ESXi上のゲストOSのパーティション操作

ESXi上で稼働させている仮想マシンのディスクが足りなくなってしまった。

ディスクが足りなくなってしまった

最初に仮想マシンを作成した時に、ディスク容量をケチったら、Cドライブがいっぱいになってしまい、残り389MB。Windows Updateにも失敗するようになってしまった。
昔なら、ディスクのパーティション分割をやり直して、OSを再インストールという状況なのだけれど、最近はパーティションの構成を編集できる便利なツールがあるので、これを利用してなんとかしてみる。

「コンピュータの管理」で見ると、現在のパーティションの構成は、こんな感じ。

パーティションの構成

仮想マシンのディスク容量は、ESXiの管理パネルである VMWare vSphere Client を操作して増やすことができる。
40GB→60GBと、20GBを追加した。

20GBを追加 20GBを追加

再び「コンピュータの管理」で見ると、現在のパーティションは、こんな感じになる。

パーティションの構成

追加した20GBは末尾にある。
増やしたいドライブはCドライブなのだが、パーティションが連続していないと結合(拡張)できないので、この状態では、追加20GBをCドライブに追加する事ができない。
Dドライブを末尾に移動して、すなわち、以下の様な状態にする必要がある。

パーティションを移動する

このパーティションの移動は、以下のツールで行う事にする。

EASEUS Partition Master

しかし、ひとつ問題がある。
このツールはインストールが必要なのだけれど、現在稼働中のこの仮想マシンにインストールしたくない(余計なソフトウェアをインストールしたくない)。
かといって、ディスクは仮想なので、物理ディスクのように、他のハードにディスクを接続するというわけにはいかない。
どうするか。

考える。
考える。
考える。
ちーん。

物理ディスクと同じ様に、仮想ディスクを他の仮想ハードに接続すればいんじゃないのか。
そして、他の仮想ハードにツールをインストールして、接続した仮想ディスクのパーティションを操作すればいいのではないか。
やってみよう。
問題の仮想マシンをパワーオフした上で、VMWare vSphere Client で、問題の仮想マシンに接続されている仮想ディスクを、他の仮想ハードに接続する。

仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する

仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する 仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する 仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する 仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する 仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する

仮想ディスクを他の仮想ハードに接続する

他の仮想ハードを起動し、「コンピュータの管理」で見ると、こんな感じになる。

パーティションを移動する

Partition Master Free を起動し、Gドライブを末尾に移動する。

Gドライブを末尾に移動する Gドライブを末尾に移動する

続いて、Fドライブと未割り当て領域をを結合(Fドライブを拡張)する。

Fドライブを拡張する Fドライブを拡張する

変更を反映する。

変更を反映する

「コンピュータの管理」で確認する。
バッチリだ。

パーティションの構成

他の仮想マシンから、仮想ディスクを切り離す。

仮想ディスクを切り離す 仮想ディスクを切り離す

問題の仮想マシンを起動し、エクスプローラで確認する。

エクスプローラで確認する

無事、Cドライブが拡張され、Cドライブのディスク領域に余裕ができた。
Windows Update も成功。
よしよし。

0 0 0

広告

トラックバック 
〔http://blog2.zunbe.com/wp/wp-trackback.php?p=10053〕

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-