自作ペーパークラフト V3 – タイガーⅠ

自作ペーパークラフト3作目。ドイツ戦車 タイガーⅠ。

展開図

メタセコイアでの3Dモデルの作成そのものは、だいぶ慣れたのだけれど、後工程のペパクラデザイナーで展開図にするときに、なかなか思った通りの展開図にならない。
たとえば、車体上部を普通に作成して、ペパクラデザイナーで展開すると、なぜかこんな風に展開されてしまう。

なんでやねん

なんでやねん! と突っ込みたくなるのだが、ペパクラデザイナーの展開アルゴリズムだとこうなのだから仕方がない。
ペパクラデザイナーの編集機能で、エッジを切っておいてから展開する事ができる様なのだけれど、メタセコイアとペッパクラデザイナーの両方で編集を行うと収拾つかなくなる気がするので、できるだけメタセコイア上だけで編集したい。
そこで今回は、メタセコイア上では点を微妙にずらして、辺をくっつけない状態にして、つまり、予めエッジを切っておく事にした。
しかし、本当はもっとスマートな方法があるんだろうな…。

エッジを切っておく

また、車体や履帯が別部品になっているのも同じ理由で、ペパクラデザイナーが思い通りの展開をしてくれないので、手動でパーツを細かく分離している。

パーツを手動で分離

ただ、手動で分離しておけば、もちろん思い通りに展開させることができるのだけれど、自動での展開であればペパクラデザイナーが勝手に付けてくれるのりしろを自分ですべて付けなければならないので、ひじょうにメンドクサイ。
まぁ、しょうがないよな。

と、いうことで、印刷して組み立て。
どん。

完成!

まだまだツッコミどころ満載のデキだけど、ちょびちょび勉強していこうと思う。

0 0 0

広告

[amazon size="large"]B001D77Q4C[/amazon][amazon size="large"]B001F2ZL6U[/amazon][amazon size="large"]B0036RSOVQ[/amazon][amazon size="large"]B00164VGZW[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=4877〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 自作ペーパークラフト – タイガーⅠ (VER 2.0)
    このエピソードの続き。 自作ペーパークラフト V3 – タイガーⅠ 前版を改良してみた。 防盾を立体化。 キューポラを立体化。 雑具箱を追加。 排気管を立体化。 砲口制退器を追加し、砲身の太さの変化を表現。 完成! 改良点は、まだまだたくさんある。 プラモデルなんかと同じで、凝りだすとキリがないな。......

    2014/09/01 03:01
    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 自作ペーパークラフト – タイガーⅠ (VER 3.0)...
    このエピソードの続き。 自作ペーパークラフト V3 – タイガーⅠ 自作ペーパークラフト – タイガーⅠ (VER 2.0) 前版を更に少し改良した上で、迷彩塗装をしてみた。 組み立ててみる。 うむ、なかなかよろしい。 ただし、迷彩パターンは、WEBで拾ったもので、ドイツ戦車では、使われたことがない迷彩パターンのはず。(^^;......

    2014/09/04 22:35

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-