車のランプをLED化(その9)

このエピソードの続き。

車のランプをLED化
車のランプをLED化(その2)
車のランプをLED化(その3)
車のランプをLED化(その4)
車のランプをLED化(その5)
車のランプをLED化(その6)
車のランプをLED化(その7)
車のランプをLED化(その8)

今回は、ヘッドライトのハイビームをLED化する。

ハイビームをLED化

愛車カローラフィールダーのハイビームは「HB3(9005)」と呼ばれるタイプの電球。

購入したLED電球はこちら。
Aliexpressで購入し、2個セットで7.11ドル(送料込み)。バルブ1個あたりの金額は、わずか360円くらい。激安だ。
あまりにも安いので、正直怖いのだけれど、今のところ、Aliexpressから購入したLEDで大きなハズレはないので、とりあえずこれで行く。

購入したLED電球 購入したLED電球

ちなみに、別の愛車 HONDA NC750S のヘッドライトは既にLED化しているが、こちらもAliexpressで購入したLED電球への交換だが、約半年が経過して、今のところ問題なく使用できている。

左が元々付いていたHB3電球、右が購入したLED電球。

HB4電球とLED電球

さて、交換。
ボンネットを開け、ハイビームのランプのコネクタを探す。

ハイビームのランプのコネクタを探す

反時計周りに120度回してランプを取り外す。

ランプを取り外す

LED電球に交換する。

ED電球に交換する

取り付ける前に点灯テストをする。OK。

点灯テストをする

ハイビームを点灯してみる。
左がLED電球、右が従来の電球。
明るさの差はそう感じないけれど、白く発色する分、明るい気がする。

ハイビームを点灯してみる(LED電球) ハイビームを点灯してみる(従来の電球)

壁に光を当てて、発光状態を確認してみる。
まず、ロービーム。

ロービーム

次にハイビーム。
左がLED電球、右が従来の電球。

ハイビーム(LED電球) ハイビーム(従来の電球)

よし、バッチリでしょう。

取り外したHB3電球は、梱包して保管しておく。

梱包して保管しておく

■2019/05/04追記

ランプを交換した際に、ランプの近くにあった吸気ダクトを固定していたクリップを破損させてしまい、吸気ダクトが宙ぶらりんになってしまっている事に気付いた。

クリップを破損

宙ぶらりんのままだと、走行中に、振動などでフレームなどにぶつかって砕けるなどすると、エンジンの駆動部分に巻き込んだりするといけないので固定する必要がある。
普通にクリップを購入するとか、たとえば100円ショップなどで結束バンドを購入してきて留めればいいのだけれど...

そこはビンボー人ずんべ、手元にあるもので固定をトライしてみる。
例によってがらくた箱をひっくり返して探してみると...
あった! 紐!
これは、リュックサックか何かを破棄する時に、取り外しておいたもの。

紐

これで縛って吸気ダクトを固定する。

吸気ダクトを固定

とりあえず、これでヨシ。

■2019/07/14追記

車に積んだままになっている工具箱を整理していたら、クリップが発掘された。(^^;

クリップを発掘

いつ購入したのか、まったく記憶にないのだけれど、おそらく25年くらい前、トレノ(ただしAE85)に乗っていた頃に買ったものだろうな。

と、言う事で、紐は取り外し、クリップで留め直した。

クリップで留め直した

ちゃんちゃん。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=12864〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-