EASEUS Disk Copy

このエピソードの続き。

メモリ増設で小ハマリ(しそうだった)
VMWare vCenter Converter

VMWare vCenter Converterを使って、ESXi上で自分の環境が実行できるようになったが、念のため、オリジナルの環境は、ESXi上ではなく、現在のPC上でそのまま稼働させられるようにしておきたい。
方法としては、SSDの内容を丸ごと別のハードディスクにコピーしておけばよい。
ハードディスクを丸ごとコピーするソフトウェアはいろいろあるし、RAIDカードのRAID1を構築する機能を使用してコピーする事も考えられる。

今回は、このソフトウェアを使ってディスク丸ごとコピーを行ってみた。

EASEUS Disk Copy(日本語)
EASEUS Disk Copy(英語)

実行すると、ISO形式のファイルが保存される。
そのISOファイルをCDに書き出して、そのCDからブートすればいい。

EASEUS Disk Copy を起動

「Disk Copy」を選択する。

「Disk Copy」を選択する

「Source Disk」を選択する。

Source Disk を選択する

「Destination Disk」を選択する。

Destination Disk を選択する

コピー開始。

コピー開始

コピー中。

コピー中

コピー完了。

コピー完了

ハードディスクの丸ごとコピーがお手軽に実行できた。
SSDを取り外して、代わりにコピーしたハードディスクを接続して起動してみると、オリジナルのSSDで起動した時とまったく同じ状態で立ち上がった(当たり前だけど)。

これでSSDをフォーマットして新しいOSをインストールしてしまって何か問題が発生した場合でも、元の環境を起動できるので安心だ。
ESXi上でも、元の環境からコンバートした環境が稼働しているので、安心度はダブル。
これで、心置きなく新規インストールができる。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

[amazon]B00C9RFGNI[/amazon][amazon]B00FR6VM54[/amazon][amazon]B00HF8A2SA[/amazon][amazon]B009SX6VLC[/amazon]
[amazon]4798128422[/amazon][amazon]4798037478[/amazon][amazon]4844331949[/amazon][amazon]4844333178[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=3740〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 ビデオカードで小ハマリ...
    このエピソードの続き。 メモリ増設で小ハマリ(しそうだった) VMWare vCenter Converter EASEUS Disk Copy ビデオ・カードで小ハマリしたのでメモ。 新しいOSは何にしようか。 順当な選択肢なら、Windows 7 (x86)。 とりあえず、現状のPCのハードウェアでインストールできるか実験してみる事にする。 SSDを取り外して別のハードディスクを取り付け、Windows 7 (x86) をインストール。 インストールそのものは、何の問題もなく終了。 ディスプレイ...

    2014/04/05 22:04

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-