ESXiをUSBメモリからブート

昨今、SDカードやUSBメモリは、容量32GBや64GB程度は当たり前になってきた。
一昔前のハードディスク並の容量がある。
ずんぶん昔に購入した、16MB、32MB、256MBのSDカードが手元にあるが、MB程度の容量では、ほぼゴミだ。(^^;

ほぼゴミ

USBメモリも、1GBの容量のものが手元にいくつかあるが、書き込むデータ自体が大きくなってきたので、もっぱら32GBや64GBのものを使い、容量の少ない、これらのUSBメモリは埋もれたままになっている。

なんとかして再利用したい1GBのUSBメモリ

これらのUSBメモリを再利用する方法はないかと考えた。
目を付けたのは、ESXi。
このOSは、ブート時にOSを本体のメモリに読み込んだ後、おそらく、ほとんどUSBメモリにアクセスする事はないだろう。
WEBを漁ってみると、けっこうやっている人がいるようだ。
と、いう事で、トライ。

ターゲットのマシンは DELL PowerEdge T310。
DELLのサイトからESXiのインストールISOをダウンロードし、CDに焼く。
作成したCDからブートしてインストールを開始。
インストール先にUSBメモリを指定して、インストールを実行。

USBメモリにESXiをインストール

インストールはすんなり完了した。
マシンを再起動し、BIOS画面でUSBからブートするように設定。

USBメモリ上のESXiで起動後、手元のPCで VMWare vShphere Client を起動して、ESXiにアクセス。
無事、接続に成功。

VMWare vShphere Client でアクセス

ハードディスクは全領域を仮想マシン用に開放できた。
よしよし。

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=3891〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-