(3).ピアノ

実は、一番やってみたかったのは(1)のサックスなのだけれど、マンションでは音は出せない。
よく河原で練習すると聞くけれど、いちいち移動しなければいけないし、何より、最初のどヘタクソな間に人に聞かれるのもイヤだ。(^^;

河原で練習
スウィングガールズ

(2)のギターも音の問題があるし、単純に「ドレミファソラシド…」と音階が素直に並んでいないというだけでへこたれそうで、根性なしの ずんべ はギターはパス。(^^;

ドレミファソラシド

(3)のピアノも音の問題はあるけれど、リアルなピアノではなく、キーボードや電子ピアノなら音を消す事ができる。演奏を録音する機能や、メトロノームも標準で付いているものが多いようなので、楽器以外の備品の購入も少なくて済みそうだ。
そして、何より調律が不要というのも嬉しい。キーボードや電子ピアノなら調律は必要ないので、ランニングコストも安く済む。
と、いう事で、キーボード Or 電子ピアノに決定。

で…実はずんべは、「キーボード」「電子ピアノ」「電子オルガン」などは、呼び名が違うだけで同じものだと思っていたのだけれど…これらは全部違うものなのね。
「キーボード」は「音が鳴るもの」で、「電子ピアノ」は「限りなくピアノに近づけたもの」という違いらしい。
もちろん、価格はキーボードの方が安い。キーボードは数千円台から、電子ピアノは5万円台くらいから。
ビンボー人ずんべとしては、価格の安いキーボードを選択したかったのだけれど、WEBの情報や楽器屋さんの話を聞いてみると、最終的に「抑揚を表現できる方が楽しい」という事なので、楽器屋さんの意見を重視して、電子ピアノを購入する事にした。

で、何を買うかなのだけれど…上を見たら価格は天井知らず。続くかどうかわからないものにン十万もかけられない。
いろいろ調べて、ランクとしては一番下に近いけど、クチコミの評価が高い、CASIO PX-A100 を購入する事にした。

と、いう事で、どん。
けっこうデカいな…。

CASIO PX-A100BE

そんなわけで、WEBで初心者向けの楽譜を探し、弾いてみた…もとい、音を出してみた。

まずは「きよしこの夜」

もうひとつ「オーラ・リー」

先は限りなく長そうだ…。
がんばります。

2015/06/02追加
「聖者が町にやってくる」

やっぱり先は長そうだ…。
がんばります。

0 0 0

広告

[amazon size="large"]B0096NJ2YC[/amazon][amazon size="large"]B008RQAT32[/amazon][amazon size="large"]B00WT3B2XU[/amazon][amazon size="large"]B008RQAT7S[/amazon]
[amazon size="large"]B005FI7ZU0[/amazon][amazon size="large"]B003KZ7JYC[/amazon][amazon size="large"]B00541P49C[/amazon][amazon size="large"]B003KZBFIS[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=6575〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-