部屋干し用物干し竿(Ⅱ)

このエピソードの続き。

部屋干し用物干し竿

設置場所を変更して、部屋干し用物干し竿を作り直してみた。

部屋干し用物干し竿(Ⅱ)

前作は、玄関口に物干し竿を渡すように作成した。
間取り図で言うと、こんな感じ。

間取り図(玄関口)

これはこれで便利なのだけれど、洗濯物を干している状態の時にピンポン♪と来客があったりすると、ちょっと恥ずかしい。
もう少しいい場所は無いかと探したところ、すぐ横の「洗面・洗濯室」でも物干し竿が渡せることに気が付いた。

洗面・洗濯室

間取り図で言うと、ここ。

間取り図(洗面・洗濯室)

玄関口だと約1.5mのサイズを渡せたけれど、洗面・洗濯室だと約1mのサイズと短くなってしまうが、
①浴室の窓に近くなって通気がよくなる(気がする)
②ピンポン♪と来客があっても平気
③前作の玄関口用もあるので、足りない時はそちらを併用する
という事で、洗面・洗濯室用を新たに作成する事にした。

まず、材料を調達する。
パイプ×2、ジョイント×4、三角棒。
ジョイントのうち2個は、突き抜けないタイプ、2個は突き抜けるタイプとして、若干なりとも幅の調整が効くようにした。

材料を調達する 材料を調達する

組み立てる。
組み立てると言っても、パイプの両端にジョイントを取り付けるだけだけ。(^^;

組み立てる

突き抜けるタイプのジョイント方はユルユルで固定できないので、両面テープを貼って緩みをなくすすようにしている。
できれば、ジョイントの輪の内側に熱針を押すなどして凸を付ければ、カチッとした固定ができるのだろうけど、今回は簡易に両面テープで処理した。

組み立てる

仮に取り付けてみる。

仮に取り付けてみる

うん、よい感じだ。
ただ、この部分が気になるので、もう少し見栄えがよくなるように工作する事にする。

ジョイント部分

三角棒を切る。

三角棒を切る

塗装する。

塗装する 塗装する

ジョイントの底に両面テープで固定する。

両面テープで固定する

取り付けると、こんな感じになった。

ジョイント部分

洗濯物を掛けてみる。

洗濯物を掛けてみる

ピンポン♪と来客があった場合は、カーテンを閉める。

カーテンを閉める

バッチリだ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=11554〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-