プラレールのレール(試作編)

プラレールのレールを作ってみた。

レール

ずんべ の息子は、自称「鉄オタ」。
将来的にはNゲージに進むかもしれないけれど、今のところ、プラレールで遊ぶことが多い様だ。
プラレールのレールは、買っても、そう高いものではないけど、自作してみる事にした。
とりあえず、試作してみる。

まず、材料を揃える。
ベニヤ板と竹ひご。

材料を揃える

プラレールの実物を採寸して、ベニヤ板に転写する。

プラレールの実物を採寸して、木の板に転写する

部品を切り出す。

部品を切り出す

部品の状態で、実物の凸凹にはめ込んでみる。
ぐっと少し力を入れるとはまるくらいに凸凹のサイズを調整する。

実物の凸凹にはめ込む

ヤスリがけをして角を落とす。

ヤスリがけをして角を落とす

木工ボンドで接着する。

木工ボンドで接着する 木工ボンドで接着する

接着剤が乾いたら、再び実物の凸凹にはめ込んでみる。
グッド!

実物の凸凹にはめ込む

ニスを塗る。

ニスを塗る ニスを塗る

完成!

完成! 完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=11500〕

    【プログラマ ずんべ の日記 Ⅱ】 プラレールのレール(量産編)...
    このエピソードの続き。 プラレールのレール(試作編) プラレールのレールを量産(と言っても、4本だけど)してみた。 ベニア板に切り出し線を入れる。 ちなみに、切り出し線は、こんな風に引いている。 グレーの部分は使われずに捨ててしまう部分で、けっこう無駄に捨てている。 これを、こんな風に、凸凹の部分を重ねて切り出すようにすれば、無駄に捨てる部分が減るのではないかと思うのだが… 実は、これはうまくいかない。 理由は、レールとレールを「ぐっ」っとはめ込めるようにするには、凸を少し大きく、凹を少し小さく作る...

    2018/06/07 19:52

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-