BD-WW1100

ずんべは懸賞が好きで、いろいろ応募している。
今回、久しぶりに大物が当選した。(^^)

大物が当選!

モノはこちら。

BD-WW1100
SHARP AQUOS ブルーレイ BD-WW1100

こんな大物は、なかなか当選しないので、超うれしい。

当選したので、そのお礼にというわけではないけれど、サイトを紹介しておく。

COCORO MEMBERS

会員登録して、クイズなどに答えてポイントを溜めて応募する感じ。

さて、今回当選した「BD-WW1100」は、製品しては、エントリーモデルという位置付けだと思う。
とりあえず、簡単にレビューしておこうと思う。

ずんべが既に持っているブルーレイ・レコーダーは、Panasonic DWR-BW680 で、この製品との比較する形になってしまい、かつ、この製品に使い慣れているという事もあって、少々偏った感じになるかもしれないが、ご勘弁。

とりあえず、使ってみて、気になったところ。

(1).DVDへの高速ダビングができない

DVDにダビングする際、録画モードの変換が必要ない場合でも、高速ダビングはできず、常に1倍速でしかダビングできない。つまり、2時間の映画のダビングには、2時間が必要になる。
取扱説明書によると、ブルーレイディスクへのダビングは高速ダビングができるらしいが、とりあえず、ずんべは、メディアの価格が安いDVDをメインに使っているので、DVDへのダビングが1倍速でしかできないのは、けっこうなマイナス・ポイント。
今時、ブルーレイが再生できないプレーヤーは絶滅に近い状態であろうから、いいかげんDVDからブルーレイディスクにスイッチしろよ、というのはその通りなのだけれどね…。

(2).HDMIの連携がイマイチうまくいかない

これは、組み合わせ/相性という問題が多分にあるのだろうけれど…。
我が家にあるテレビには、HDMI入力端子が2個しかなく、元からあるブルーレイ・レコーダーと、CSチューナーが既に接続してある。
今回当選したブルーレイ・レコーダーを接続しなければならないのだけれど、HDMI端子が足りないので、HDMI切替器を挟んで、2台のブルーレイ・レコーダーを接続する事にしたのだが、実際に接続してみると、イマイチちゃんと動いてくれない。

(a).自動的に切替器が切り替わらない

元からある DWR-BW680 の電源を入れると、自動的に切替器が反応し、テレビの電源も自動的に入る。
ところが、BD-WW1100 の電源を入れても、切替器は反応せず、テレビの電源も入らない。

電源オフも同様。
テレビの電源を切ると、DWR-BW680 の電源も自動的に切れる。
ところが、BD-WW1100 は、自動的に切れてくれない。

(b).時々、勝手に切り替わってしまう

テレビと BD-WW1100 が接続されている状態で視聴していても、何かのタイミングで、勝手に DWR-BW680 に切り替わって、テレビ画面が真っ黒になってしまう。
BD-WW1100 のリモコンを操作しても、切替器の接続は戻ってくれないので、切替器に手を伸ばして、手動で切り替えをしなければならない。
正直、メンドクサイ。
もしかしたら、DWR-BW680 の方が、何か信号をテレビに送っているのかもしれないけれど、DWR-BW680 の電源がオフの状態でも発生するので、そういう事ではないように思う。

原因不明なのだけれど、どうにも、BD-WW1100 だけが、HDMIの連携がうまくいかない。
おそらく、HDMI切替器を介さずに、直接テレビと接続すれば問題はないのだろうけど、HDMIの入力端子は2個しかないので、切替器を介さざるを得ない。
もうちょっと、なんとかならんもんだろうか。

(3).日付が12時間表記

たとえば「13:10」は、「午後1時10分」と、12時間表記で表示され、設定などで24時間表記には変更できない。
これは、慣れの問題という面は多分にあるけれど、個人的には24時間表記がいい。

(4).録画画質の表記がわかりにくい

「MN68」「MN65」といった表記から選択するのだけれど、素直に「XP」「SP」「LP」「EP」という表記にしてほしい。
ダビングする時には、「SP相当」という表示は出るのだけれど、録画する時も、普通に「SP相当」とか出してほしい。

(5).ダビングをする時に「自動的にファイナライズをかける」というオプションがない

これは、DWR-BW680 でも同じなのだけれど、ダビングする時に「自動的にファイナライズをかける」というオプションがないので、ダビングが完了した後に、改めてファイナライズをかける操作をしないといけない。
しかし、「ダビング予約」の操作をしてダビングを予約する時は、「自動的にファイナライズをかける」というオプションが登場し、自動的にファイナライズをかける事ができる。なんでやねん。
そして、後で手動で行うファイナライズの操作は、DWR-BW680、BD-WW1100 とも、メニューの奥底にあり、ファイナライズをかけるために、たくさんボタンを押さないといけない。
「自動的にファイナライズする」は、ダビング時のオプションに入れてほしいし、後で行うファイナライズの操作は、もっと簡単にできるようにしてほしい。
何でこんな使いにくい仕様なんだろ?

今まで使っていた DWR-BW680 に慣れてしまっているので、新しい BD-WW1100 では使いにくいと感じてしまう面があるとは思うけれど、まぁ、そのうち慣れるでしょう。(^^)
大事に使って行こうと思う。

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=10851〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-