【映画】

フィフス・ウェイブ

「フィフス・ウェイブ」を観た。

フィフス・ウェイブ
フィフス・ウェイブ



試写会ではなく、ムービーチケットが当選した。(^^)

ムービーチケット

「フィフス・ウェイブ」って、どんな意味だろうと思っていたら「第5波」か。
宇宙人「アザーズ」は、人類を絶滅させようと、波状攻撃をかけてくる。
第1波攻撃:電磁波攻撃
第2波攻撃:地殻変動
第3波攻撃:疫病
第4波攻撃:寄生
そして、この映画は、第5波攻撃を受けた人類の物語。

先に点数を言うと、50点。
ぶっちゃけ、ストーリーの展開がわかりやすすぎる。
どんでん返し的な驚きのある展開はない。展開はすべて読める。
「迫りくる恐怖感」といったものはあまり感じない。
そして、味方は超人的に強い。
最後は「続く」で終了。

映画ではなくテレビでなら続編を観るかも。
映画館には観に行かないかな。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

アイ アム ア ヒーロー

「アイ アム ア ヒーロー」を試写会で観た。

アイ アム ア ヒーロー
アイ アム ア ヒーロー



試写会に当選した。(^^)

試写状

さて、どんな映画か。
日本のホラー映画というと、「リング」「らせん」などの、おどろおどろしいものが多い気がするが、この映画はハリウッドばりのドンパチ映画で、特に映画の後半は、いわゆるシューティングゲームのノリでバンバン撃ちまくり、ゾンビ(この映画ではZQN)をぶっ飛ばしまくる。
ドンパチ意外のシーンでも、随所随所で思わず「うぅ!」っと唸ってしまうようなシーンがあり、思わず足を踏ん張ってしまう。
しかし、ぶっちゃけ、映画そのものの内容はない。

ただ、残念なところが何点か。

劇中、スマホのSNSで「高度が高ければ病原体は死ぬから富士山に登れ」という描写があり、山の中に向かうのだが、結局、自動車が走る事ができる道路があるところまでしか登らないので、たいした高度までは上がらない。
せっかく劇中でこの描写を出したのだから、山頂まで登って、ZQNになってしまった比呂美を直すシーンは入れてほしかった。

ZQNになってしまった比呂美をもう少し活躍させてほしかった。
ZQNに変化した直後は、一度、英雄を助けるシーンがあったが、その後は足手まといでしかなく、最後に大量のZQN相手に戦うシーンでも、一切戦いには参加せずに終わる。
もうちょっと人間側に付いたZQNとして、敵であるZQNと戦ってもよかったのではないか。

細かいところだけれど、山を登ってアウトレットモールに到着した時、英雄の髭が濃すぎる。
数時間で生え過ぎだ!

原作を読んでいないけれど、原作に忠実に作ろうとした結果かな。
なかなか楽しめた(怖いけど)映画だった。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ちはやふる[上の句]

「ちはやふる[上の句]」を試写会で観た。

ちはやふる
ちはやふる



試写会に当選した。(^^)

試写会チケット

ずんべは、試写会に応募したのだけれど、実は「ちはやふる」が、どんな作品なのかまったく知らなかった。
何も考えずに出した応募が当たった。
当たったからには観に行こうと。

が…試写会の会場はけっこう遠い「TOHOシネマズ名古屋ベイシティ」だ。片道、約12Km。
電車で行けば、駅までの徒歩と乗り換え時間を含めて45分~1時間くらい。自転車で行ってもそんなに違いはないな。それなら、自転車で行くか。

さて、映画は…。
どんな作品か、まったく知らず、映画が始まって、はじめて「かるた」の映画である事、原作が存在している事を知った次第。
何の事前情報も無く観たのだが、楽しさあり、感動あり、真剣さあり、いろいろな要素は盛り込まれていて、意外におもしろかった。
なかなかよい作品だと思う。

内容云々以前に、ずんべがとても気に入った部分がある。
マンガが原作である作品を実写化した場合、無理にマンガに合わせようという描写がされる事が多い。たとえば、「がびーん」みたいなマンガでの表現を、無理に実写でやろうとするのである。ちょっと表現しにくいけれど、無理に原作に忠実に実写化しようとして、逆に違和感が出る感じか。
そもそも、絵で表現していた事を、そもまま実写化できるわけがないのだから、無理に合わせる必要はなく、「実写らしい」表現をすればいいのではないかと ずんべ は思っている。
(原作を読んでないのでナンですが)その点で、この作品では、無理にマンガに合わせた表現はなく、実写らしい表現がされていたように見える。
無理やりな表現がなく、とてもよかった。

この映画は、「上の句」「下の句」の2本セットで、試写会は残念ながら「上の句」のみ。「下の句」は試写会を開催しないようなので、映画館に見に行かないといけない。
実は ずんべ は、この手の日本映画を映画館で見た事がない。
2000円近くも支払ってまで観たいと思ったことが無いのだ。
しかし、この作品は、はじめて映画館で観たいと感じた。
ちょっと映画館で観てみるかな。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ザ・ブリザード

「ザ・ブリザード」を試写会で観た。

ザ・ブリザード
ザ・ブリザード



久しぶりに試写会に当選した。(^^)

試写会チケット

20代の頃は試写会のチケットはけっこう当選していて、毎週1本くらいのペースで試写会に当選していた。
当時は「往復はがきで応募」での応募だったこともあり、当然に競争率は低かったのだけれど、最近はネットで応募できるようになり、便利になった分、競争率が高くなってしまったようだ。
まぁ、仕方がないケド…。

ちなみに、上映前の舞台挨拶があり、ゲストは天達武史だった。
けっこう前の籍に座ったので、かなり近くで見たのだけれど…う~ん、フツーのおっさんだった。(^^;

さて、映画。
う~ん、どうも違和感を感じる。

同時に2隻の船が真っ二つに折れたらしいが、映画の中では1隻のみに焦点が当てられ、もう1隻はまったく画面の登場しない。
この作品は、もととも実話に基づくものであるので、実際に救助に行ったのは、この映画の通り1隻なのだろう。
しかし、映画なので、実話の通りでなければならないという事もないでしょう。
2隻の船が真っ二つに折れたのなら、その両方の物語ががあってもいいと思う。
この作品では、1隻の船での出来事と沿岸警備隊での出来事が、同時進行で展開される。ここにもう1隻が登場し、3者の出来事が同時進行してもいいのではないかと思う。

沿岸警備隊は、雪の降る極寒の中、船を真っ二つに折る程に荒れ狂う海に乗り出していく。
しかし、極寒の荒れ狂う海に乗り出している沿岸警備隊であるが、映像からは寒さはまったく感じられない。
救助艇は荒れ狂う海の上のはずなのに、乗船している沿岸警備隊員が映った映像は常に平穏そのもので、荒れ狂っている感じがまったくしない。もちろん、荒波を乗り越えるシーンでは荒れ狂っているのであるが、沿岸警備隊員が写ったときはまったく船は揺れていない。
演出上の都合なのだろうけれど、「極寒の」「荒れ狂った」海に乗り出しているはずなのだから、やはり、荒れ狂っていてほしかった。

60点かな。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

007 スペクター

「007 スペクター」を観た。

007 スペクター
007 スペクター



オープニング曲のバック映像には、これでもかと、タコがにゅるにゅる映される。
物語のどこで、このタコが食らい込んでくるのか…と思ったのだけれど、タコは最後まで出てこない。
なんだ?
もちろん、指輪に彫られている、スペクターの紋章がタコというのはわかる。

スペクター

しかし、ここにしかタコは出てこない。
紋章が、なぜタコであるかという説明は、本編中、どこにもなかったと思う。
なぜタコなんだろう?
なぜタコがこれほどまで前に出てくるのだろう?
ここまでタコを表に出す理由がわからない。

今回の作品は、中途半端にボンドのユーモア(?)が出ていて、ちょっと違和感があった。
カーチェイスの最中も、肝心のカーチェイスそのものそっちのけで、秘密武器のボタンを押しては「勘弁してくれよ」「やめてくれよ」と言う。
ぜんぜん笑えない。
敵役の車も、ボンドの後ろをついてくるだけで、何も攻撃してこない。オマケ程度に銃を何発か撃ってくる程度。
ぜんぜんハラハラしない。
最後はたいして撃たれても壊れてもいないに、ドブンと川に沈めて終わり。しかも敵役の車は、焼けはしたが健在。
ぜんぜんカッコよくない。

Qによるシステムへのハッキングも、さらっと数シーン、パソコン画面が表示されただけで、何重にも施されているという防御システムをあっという間に突破し、システムを掌握してしまう。
ストーリーの中では、「彼には特別な才能がある」という理由付けがされていたが、前作「007 スカイフォール」では、いとも簡単に敵システムからのハッキングを許してしまっている(しかも、自動プログラムにやられた!)ので、「特別な才能がある」だけでは説明力に欠ける気がする。

ラストのマドレーヌを救出するシーンでは、「たまたま見つかってよかったね」という感じの発見で、まったく労せずしてマドレーヌを発見している。やはりここは、壁をぶち破るようなハードなアクションで探すとか、この時点でハッキングに成功しているQが爆弾のありかを逆探知するなどで探すとか、何らかヒントを見つけて発見するとか、何か欲しかった。
残り数秒でビルから脱出する方法も、そのシーンに来るまでに、何度も映像に映し出されていたので、「あぁ、やっぱりこうか」で終わってしまった。ネタバレは、もうちょい寸止め効かせてほしい。

もちろん、映画はアクションだけではなく、前作までで張られた伏線を、うまく完結編的にまとめている。
マネーペニーの私生活というものが本編中に出てくるのも、アクセントとしては味があったと思う。

しかし、私的には今回の作品は…70点くらいかな。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

舟を編む

「舟を編む」をCSで視聴した。

舟を編む
舟を編む



辞書「大渡海」を作る物語。
様々な壁にぶつかりながら、少しづつ、少しづつ、「大渡海」は完成に近づいていく。
長い長い辞書の作成の間には、出会いがあり、別れがあり、愛があり、死もある。
大きな感動はないけれど...
大きな涙もないけれど...
何かが心に滲む作品だった。
書籍も読んでみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」を観た。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション
ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション



「ミッション:インポッシブル」は、作品毎に作風が変わる。
前作「ゴースト・プロトコル」は、どうもしっくりこなかった。
コメディ的な要素が細かく細かく盛り込まれていて、緊迫感に欠ける感じが ずんべ 的には「ミッション:インポッシブル」という作品とマッチしなかった。
最新作「ローグ・ネイション」はどうだろうか。

まず、オープニングの軍用機に貼りつくシーン。
あれ? これだけ?いや、まぁ、007のオープニング・アクションと同じ掴みのアクションだけれど、ちょっと薄いかな。
薄いと言うか、オープニングのほぼすべてが予告動画で流れてしまっているので、驚きも何もなく、もう一度予告編を見せられた感じ。
ちょっと拍子抜けした。

IMFが解体され、イーサン・ハントは国際指名手配を受ける事となったが…。
どこから資金を調達しているのか、最新の技術を使った機材をふんだんに持っている。なんでだ。
いや、これは映画だ。細かい事は突っ込むまい。

3分間息を止め、メモリカードを差し替えなければならない。
センサーがあって、ボンベなどは持ち込めないといった理由付けはあったけど、いやいや、革製の空気バッグとか、「息を止める」以外の方法はあるだろう。
いや、これは映画だ。細かい事は突っ込むまい。

敵のバイクを奪ってイルサを追いかける。
バイクで疾走するイーサンの前にイルサが立ち塞がり、イーサンは超高速でぶっ飛ぶ。しかもノーヘルだ。しかし、イーサンはキズひとつない。超人だ。
いや、これは映画だ。細かい事は突っ込むまい。

ツッコミどころはたくさんあったけど、アクションもいっぱいでおもしろかった。(^^)

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

永遠の0

「テレビ東京開局50周年 ドラマスペシャル 永遠の0」を観た。

永遠の0
永遠の0



放送当時に視聴していたのだけれど、録画しておいたものを再視聴。
3話で構成され、映画版よりも詳しく映像化されている。
特に宮部と大石の関係、特攻に出撃する時の状況が細かく映像化されている。
書籍を読んだ時には、「宮部はどうして特攻に行ったのか」がわからなかった。
映画版を観た時には、少し理解できた気がした。
しかし、このテレビ版を観て、はっきりわかった。
宮部は「自分だけが生き残る」事が耐えられなかったのだ。

直掩機は、特攻機を守るために出撃する。
戦闘機である限り、敵機を撃墜する事が任務であるが、直掩機の最大の任務は特攻機を守る事だ。
特攻機を守り、敵艦船に突入させることが任務だ。自分が盾になって撃墜されてでも、特攻機を守る。
しかし宮部は、自身が生きて帰るためには、盾になることはできない。
自分の命を捨ててまで特攻機を守る事ができないが、守る事ができなかった特攻機は、宮部の目の前で火を噴きながら落ちていく。
特攻に志願しない宮部は、何度も何度も葛藤の中で生き残るが、遂に耐えられなくなり、特攻に志願したのであろう。

よい作品だと思う。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ターミネーター: 新起動/ジェニシス

「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」を観た。

ターミネーター: 新起動/ジェニシス
ターミネーター: 新起動/ジェニシス



久しぶりに映画館に足を運んだ。
ターミネーターの最新作、どんなものか。

これまでのターミネーターで積み上げた、サラ・コナーを守るという基本ラインが完全にリセットされ、まったく新しい物語として進行していく。パラドックスのオンパレードで、頭の中が整理つかない。(^^;

T2では強敵だったT-1000も登場するが、旧式のT-800が、あっという間に葬り去ってしまう。
これまでの作品では、対抗できない強力な敵を相手に戦い、恐怖の連続だったが、今回の作品ではそれがない。

T1では、人間では対抗できないアンドロイド、T-800 が敵。
圧倒的な強さで、倒しても倒しても襲ってくる。

T-800

T2では、液体金属の T-1000 が敵。
T-800 ではまったく歯が立たず、防戦一方だったが、溶鉱炉に落として、なんとか勝った。

T-1000

T3では、更に強力な T-X が敵。
味方のターミネーターは新型の T-850 になったが、やはり、まったく歯が立たず、防戦一方。最後は自爆で、なんとかドロー。

T-X

T4では、再び T-800 が敵。
カイル・リースとマーカス・ライトが協力して戦い、なんとか倒したが、カイル・リースは心臓を貫かれ、マーカス・ライトの心臓を移植する事となってしまったので、勝ったとは言えない。

T-800

今回も新型ターミネーターは登場するが、まったく対抗できないほど強力な敵ではなく、T-800 が自前で作った武器を持つことで対抗できるレベルで、それほどの強さは感じない。
これまでのシリーズでは、迫りくる強力なアンドロイドと戦うという、圧倒的な恐怖感を感じながら物語が進行する。敵のアンドロイドは倒しても倒しても復活し、決して諦めることなく、どこまでも追ってくる。
しかし、今回の作品では、敵に圧倒的な強さはない。ラストでも、新型ターミネーターは、いとも簡単に旧式の T-800 に押さえ込まれてしまった。今回の作品では、最初から最後まで恐怖は感じなかった。

また、「ターミネーターが笑う」シーンも、どうにも、中途半端な感じが…。

笑うターミネーター

T2以降で何度か登場するシーンだけれど、今回の作品で必要だろうか。そもそも、今回登場する T-800 は、サラが9歳の頃から一緒にいるという設定で、かなり長い時間一緒にいるのに、本編中でサラが言う「人間性を教育中なの」という言葉も、今更という気がする。
また、この記事の冒頭の画像のシーンでも、「ヨロシクな」と言うなど、本編のところどころでターミネーターはジョークを言う。しかし、T2で言った「地獄で会おうぜベイビー」などのように、物語の伏線として出るセリフではなく、今回の作品では何らの伏線もなく、単にオヤジギャグを連発しているだけのように思える。
今回登場する T-800 が人間性を持っている事は、笑うシーンやギャグがなくても十分伝わるので、これらのシーンは、ちょっと余計な気がしてならない。

今回の作品は「新起動」で、これまでのシリーズからの縛りから決別し、別の方向性を模索しているのかな。
3部作らしいので、今後の展開に期待したい。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

悪の教典-序章-、悪の教典

「悪の教典-序章-」「悪の教典」をCSで視聴した。

akuno-kyouten
悪の教典



な…なんだこの映画は…。
あまりにもエグい…。
戦争映画の描写の方がエグさがない。
まともに観ていられなかった。

かなり以前に観た「バトル・ロワイアル」の様な感じ。
その「バトル・ロワイアル」はまともに観てはいなかったので、内容はよく理解していないのだけれど、バンバン人を撃ち殺す描写は、観るに堪えない。
正月早々に観る映画じゃなかった。orz

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-