模倣の殺意

「模倣の殺意」を読んだ。

模倣の殺意 (創元推理文庫)
模倣の殺意 (創元推理文庫)



物語が進行する中、なかなか田中秋子と津久見伸助が絡んでこないので、どうも様子が変だな~と読み進めたら…なるほどね、時間軸が違うのか。
斬新なトリックだとは思うけれど、そう都合よく同姓同名で、かつ、同じ小説家なんておらんやろ! と、ちょっと突っ込んでみたくはなる。

しかし…どういうわけか、読んでいる途中、どうしても作品にのめり込んでいけなかった。
なぜだろう?
読みにくく感じたからだろうか。
トリックが分かってから、再読すると違った読み方ができるかな。しばらく間を置いて、どこかで再読してみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=5869〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-