天空の救命室:航空自衛隊航空機動衛生隊

「天空の救命室:航空自衛隊航空機動衛生隊」を読んだ。

天空の救命室: 航空自衛隊航空機動衛生隊 (文芸書)
天空の救命室: 航空自衛隊航空機動衛生隊 (文芸書)



むむむ、ちょっと思っていた内容と違った。
航空機動隊が飛行機で飛び回って活躍する話がメインで、飛行機の中での物語を中心に話が進むと思っていたのだけれど、地上での物語が多かった。まぁ、航空機動隊の隊員の物語なので、別に外れているとは思わないけれど、タイトルにも「天空」と付いているので、機上での物語を期待してしまった。

物語は、ゴリゴリの「救命」話ではなく、有川浩ばりの恋愛話がたくさん出てくる。
登場人物のキャラクターもいろいろで、おもしろい。
ずんべ が住む名古屋市近辺を中心とした物語というのも親近感が持てる。

ただ、物語中、一点気になった描写がっあった。
-----
除細動装置、いわゆるデンキショックの準備だ。
通電すると、患者の身体が反って跳ねる。
-----
いやいや、除細動器はデンキショックを与える機械だが、目的は心臓を止める事であって、心臓を蘇生させる事ではない。
細かいところだけど、ちょっと気になった。

しかし、全体としてはマル。
おもしろかった。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=11715〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-