自転車のヘッドライトを修理

ずんべ が使っている自転車用のヘッドライト。キャットアイ HL-EL540。

[amazon size="large"]B005LATOC4[/amazon]

うかつにも落としてしまい、壊してしまった。

壊してしまった

クリア・パーツにはツメが付いていて、本来であれば、本体に組み付けると、本体部分の穴にツメが引っ掛かって固定されるようになているが、このツメが折れてしまった。

壊してしまった

もう3年~4年くらい使っているので買い換えてもいいのだけれど、気に入っているライトだし、そこはビンボー人ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

さて、どうやって修理するか。

とりあえず、ツメが折れてしまっているので、取り外しができるようにする事は諦めて固定する事にするが、エポキシ接着剤では接着面が小さすぎるのと、材質的に強力に接着できそうにない。
なので、金属のピンをクリア・パーツと本体に通して固定する事にする。

金属のピンで固定すると言っても、びっくりするほど大きな力が加わるわけではないので、ピンにはこれを使う事にする。ホッチキスの針だ。

金属のピン

針を一本ほぐし、まっすぐにする。

針を一本ほぐし、まっすぐにす

ドリルで穴を空けてピンを通すところなのだけれど、こんな細いドリルは持っていないので、熱を使って穴を空ける事にする。
どうするかと言うと…ピンをガスコンロで熱する!

ガスコンロで熱する

そして、熱のあるうちに「ブスッ」っと刺す!
これを、ピンを通せる4箇所で行う。

熱のあるうちに刺す 熱のあるうちに刺す

ピンを切り取り、ヤスリで整形して平面にする。

ピンを切り取り、ヤスリで整形する

更に、抜け防止と防水を兼ねて、エポキシ接着剤を塗り込む。

エポキシ接着剤を塗り込む

修理完了!

修理完了!

おしおし、これでもうしばらく延命だ。

0 0 0

広告

[amazon size="large"]B005LATOGA[/amazon][amazon size="large"]B005DX4VSQ[/amazon][amazon size="large"]B014ONLX1S[/amazon][amazon size="large"]B01GL84870[/amazon]
[amazon size="large"]B01N9G46UG[/amazon][amazon size="large"]B01N8P6TL0[/amazon][amazon size="large"]B01M2ZN816[/amazon][amazon size="large"]B01MPVSO1K[/amazon]

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=10197〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-