mSATAノートPCのディスク・ベンチマーク

このエピソードの続き。

mSATAアダプタ・アダプタ

SSD化した事で、どの程度ディスクアクセスが変わったのかを計測してみた。

使用したツールは CrystalDiskMark。
計測した環境は以下の通り。

・OSは Windows 7 SP1 (x86)。
・Windows Update を最新まで適用。
・Security Essentialsをインストール

CrystalDiskMark は、デフォルトの設定のまま、ハードディスクの場合とSSDの場合で3回ずつ実行して平均を取った。
結果は以下の通り。

シーケンシャル・アクセスでは、大差ない。
ランダム・アクセスでは、約20倍の速度だった。

ATA-100 のインターフェースが足枷になってたいして速度が出ないという結果を恐れていたのだけれど、まぁ、速くなったと考えていいのかな。

 

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=13417〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 ノートPCのCPUを換装
    このエピソードの続き。 mSATAアダプタ・アダプタ mSATAノートPCのディスク・ベンチマーク 延命させようとしているノートPCは、HP nx9040。 CPUは Pentium M 725 1.6GHz。 このシリーズのCPUで最大性能のものとして Pentium M 765 2.1GHz があるので、このCPUへの換装をトライしてみる。 まず、CPUを調達する。 ひとつ下の 755 であれば、Amazon やヤフオクなどで多く出回っているのだけれど、765 は日本国内のサイトではなかなか見つ…

    2019/09/01 02:53

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-