【2018年4月】

車のランプをLED化

車のランプ(ストップランプ、バックランプ、ウィンカー)をLED化しようと計画した。

LED電球

LEDランプはそこそこ値段が張るのだけれど、安い商品を探したところ、こんな商品を見つけた。
この価格帯だと中国製だとは思うので、もう少しちゃんとした商品を、とは思うのだけれど、そこはビンボー人 ずんべ、安い商品でトライしてみる事にする。

以下のLEDを購入した。3種類、合計8個。

・ストップランプ用 ダブル /ホワイト ×2個
・バックランプ用  シングル/ホワイト ×2個
・ウィンカー用   シングル/ホワイト ×2個
・ウィンカー用   シングル/アンバー ×2個

購入したLED電球

どれも同じようなもので、ぱっと見で区別がつかないし、後で絶対にわからなくなるので、仕様をテプラで貼っておく。

仕様をテプラで貼っておく

さて、交換。
まずはフロントから。

極性があるので、反対に差し込むと点灯しない。
また、白熱電球よりLED電球の方が、少し長さがあるので、狭いところにねじ込むのはけっこう苦労する。せっかくのLED電球を壊さない様に、気を付けて取り付ける。

左が白熱電球、右がLED電球。

フロント 白熱球 フロント LED電球

点灯させてみる。
同じく、左が白熱電球、右がLED電球。
やはり、白熱電球の方が、全体的に光る感じではある。

フロント 白熱球 フロント LED電球

続いてリア。

ここで問題が発生した。ストップランプを取り付けても点灯しない。
WEBで調べてみると、極性があるらしい。「++--」と「+-+-」があるらしく、適合したLED電球を取り付ける必要があるらしい。知らなかった。
私のカローラフィールダーの場合、「無極性」の製品を取り付けなければならないようだ。
金額としては198円×2(396円)程度だけど、ちょっと悔しい。
仕方がないので、ストップランプは調達し直す事にして、今回はバックランプとウィンカーのみを交換する。

左が白熱電球、右がLED電球。

リア 白熱球 リア LED電球

点灯させてみる。
同じく、左が白熱電球、右がLED電球。

リア 白熱球 リア LED電球

やはり、白熱電球の方が、全体的に光る感じではあるが、LED電球はくっきり光る感じ。

取り外した白熱電球は、LED電球が故障した時のためのスペアとして保管しておく。

取り外した白熱球

購入したLED電球は、おそらく中国製で、耐久性や信頼性に難があるような気はするのだけれど、とりあえず、これで、ヨシ。
しばらく使ってみる。
一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-