泥の蝶 インパール戦線死の断章

「泥の蝶 インパール戦線死の断章」を読んだ。



悪名高いインパール作戦の実話集。
前世代の兵器を携行し、食料、弾薬、医薬品が欠乏した最悪の状況で、強力で装備充実な英軍と戦う。
銃剣突撃一辺倒の司令部の命令に従って突撃し、英軍の戦車、機関銃になぎ倒されていく。
勝ち目のない戦いを強いられる日本兵。
読めば読むほど腹が立つ。
インパール作戦を指揮した牟田口廉也は終戦まで生き延び、インパール作戦で何万人もの日本兵の命を奪いながら、自決もせず、何の責任も負わないまま生き続けた。死去する数年前からは、インパール作戦は正しかったと自己弁護をしていたらしい。
何万人もの兵士の命を預かる立場にいた人間なのであるから、自身の行動には責任を持つべきだ。
死んでいった日本兵はさぞ悔しい事だろう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=11949〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-