刑務官

「刑務官」を読んだ。

[amazon isize="large"]4101037213[/amazon]



小説ではなくドキュメンタリーだった。
刑務所で実際起こっている事が自身の体験を元に書き記されている。
文章としては、話があっちこっちに飛ぶ感があってまとまらず、そのせいか、ところどころに織り込まれている著者自身の刑務所行政に関する思いや考えがあまり響いてこない。
読み手側が積極的に「刑務所について考える」姿勢で読まないと、著者の言わんとする事が伝わってこない感じがする。
しかし、刑務所というものが我々一般人には縁遠いものであるが故、刑務所行政は閉ざされたままであり、それは様々な問題の元凶であろうと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

[amazon]4167679876[/amazon][amazon]4167773066[/amazon][amazon]4576100017[/amazon][amazon]4480065334[/amazon]
[amazon]4537251018[/amazon][amazon]4537250518[/amazon][amazon]456970106X[/amazon][amazon]4537256516[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=6075〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-