【サービス】

200V電源

会社のエアコンが故障してしまった。

エアコン

電源を入れると動き出すのだけれど、あまり涼しい風は出てこず、数分すると止まってしまう。
電源を入れても、室外機ファンが回らない。
去年あたりから調子が悪かったのだけれど、いよいよ交換しなければいけないようだ。
このエアコンは、私が現在の事務所に引っ越してきた時に既に取り付けられていたもので、20年近く経過しているようなので、まぁ、交換時期でしょう。

と、いう事で、大家さんに相談したところ、大家さんの方でビルの設備として交換してくれる事になった。
大家さんの方でエアコンを手配し、業者さんが取り付けに来たのだが…。

このエアコンが業務用の扱いなので、私の方では取り外しと回収はできません。

なんですとぉ?
更に…

このエアコンの電源は動力電源ですね?
準備してきたエアコンは200V用のものですが、動力電源用ではありませんので、現在の電源は使えません。

え? どういう事?

どうやら、200V電源には2種類あって、単相200Vと、三相200Vがあるらしい。
単相200Vは、いわゆる「電灯」と呼ばれるもので、一般的に家庭用で契約している100V電源と同じ種類のもの。
三相200Vは、いわゆる「動力」と呼ばれるもので、一般的に家庭用で契約している電源とは別物。
知らなかった…。

ずんべ はこれまで、「200V=動力電源」だと思っていて、200V用のエアコンを使用する場合は、三相200Vを契約しなければならないものと思っていたので、「お金かかるなぁ」と思いながら、仕方なく電灯の契約とは別に、動力を契約していた。
動力はエアコンのためだけに契約しているので、夏場の数ヵ月以外はまったく使用しないのだが、当然、基本料金は1年中かかっていた。
これが、電灯の契約だけに集約できるという事になるので、これは嬉しい。
さっそく、動力の契約は解約。

とても勉強になりました。

ところで、元々のエアコンは業者さんが取り外してくれなかったので、大家さんと一緒に頑張って取り外す。
でかい、重い…。
汗だくで取り外し。

エアコン取り外し

で、業者さんが新しいエアコンを取り付け。

新しいエアコン

これまでのエアコンに比べて、とても静かで、「動いている」感がないのだけれど、もちろん、ちゃんと冷気が吹き出してくる(当り前か)。
とりあえず、よかった、よかった。
大家さん、ありがとうございます。m(__)m

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Googleマップ マイプレイスの不具合(その2)

Googleマップのマイプレイスを使っていて、「どうにかならんのか」というインターフェースの不具合をもうひとつ。
それは、線を引く時に、指定した座標(マウスでクリックした座標)とずれて線が引かれるというもの。

以下の手順で再現する。

Googleマップのマイプレイスにアクセスし、適当に線を引く。

適当に線を引く

引いた線が選択された状態になっているので、吹き出しの「×」ボタンをクリックして選択を解除する。

選択を解除する

引いた線線が見えなくなるところまで地図をスクロールする。

地図をスクロールする

左ペインの「線 1」をクリックする。
「線 1」が見えるところまで、マップが自動的にスクロールされる。
ただし、本来は、ここで「線 1」全体が見えるようにスクロールされるべきだと思うが、どう見ても正しい位置にスクロールされていない事に注意。

左ペインの「線 1」をクリックする

この状態で線を引いてみると、指定した座標とずれて線が引かれる。
点線が指定した座標だが、実際には左上の方に線が引かれてしまう。

指定した座標とずれて線が引かれる 指定した座標とずれて線が引かれる
指定した座標とずれて線が引かれる 指定した座標とずれて線が引かれる

この不具合も、WEBで検索しても、あまり情報が出てこない。
なんだかなぁ。
Googleともあろう会社が開発したシステムとは思えない。
もっとも、Googleマップは新しいGoogleマップに移行していくであろうから、これらの不具合は放置だろうな。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Googleマップ マイプレイスの不具合(その1)

Googleマップのマイプレイスを使っていると、「どうにかならんのか」というインターフェースの不具合にけっこう出くわす。
そのひとつが、「編集」ボタンをクリックした時や、左ペインの要素をクリックした時に、左ペインに異なる地図の要素が表示されてしまうというもの。

まず、正常に動作する操作。

Googleマップのマイプレイスにアクセスする。

マイプレイスにアクセスする

編集したいマップをクリックする。
ここでは、「2013/07/15 笠置山」をクリックする。

「2013/07/15 笠置山」をクリックする

たとえば、「登山口」をクリックする。

「登山口」をクリックする

「編集」ボタンをクリックする。
マップが編集モードに切り替わり、先にクリックした「登山口」の吹き出しも編集モードになる。

「編集」ボタンをクリックする

しかし、特定の操作をすると、おかしな表示になってしまう。
以下の手順で再現する。

一度、他のマップにアクセスする。
ここでは、「2013/07/21 二ツ森山」にアクセスしてみる。

他のマップにアクセスする 他のマップにアクセスする

この後、先ほどと同じ操作を行う。
Googleマップのマイプレイスのトップに戻る。

マイプレイスのトップに戻る

先ほどと同じく、「2013/07/15 笠置山」をクリックする。

「2013/07/15 笠置山」をクリックする

先ほどと同じく、「登山口」をクリックする。

「登山口」をクリックする

先ほどと同じく、「編集」ボタンをクリックする。

「編集」ボタンをクリックする

すると、右ペインは「2013/07/15 笠置山」のまま、左ペインには「2013/07/21 二ツ森山」の要素が表示されてしまう。

更に、この状態で、再び「2013/07/15 笠置山」のマップにアクセスすると、設定すてあるはずの「限定公開(URLで共有)」のラジオボタンが外れてしまう。

「限定公開(URLで共有)」のラジオボタンが外れる

WEBで検索しても、この不具合に関する情報は見当たらない。
ちなみに、IE でも FireFox でも Chrome でも同じ症状が出る。
どうにも使いにくくて仕方がない。
なんとかならないだろうか。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

読書メーター

友人の すわっち さんに勧められて、「読書メーター」に登録してみた。

book.akahoshitakuy
読書メーター

自分の読書量の統計がグラフで見えたり、いろいろな人の書評が読めて楽しい。
本を読む前のクチコミ情報としても参照できそう。

少々「ナイス」(facebookで言う「いいね!」)が押されすぎていて、評価として使えなさげなレベルになっているのがちょっと残念な気がするけれど、他の人が自分の書評を読んでくれる/興味を持ってくれるのは悪くない。

ずんべ は、そう読書量が多いわけではないけれど、ちまちま書き込みしていこうと思う。

ついでに「観賞メーター」にも登録してみた。

video.akahoshitakuy
観賞メーター

 こちらも、ちまちま書き込みしていこうと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

facebookの「いいね!」ボタンで小ハマリ

facebookの「いいね!」ボタンで小ハマリしたのでメモ。

あるサイトの構築作業をしていて、そのサイトにfacebookの「いいね!」ボタンを設置した。

「いいね!」ボタン

画像を変更したり、タイトルを変更したりしながら、「いいね!」ボタンの動作確認をしていたのだが、ある時突然、「いいね!」ボタンを押した時の挙動がおかしくなった。
コメントを入力できる様に設定していると、「いいね!」ボタンをクリックすると、普通は、こんなダイアログが表示されるのだが…

コメント入力ダイアログ

ある時突然、「いいね!」ボタンをクリックすると、一瞬だけコメント入力のダイアログが表示されるものの、すぐに消え、「いいね!」ボタンが「承認」というリンクに変化するようになった。

「承認」ボタン?

更に、「承認」をクリックすると、確認画面がポップアップして表示された。

承認ダイアログ

この画面に表示されている「いいね!」をクリックすれば、「いいね!」は完了するのだが、ダイレクトに動作しなくなってしまった。
なんだこりゃ?

いろいろWEBを漁ってみると、どうやら、「いいね!」を押す/取り消すを何度か行うと、facebook側でスパム防止のブロックをかける動作になり、「承認」が表示されるらしい。
しかも、この状態になると、その「いいね!」だけがブロックされるのではなく、サイト全体がブロックされる状態になってしまうようだ。
更に、これを解除する方法はなく、自然治癒されるまで待つしかないらしい。
自然治癒する条件は、「いいね!」がいくつか付くか、ある程度の時間が経過するかとか、さまざま推測があるようだが、決定的なものはないようだ。

スパムをブロックする機能というのは分からないでもないけど、これを悪用したら気にいらないサイトの「いいね!」を、承認の状態に変えてしまう事が可能になってしまうように思うのだが、大丈夫なんだろうか。
たくさん「いいね!」が付いているサイトなら、少々「いいね!」の取り消しがあっても大丈夫なんだろうが、このブログのように立ち上げたばかりの場合や、「いいね!」ボタンを設置したばかりとかの場合などでは、いとも簡単に承認の状態になってしまうような気がする。

ビミョーな機能な気がするな…。

とりあえず、開発サーバの環境で発生した問題なので、ドメインを変更して、別のサイトとしてしまう事で回復するか試してみた。

まず、たとえば、「www.zunbe.com」→「www2.zunbe.com」という様に、サブドメインを変更してみた。
結果はNG。
サブドメインをちょろっと変えただけでは、そのサブドメインもスパムと判定されてしまうようだ。
逆に言うと、名称が近いサブドメインだと、ひとつのサイトが承認の状態になると、別のサイトの煽りを食らって承認の状態になるという事になる。
このブログで言うと、現在の本体である「blog2.zunbe.com」と、先代である「blog.zunbe.com」は一蓮托生で、別のサイトとは見てくれないという事であるから、一方でブロックされると、もう一方もブロックされてしまう事になる。
こういうのは困るな。

次に、たとえば、「www.zunbe.com」→「www.zunbe.net」というように、サブドメインではなく、トップレベルドメインを変えてみた。
結果は、OK。
さすがに、トップレベルから変われば、別のサイトと見てくれるらしい。

■2013/05/30追記

変更前のドメインでアクセスして「いいね!」ボタンを押してみたら、既に回復していた。
もしかしたら、連続的な操作を「一時的なアタック」などと判定して、一時的にブロックするような動作もあるのだろうか。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

フリパン

「フリパン」というサービスがある。

フリパン
フリパン

このサービスは、毎月最大7枚のパンツが無料でもらえるというもの。
もちろん、無料なので、広告が入る。
どこに広告が入るのかというと、パンツそのものに入る。
なかなかおもしろいアイデアだと思う。

が…。
ずんべは、このサービスが始まってすぐに登録しているので、登録してから既に9ヵ月が経過しているのだが、パンツはまだ1枚も届いていない。
おもしろいサービスだと思うのだけれど、肝心のパンツが届かないのでは…。

そろそろ1枚くらい届いて欲しいなぁ…。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Path

世の中にあるSNSの中にPathというSNSがある。

Path
Path

Path自身がSNSであるのだけれど、facebook、Twitterなどへ連携しながら投稿できる機能を持っている。

ずんべは、PathをSNSとしてではなく、Instagram や Steply のような画像投稿ツールのように使っている。
ところが、どうにもうまく動いてくれない。
投稿しても、かなりの確率で facebook、Twitter にアップされない。
場合によっては、Pathに投稿されるが、自分のモーメントとして登録されず、更にはコメントも入力できないといった状況がよく発生する。
facebookだけでなく Twitter にも投稿されないところ、Path自身でも挙動がおかしくなるところ、などを見ると、Path側の問題であろうと思うのだが、改善されていくようには見えない。

しかし、WEBを漁っても、「facebookに投稿できない云々」という情報はあまり出てこない。
Pathを画像投稿ツールのように使っている人はいないのか、または、ずんべ の環境だけで発生しているのだろうか?

何にしても、アップできないならできないで、エラーくらい出して欲しい。
どうしてアップできないかわからないと、使う側で対処する事もできない。

だったら、Pathを使わずに、Instagram や Steply を使えばいいじゃないか、という話はあると思うのだけれど、Instagram は何が何でも画像を正方形に切ってしまうし、Steply は最近 Twitter に上がらない(今は改善されているかもしれない)状況があるなど、どうにも決定打となるツールがないという状態で、中でも一番マシそうで、参加している友人も多いPathを使っているというだけ。

確実に連携できるツールはないのかなぁ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

facebookページで小ハマリ

facebookページで投稿を「ページに表示しない」にしたら、その記事を操作できなって少しハマったので、メモ。

事の始まりはfacebookページに投稿した記事を編集しようとした事。
投稿した記事に画像があれば、記事の画像をクリック→「編集」と操作する事で投稿した文章を編集できるが、記事に画像がない場合、文章を編集する事ができない。
今回編集しようとした記事は画像がないので、この方法で編集できない。
そこで、新たに記事を投稿し、古い記事を削除する事にした。

ここで、古い記事を削除する操作でハマった。
記事の右上の鉛筆マークをクリックして、素直に「削除」をすればよかったのだが、見えなくすればいいや、と、「ページに表示しない」をクリックした。
この操作で、確かにfacebookページから記事は消えた。
しかし、この操作は「自分のウォール上で記事を表示しない」であって、「記事を非公開にする」という操作ではない。
すなわち、自分のウォールでは新たに投稿した記事のみが表示されているが、他の人のウォールでは新旧両方の記事が表示されている状態になってしまった。

ウォール上に記事が表示されていないので、当然、鉛筆マークもクリックできず、削除の操作ができない。
どうするべぇ。
いろいろ調べてみると、アクティビティ・ログにアクセスできれば、削除できるらしい。
facebookページではない、通常のアカウントのページであれば、自分のタイムラインのページにアクセスして、画面上に表示されている「アクティビティログ」ボタンを操作すればいい。
が、facebookページ上には「アクティビティログ」ボタンが表示されていない。
どうしたらいいんだ~っと、いろいろ探し回ったところ、以下の操作でアクティビティログにアクセスできた。

  管理用パネルを開く
    ↓
  「facebookページを編集」ボタンをクリック
    ↓
  「アクティビティログを利用」をクリック

非表示にしてしまった記事が参照できたので、鉛筆マークから削除ができた。

はふぅ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ドメイン移管で小ハマリ

このブログを運営しているドメイン「zunbe.com」のレジストラの移管を行おうとして少しハマったので、メモ。

これまで「zunbe.com」は、「お名前.com」に預けていた。
これを、「スタードメイン」に移管しようとして、小ハマリした。

経緯は以下の通り。

(1).「スタードメイン」から移管申請を実行。
(2).「スタードメイン」から移管承認のメールが着信。
    「承認」をクリック。
(3).本来ここで、「お名前.com」から移管承認のメールが送られてこなければならないのだが、送られてこない。
(4).移管承認のメールが送られてこない旨を「お名前.com」に連絡。
    しかし、なぜか「お名前.com」から問い合わせに対する返信がない。
(5).再び「お名前.com」に連絡。
(6).ここで、「お名前.com」の管理画面で移管の進行状況を確認しようとしたところ、既に「zunbe.com」が存在していない。
    「スタードメイン」の管理画面で移管の進行状況を確認したところ、既に移管が完了していた。

これはいったいどういう事だ?
「お名前.com」からは、移管承認のメールが送られてこないので、ずんべ は移管について承認をしていない。
にも関わらず、承認されて移管が完了している。
どういう事なのだろう?

ここで、「お名前.com」から返信が来た。
なんと、こんな回答だった。

comドメインに関しましては、弊社より送付される意思確認メールに対して「拒否」をしない限り、他社への移管が行われます。

えぇ~!!
デフォルトが「承認」だとぅ?
「comドメインに関しましては」と書いてある事から、ドメインの種類によってデフォルトが違うようだが、まさか、デフォルトが「承認」だというのは、想像だにしなかった。
確かに、上記の(1)のタイミングで、既に「お名前.com」から「Auth Code」を取得して移管申請をしているので、「移管承認のメールでは、確認するまでもなく承認である」という考えは成り立たなくもない気はする。
が、基本的に、この様な確認の場合、デフォルトは必ず「拒否/いいえ」であるべきだと思っていたのだが、その考えを打ち崩された。

ちなみに、「お名前.com」からメールが送られてこなかったのは、ずんべ がメールアドレスを設定していなくて、設定が「admin@onamae.com」になっているからだったらしい。
きちんと設定していたはずだが、もはや確認不可能なので、自分のミスであるとしか言えない状況であるのだが…。
それにしても、設定が誤っていると確認メールは飛んでこず、そして、確認メールに応答しないと自動的に承認になる。
ちょっと頂けない。

更に、「お名前.com」の問い合わせフォームから問い合わせを行うと、ドメインに結び付けられているメールアドレスに返信するようなので、すんべ が「お名前.com」に投げた問い合わせの回答は ずんべ の手元には戻ってこない(「お名前.com」の問い合わせフォームにはメールアドレスを記入する欄があるが、そこには返信しないようだ)。
まぁ、元はと言えば、ずんべ がメールアドレスを正しく設定していなかったのが問題であるようなのだけれど、どうよねぇ~これ、って感じがする。

世の中広い。
まだまだ自分の理解の外にあるものがたくさんあるのだと教えられた。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-