便利ツール – ファイル・バックアップ

ずんべ の会社では、プログラムやデータなど、ファイルを更新する際は、オリジナルのファイルに「年月日」を付加してバックアップする規則になっている。

たとえば、「test.cgi」というファイルをバックアップする場合は、「20140702.test.cgi」というファイル名でバックアップする。
UNIXのコマンドラインで言うと、以下のようなコマンドを実行するイメージ。

$ mv test.cgi 20140702.test.cgi
$ cp 20140702.test.cgi test.cgi

なぜ、単に cp だけするのではなく、わざわざ mv してから cp して書き戻すのかというと…

バックアップは、可能な限りオリジナルを保存しておく

という考えによるもの。
環境によっては、コピーすると、パーミッションやタイムスタンプが失われてしまう可能性があるので、mv してオリジナルを保存した上で、cp して書き戻している。

操作としては mv して cp するだけなので、際立って面倒な作業というわけではない。
Windows上で操作する場合では、「オリジナルをリネーム」→「ファイルをコピー」→「コピーしたファイルをオリジナルのファイル名にリネーム」という手順になり、少し手順が増えるものの、やはり、際立って面倒な作業というわけではない。
とは言え、可能な限り作業は簡略化したいし、細かい事であっても、自動化できるところは自動化したい。

と、いう事で、Windows環境で使える便利ツールを作ってみた。

fbackup.vbs

コマンドラインでは、以下の様に使用する。

cscript fbackup.vbs file1 file2 file3...

で、コマンドラインで使うのはメンドクサイので、これを「送る」に入れて使う。
こんな感じに。

送る

実行!

送る

自分で言うのもナンだが、便利だ。(^^)

なお、プログラムはダウンロードして自由に使って頂いて構いませんが、自己責任でお願いします。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

[amazon]4883376583[/amazon][amazon]4873113091[/amazon][amazon]4774127930[/amazon][amazon]4873112265[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=4641〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 便利ツール Windows PowerShell版...
    このエピソードの続き 便利ツール – ドットファイル作成 便利ツール – ファイル・バックアップ 先に作ったツールは Windows Scripting Host(WSH)で作成したのだが、今回は、これらの便利ツールを Windows PowerShell で作り直してみた。 Windows Scripting Host で作成したもので、動作的にはまったく問題ないのだが、これまで、Windows PowerShell は使った事がなかったので、勉強がてら作ってみた。 todotfile.ps1 f...

    2014/07/06 00:59

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-