ESXi監視で大ハマリ (3) – コマンドで監視(A)

このエピソードの続き。

ESXiをUSBメモリからブート
ESXi監視で大ハマリ (1) - RAIDを構築
ESXi監視で大ハマリ (2) - 警告ランプで監視

ESXi上で動作するコマンドで、物理ドライブの状態を確認できないだろうか。

ESXi 5.5 では、esxcli コマンドでできる事が充実してきている。

VMware vSphere 5.5 ドキュメント センター ≫ vSphere Command-Line Interface Reference

ストレージ関連のコマンドとして「esxcli strage」がある。

VMware vSphere 5.5 ドキュメント センター ≫ esxcli strage

とりあえず、ドライブの一覧を表示させてみる。

~ # esxcli storage core device list | grep "Display Name: Local" | sort
   Display Name: Local ATA Disk (t10.ATA_____ST340014AS______________________________3JX9AZPZ____________)
   Display Name: Local ATA Disk (t10.ATA_____ST500NM0011_________________________________________Z1M0TLLX)
   Display Name: Local DELL Disk (naa.690b11c02520ba001af38d3c0962e329)
   Display Name: Local PLDS CD-ROM (mpx.vmhba1:C0:T0:L0)
   Display Name: Local USB Direct-Access (mpx.vmhba32:C0:T0:L0)
~ #

5つのドライブが一覧された。
上から、非RAIDのATAドライブ×2台、RAIDの仮想ドライブ×1台、光学ドライブ×1台、USBドライブ(ESXiがインストールされている起動ドライブ)×1台。

「esxcli strage」には、S.M.A.R.T. の状態を表示させるコマンドがあるので、状態を表示させてみる。
まず、非RAIDの物理ドライブの状態を表示させてみる。

~ # esxcli storage core device smart get -d t10.ATA_____ST340014AS______________________________3JX9AZPZ____________
Parameter                     Value  Threshold  Worst
----------------------------  -----  ---------  -----
Health Status                 OK     N/A        N/A
Media Wearout Indicator       N/A    N/A        N/A
Write Error Count             N/A    N/A        N/A
Read Error Count              56     6          48
Power-on Hours                50     0          50
Power Cycle Count             100    20         100
Reallocated Sector Count      100    36         100
Raw Read Error Rate           56     6          48
Drive Temperature             41     0          51
Driver Rated Max Temperature  N/A    N/A        N/A
Write Sectors TOT Count       200    0          200
Read Sectors TOT Count        100    0          253
Initial Bad Block Count       N/A    N/A        N/A
~ #

S.M.A.R.T.の状態が取れた。
続いて、RAIDの仮想ドライブの状態を表示させてみる。

~ # esxcli storage core device smart get -d naa.690b11c02520ba001af38d3c0962e329
Parameter                     Value  Threshold  Worst
----------------------------  -----  ---------  -----
Health Status                 N/A    N/A        N/A
Media Wearout Indicator       N/A    N/A        N/A
Write Error Count             N/A    N/A        N/A
Read Error Count              N/A    N/A        N/A
Power-on Hours                N/A    N/A        N/A
Power Cycle Count             N/A    N/A        N/A
Reallocated Sector Count      N/A    N/A        N/A
Raw Read Error Rate           N/A    N/A        N/A
Drive Temperature             N/A    N/A        N/A
Driver Rated Max Temperature  N/A    N/A        N/A
Write Sectors TOT Count       N/A    N/A        N/A
Read Sectors TOT Count        N/A    N/A        N/A
Initial Bad Block Count       N/A    N/A        N/A
~ #

くそー、全部「N/A」だ。
仮想ドライブ配下に接続されている物理ドライブの S.M.A.R.T. の情報を一覧してくれることを期待したのだが… esxcli コマンドでは、RAID配下の物理ドライブの情報は取れないようだ。

一連記事:

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=4356〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-