【2018年9月】

散り椿

「散り椿」を試写会で観た。

散り椿
散り椿 公式サイト



試写会に当選した。(^^)

試写状

原作は読んでないけれど、とにかく当選したので観にってみた。
物語としては、よくある時代劇と大差はない。
藩の不正、追われる男、沈黙を守る男、負い目を持つ男、愛を貫く女、様々な人間関係がうまくまとめられていておもしろかった。
しかし…榊原采女(西島秀俊)の最後はあっけなさすぎる。
原作も読んでみるかな。

イコライザー2

「イコライザー2」を試写会で観た。

イコライザー2
イコライザー2 オフィシャルサイト



試写会に当選した。(^^)

試写状

ずんべ の世代では、「イコライザー」と言うと、オーディオセットのフラフィックイコライザーを創造してしまうのだが、この映画で言う「イコライザー」は、社会の敵を抹殺するなどによって平穏を保つといった意味らしい。英語って難しい。

昼はタクシードライバーをしながら、夜は19秒で悪を成敗していくイコライザー。
ある日、自身の勇逸の理解者が殺され、その真相を追う。
そして、真相を突き止め、その敵と戦うのだが…。

戦いの場は、なぜか大嵐の中、住民全員が避難した島。
主人公は超人的に強く、かすりキズひとつ追わない。
もちろん、主人公は全員を打ち倒して勝利する。
出来すぎだ、とは思うのだけれど、娯楽映画でそんな事を気にしてはいけないか。
悪を打ち倒すヒーローの姿を楽しめばいいのだ。

告白

「告白」を読んだ。

[rbooks size="large"]9784575513448[/rbooks]



登場人物それぞれの視点で物語が進行する。私的には新しい読感でおもしろかった。
しかし、ラストはちょっと強引すぎないかい?
爆弾がある事がどうしてわかった?
爆弾の隠し場所がどうしてわかった?
専門家でもないのにどうやって爆弾を無効化した?
そして、専門家でもないのにどうやって爆弾を再び有効化した?
まぁ、そんな細かい事はどうでもいっか。

ハクソーリッジ

「ハクソーリッジ」をCSで視聴した。

ハクソーリッジ
ハクソーリッジ オフィシャルサイト



エグい描写が多いな…。

それはともかく、戦闘シーンの描写は、ちょっと行き過ぎの感がある。

・あんな入り乱れた乱戦にはならんやろ、とか、
・あんな乱戦の中で火炎放射器は使わんやろ、とか、
・敵味方数十メートルの距離で艦砲射撃で援護なんてありえんやろ、とか、
・数百メートル四方の絨毯状態で突撃はありえんやろ、とか、
・手榴弾をボレーとかキックとかありえんやろ、とか、

あまりにもキアルさからかけ離れている様に思う。

迫力のある映画ではあったけれど、あまり点数は出せないな…。

じょうろを修理

じょうろから水漏れするようになってしまった。
どこか穴が空いてしまったのだろうかと思ったのだけれど、どこにも穴は空いていないようだ。
どこから漏れているのだろうと調べてみると、ノズルの基の部分の中に入っている部品が粉々に砕けていた。

部品が粉々に砕けていた

粉々に砕けた部品は接着などして修復できる状況ではなさそうなので、この部品の代わりを作ってみる事にする。

ノズルの基の部分は、こんな構造になっている。

基の部分の構造

単純に輪の形状をしたパッキンを挟めばいいのではないかと思うのだが、単なるパッキンだと、こんな感じに隙間ができてしまい、ノズルが固定できず、うまくいかない。

パッキンではうまくいかない

どうにかして、こんな感じで隙間を埋める形状にする必要がある。

この形状にする必要がある

しかし、この形状の部品を作るのはちょっと難しい。
う~ん、と考えて、閃いた。
別にひとつの部品でなくても、こんな感じにふたつに分ければいいではないか。

ふたつに分ければいい

この前提で、がらくた箱をひっくり返して部品を探す。
あった。これでいこう。
幅広の輪ゴムと、プラレールの動力車の車輪に使う替えゴム。

幅広の輪ゴム プラレールの動力車の車輪に使う替えゴム

まず、輪ゴムをノズルのサイズに合わせて切り詰める。
適当なサイズに切って、ホッチキスでとめる。
ちなみに、このパーツは、隙間を詰めるのが目的で、水漏れとは関係ないので、水密性は気にしない。

輪ゴムをノズルのサイズに合わせて切り詰める

これをノズルに取り付ける。

ノズルに取り付ける

次に、プラレールの車輪の替えゴムを取り付ける。
これがパッキンの代わりになる。

プラレールの車輪の替えゴムを取り付ける

ノズルを本体に取り付ける。

ノズルを本体に取り付ける

キャップを取り付ける。

キャップを取り付ける

完成!

完成!

水を入れても、水漏れしない。
これでヨシ!

ニンジンちょい豚ゴマ和え

ニンジンちょい豚ゴマ和えを作ってみた。

ニンジンちょい豚ゴマ和え

先日、近所のスーパーで「詰め放題298円」をやっていて、ニンジンをたくさん買ったので(買ったしまったので、と言うべきか(^^;)、ニンジンを消費しようと、ニンジン料理にトライ。

詰め放題298円

まず、材料を切る。
ニンジン、豚肉、もやし、小松菜、しいたけ。

材料を切る

フライパンにごま油を投入。

ごま油を投入

野菜を全部投入し、ニンジンに火が通るまで炒める。

ニンジンに火が通るまで炒める

万能つゆ(少々)を投入。

万能つゆ(少々)を投入

みりん(少々)を投入。

みりん(少々)を投入

万能つゆとみりんの水分がなくなるまで炒め、皿に盛る。

万能つゆとみりんの水分がなくなるまで炒める

ゴマ和えの素を振りかけて完成!

ゴマ和えの素を振りかけて完成!

うまい!

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

最近のコメント

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe