サーバのファンを交換

社内のサーバの冷却ファンが故障してしまった。
サーバは DELL PowerEdge 400SC。

DELL PowerEdge 400SC

ひどいゴロゴロ音がして、ファンは揺れながら回っている。

ファンを指で触ってみると、ガタガタになっている。

油をさしてなんとかなるものではなさそうなので、交換する方向で考える事にする。
ただし、このサーバは32ビットのCPUで、将来的にいつまで運用するか不透明ではあるけれど、ずっと開発で使用していて、使い勝手がいい状態で運用されているので、ファンを修理して延命する事にする。

400SC用に使用できるファンは楽天などでも販売されているけれど、「DELL用」「PowerEdge用」と謳われている商品はそれなりに価格が高い。

汎用品として販売されているものであれば、もっと安く、1,000円程度で購入できる。

更に、Aliexpressであれば、2~3ドル程度からある。

しかし、私の手元には、過去にマシンを廃棄した時に部品取りをしてストックしておいたファンがあるので、今回はこれを移植する事にする。
左が故障したファン、右がストックしてあったファン。

左が故障したファン、右が部品取りでストックしてあったファン 左が故障したファン、右が部品取りでストックしてあったファン

ファンのケースを取り除く。

ファンのケースを取り除

コネクタの形状が異なるので、故障したファンのケーブルを移植する。
3本の線は、それぞれをはんだ付けした上で熱収縮チューブで覆い、更に3本をまとめて熱収縮チューブで覆う。
はんだ付けをする時に、3本を少しづつずらした状態ではんだ付けするのがミソで、こうしておくと、3本をまとめた時に接合部をスリムにできる。

線を繋ぐ 線を繋ぐ 線を繋ぐ

この状態で試運転してみる。

OKだ。

ケースのファンを差し替える。
ファンはゴム製のブッシュでケースに固定されているのだけれど、このブッシュは持っていない。

ゴム製のブッシュは、単に固定するだけの機能ではなく、振動を吸収するという機能もあるとは思うのだけれど、ここはケッチって結束バンドで固定する事にする。

結束バンドで固定する

ファンのフードを取り付ける。

フードを取り付ける

ファンを取り付けて、再び試運転をする。

OKだ。
これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=13042〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-