ようこそ、わが家へ

「ようこそ、わが家へ」を読んだ。

[amazon isize="large"]4094088431[/amazon]



海外の映画やドラマでは、ひとつのエピソードの中で、相互に関係しない複数の物語が同時進行するというのはよくあるけれど、日本の作品では珍しい気がする。
会社での出来事とプライベートでの出来事がいいタイミングで交互に登場して、いい感じに頭が切り替わる。読んでいて気持ちがよい作品だった。
最終的には、どちらも円満解決してよかった。

ただ、ちょっと納得いかない事が2点。
ひとつは、健太が刺された時、なぜ健太は犯人の名前を言わなかったのかという点。
もうひとつはタイトル。作品を読み終わっても、どうしてもタイトルがマッチしない。

0 0 0

広告

[amazon size="large"]4062764520[/amazon][amazon size="large"]4062764539[/amazon][amazon size="large"]4163236007[/amazon][amazon size="large"]416326700X[/amazon]
[amazon size="large"]4093862923[/amazon][amazon size="large"]4093864292[/amazon][amazon size="large"]4167728036[/amazon][amazon size="large"]4167728060[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=10612〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-