パッドマン 5億人の女性を救った男

「パッドマン 5億人の女性を救った男」を試写会で観た。

パッドマン 5億人の女性を救った男
パッドマン 5億人の女性を救った男 オフィシャルサイト



友人に誘われてし試写会へ。
最初、「バットマン」だと思っていて、「今、バットマンってやってたかな? リバイバル上映だろうか?」とか思いながら試写会の会場へ。
受付にかかっていた案内をよく見ると...最初の文字が「バ」ではなく「パ」だ。
何だって? 「パッドマン」?

映画を観る前から訳が分からないくなった。
iPadとか、電子機器を操るヒーローの話だろうか。

頭の中をフル回転させても、どんな映画か見当もつかない。(^^;
頭の中で疑問符が飛び交う中、映画がスタートすると...なんと!生理用品を開発する男の物語だった。
うはー!

愛する妻を思うが故に生理用品の開発を始めるが、お国柄、それを公言すれば、「ど変態」「ど変人」のレッテルを貼られ、妻からも、家族からも見限られるが、それでも諦めずに開発を続け、救世主の手を借りながら成功者となり、インドの女性達を救う。
愛のため、人のため、突き刺さる視線をものともせず、タブーを跳ね返して、自分が信じる道を突き進む男。
すばらしい。

しかし…内容はともかく、映画の題材が生理用品というのは衝撃的だった。
こんな映画もたまにはいい。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=12094〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-