Apache 仮想ドメイン設定の読み込み

会社の開発サーバにおいて、Apache に設定する仮想ドメイン <VirtualHost></VirtualHost> は頻繁に設定を追加/削除する。
新しいプロジェクトが立ち上がれば仮想ドメインを追加、プロジェクトが終了すれば削除、プロジェクトが再開すれば設定を復元。

これまでは、以下の様に設定して運用していた。

Apache の「httpd.conf」では、以下の様に仮想ドメインのまとめ設定ファイル「vhosts.conf」をインクルードしておく。

Include ~/conf/vhosts.conf

読み込む「vhosts.conf」では、以下のように必要な仮想ドメインの設定ファイルをインクルードする。
不要な仮想ドメインは「#」でコメントアウトされている。

Include ~/conf/blog.zunbe.com.conf
Include ~/conf/blog2.zunbe.com.conf
Include ~/conf/www.patentic.co.jp.conf
#Include ~/conf/www.archive.com.conf
#Include ~/conf/www.archive.net.conf

その上で、ディレクトリ内に置かれている仮想ドメインの設定ファイルを置いておくのだが、ただ置いただけでは、どの仮想ドメインが現状で有効であるのかわかりにくいため、archives ディレクトリを作成して、無効なドメインは移動して隔離していた。

~/conf/blog.zunbe.com.conf
~/conf/blog2.zunbe.com.conf
~/conf/www.patentic.co.jp.conf
~/conf/archives/www.archive.com.conf
~/conf/archives/www.archive.net.conf

仮想ドメインを追加/削除/復元するには、vhosts.conf の記述を変更した上で、仮想ドメインの設定ファイルを archives ディレクトリから移動し、Apacheを再起動していた。

十分簡単だとは思うのだけれど、もう少し簡単にならないだろう。
ん~と考えて、はっと気が付いた。
Include ディレクティブって、ワイルドカード(*)が使えるじゃないか。

と、言う事で、以下の様な設定での運用に変更。

Apache の「httpd.conf」では、以下の様に仮想ドメインのまとめ設定ファイルをインクルードしておく。
「+」が付いているのがミソ。

Include ~/conf/+*.conf

その上で、以下の様に仮想ドメインの設定ファイルを配置する。
先頭が「+」である設定ファイルのみが読み込まれる。

~/conf/+blog.zunbe.com.conf
~/conf/+blog2.zunbe.com.conf
~/conf/+www.patentic.co.jp.conf
~/conf/-www.archive.com.conf
~/conf/-www.archive.net.conf

仮想ドメインを追加する場合は、先頭が「+」の設定ファイルを作成して置く。
仮想ドメインを削除する場合は、先頭の「+」を「-」にリネームする。
仮想ドメインを復元する場合は、先頭の「-」を「+」にリネームする。
その上で、Apache を再起動する。

仮想ドメインが有効か無効かは、ファイル名を見るだけでわかる。

なんてことない技だけど、これでずいぶん運用が楽になった。(^^)

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=10742〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-