幸せの風を求めて―榊原弱者救済所

「ある閉ざされた雪の山荘で」を読んだ。

幸せの風を求めて改訂版
幸せの風を求めて改訂版
西まさる



ずんべ は民生委員を拝命している。その民生委員の研修会で榊原弱者救済所の見学があり、この施設の存在を知った。

私財を投じ、人生のすべてを投じて弱者を救済する姿は凄いと思う。
弱者を救済する事は大切だと思う。
しかし、正直、私には、とてもではないがマネができない。遊びたいし、自分の仕事をしたいし、美味しいもの食べたいし、少々の贅沢もしたい。自分の人生のすべてを投げ打ってまで社会貢献活動をする事はとてもできない。

また、「差別をしてはいけない」事は頭では分かっているが、実際には難しい。
たとえば、私の隣の人が殺人者を犯した出獄者だと知ってしまったら、やはり、他の人と同じ目では見られないし、他の人と同じ様に接する事は難しいと思う。

しかし、自分ができる事は限りがあるけれども、文字通り微力ながら、社会貢献をしていこうと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

中島飛行機の終戦
中島飛行機の終戦
西まさる
吉原はこうしてつくられた
吉原はこうしてつくられた
西まさる
忠臣蔵と江戸の食べもの話
忠臣蔵と江戸の食べもの話
西まさる/入口修三
いばりんぼうのカメ
いばりんぼうのカメ
西まさる/スギウラフミアキ

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=12772〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-