NC750SのヘッドライトをLED化

このエピソードの続き。

NC750SのストップランプをLED化
NC750SのウィンカーをLED化
NC750SのウィンカーをLED化(その2)

NC750SのヘッドライトをLEDバルブに交換してみた。

ヘッドライトをLED電球に交換

まず、LEDバルブを購入。
H4タイプで、光量ができるだけ大きいものを選択して購入してみた。

LED電球を購入 LED電球を購入

驚きの$5.95(購入当時)。安い。
# ちょっと不安だが...。

さて、交換。
ヘッドライドのパッケージを取り外す。
パッケージの横の左右のネジ2本を外せば、簡単に取り外せる。

ヘッドライドのパッケージを取り外す

開いた状態。

開いた状態

H4コネクタを取り外す。

H4コネクタを取り外す

防水ゴムキャップを取り外す。

ハロゲンバルブを取り外す。

防水ゴムキャップを取り外す

ハロゲンバルブとLEDバルブの比較。
左がハロゲンバルブ、右がLEDバルブ。LEDバルブには。大きな冷却フィンと冷却ファンが付いている。

ハロゲン電球とLED電球の比較

とりあえず、H4コネクタを接続して、点灯させてみる。問題なく点灯した。ハイ、ローともOK。

点灯させてみる

LEDバルブを取り付ける。

LED電球を取り付ける

ここで問題が発生した。
冷却フィンと冷却ファンの部分が太いので、防水キャップのセンターの穴に通せず、被せられない。
防水ゴムキャップを取り付けないわけにはいかないし、防水ゴムキャップを切るのは躊躇われる。
いい案が浮かばなかったので、とりあえず、元に戻して、一旦退散する。

LEDバルブをまじまじと見てみる。
エリの部分を取り外す事ができれば、前から防水ゴムキャップを入れられそうなのだが...。

LED電球

よく見ると、LEDバルブの本体とエリの境界のところに、ポッチ穴がある。
エリの裏側を見ると、ポッチがあって、ポッチ穴と少しずれている。
と、言う事は、エリを回転させる事ができれば、外せるかも。

ポッチ穴 ポッチ

怪我をしないように、エリにタオルを巻いて、ぐっと回転させてみたら、外れた!

外れた!

これならイケそうだ。
再びNC750Sのヘッドを取り外し、防水ゴムキャップにLEDバルブを差し込む。

防水ゴムキャップにLED電球を差し込む

更にエリを取りつけた上で、ヘッドのパッケージに取り付ける。
無事、取り付け完了。

取り付け完了 取り付け完了

ヘッドのパッケージを元に戻し、ライトを点灯。

パッケージを元に戻す

カットラインはどうか。
若干、左上方向への光量が少ない気がするけれど、一応、カットラインは出ている。まぁ、ヨシだろうか。

カットライン

とりあえず、これでしばらく乗ってみる。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=12178〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-