【自分で作る・直す】

SDカードを修理

いつも使っているSDカードが、いつの間にか壊れてしまっていた!
接着が剥がれて中のICなどが見える状態で、プロテクト・ノッチも無くなってしまっている。(涙)
くっそー!

SDカードが、いつの間にか壊れてしまっていた!

このSDカードの容量は8GB。捨てるにはちょっと惜しい。

と、いう事で、ビンボー人 ずんべ は修理をトライしてみる事にする。

まず、無くなってしまっているプロテクト・ノッチを調達する。
手元には、マイクロSDカードをフルサイズのSDカードに変換するアダプタが山ほどあるので、これをひとつ潰してもいいのだが…

アダプタが山ほどある

以前に Aliexpress から購入して、まったく使い物にならなかった、超怪しい 512GB SDカードがあって、貧乏性の ずんべ は、使えなくなったSDカードも後生大事にとってあったのだけれど…

超怪しい 512GB SDカード
512GB SDカード(超怪しい)

これを分解してプロテクト・ノッチを調達する事にする。
接着面をカッターで切り開いて分解し、プロテクト・ノッチを取り外す。

分解する

プロテクト・ノッチを 8GB SDカードに取り付ける。

プロテクト・ノッチを 8GB SDカードに取り付ける

割れてしまったカバーを接着する。
接着は、例によって100円ショップで購入したエポキシ接着剤。

割れてしまったカバーを接着する

固定してしばらく待つ。

固定してしばらく待つ

修理完了!

修理完了!

PCに接続し、認識する事を確認。

PCに接続し、認識する事を確認

おしおし。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

サーバのファンを交換

社内のサーバの冷却ファンが故障してしまった。
サーバは DELL PowerEdge 700。

DELL PowerEdge 700 DELL PowerEdge 700
DELL PowerEdge 700 

2004年頃に購入したものなので、12年が経過しているマシン。
当時としては高性能のマシンだったけれど、32ビットCPU、搭載可能なメモリは最大4GBで、VM環境なども作れないので、流石に古さを感じるけれど、ストレージ・サーバや、バックアップ・サーバとしては、十分に使える性能なので、今でも Windows Server 2008 を入れて現役で稼働中だ。

12年も動かしていれば、ファンなどの機械部品が壊れるのは仕方がない。
ファンの故障で捨ててしまうのはもったいないので、修理する事にする。

しかし、DELLのファンには少し問題が。
マザーボード側のコネクタが、一般の形状と違うのである。

コネクタ形状

左がDELLのファンに付いているコネクタ、右が通常のコネクタ。
一般的に販売されているファンのコネクタは右のコネクタなので、そのままでは取り付けられない。コネクタを付け直す必要がある。
DELLよ、なんでこう、標準規格ではない部品を使うかな。何のために規格が制定されていると思ってるんだよ。しょうもない設計をするなよ。

さて、ファンを交換しようと、ストックしてある部品を探してみるが、交換する12cmのファンがない。
ファンそのものは部品として販売されているので問題ないが、部品を購入して届くまでの間、なんとかしないといけない。仕方がないので、ストックしてある部品の中で、風量が多そうなファンを探してみた。

応急パーツ

これも、DELLのサーバに付いていたものであるが、そのサーバはアタッチメント的にファンを交換できる構造のもので、これまたコネクタ形状が違う。
仕方がないので、取り外したファンのコネクタを、このファンに移植する事にする。
こんな感じ。絶縁がセロハンテープだけど、応急処置なので、とりあえずこれで。

応急パーツのコネクタを交換

ファンは、とりあえず、結束バンドで固定。

応急パーツを仮取り付け

まずは、これでよし。12cmのファンを購入するのだが、当然の事ながら、DELLのタイプのコネクタが付いているものは販売されていない。
取り外したファンの型式で検索すると、日本国内では見つからなかった。Aliexpressなどでは、そのものズバリの型式のものが見つかるが、残念ながらコネクタの形状については書かれていないので、購入はためらわれる。
どうするか。

(1).購入したファンのコネクタを、応急処置をしたときと同様に、付け替える。
(2).いわゆる延長ケーブルを購入し、DELLの形状のコネクタに付け替える。

前者(1)の方が安く済むわけだけど、新品のファンのケーブルを切断するのは少々ためらわれるので、後者(2)を選択する。

とりあえず、ファンを購入。

交換パーツ

US .72 7% OFF|NEW 12V 4Pin & 3Pin 120mm x 25mm 12025 Red Color Nine Sickle Leaves Fan PC Case System Cooling Fan
US .72 7% OFF|NEW 12V 4Pin & 3Pin 120mm x 25mm 12025 Red Color Nine Sickle Leaves Fan PC Case System Cooling Fan

別に延長ケーブルを購入。

延長ケーブル

これを加工して、DELLのマザーボードに繋げられるようにする。
応急処置の時は、簡易的にセロハンテープで絶縁したが、本修理では熱収縮チューブを使う事にする。

延長ケーブルのコネクタを交換 熱収縮チューブ

ファンに接続。

交換パーツに接続

筐体に取り付けて試運転。

交換パーツを取り付け

 これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

中国製WEBカメラで小ハマリ

このエピソードの続き。

中国製WEBカメラで小ハマリ

再び中国製のWEBカメラを購入した。

中国製WEBカメラ

価格は $3.07。先に購入した中国製WEBカメラよりは少し高いが、それでも 314円くらいだ。安い。

しかし、やはり、中国製品といえば、品質だ。きちんとした製品である事を願うのだが…。

まずは撮影してみる。

テスト撮影 テスト撮影

うん、撮影は問題なさそうだ。
しかし、ピント合わせをするために、レンズ部分を回している時に、少し違和感が。何の違和感だろう。
むむ、よく見ると、レンズが歪んでいる。

レンズが歪んでいる

あきらかに歪んでいる。
このパーツは、単にレンズ部分を回すだけのもので、おそらく、実際にレンズが付いているわけではないだろうから、撮影そのものに大きな問題はないとは思うが、ちょっと気になる。

さて、どうするか。

【選択肢1】
ショップにクレームを入れて代替品を送ってもらうか。
しかし、中国通販サイト(Aliexpress)のショップは、どのショップでも常にそうなのだが、クレームを入れても、何だかんだと言ってなかなか代替品は送ろうとしない。
何度も何度もやりとりをしないといけないので、ひじょうにメンドクサイ。
【選択肢2】
捨ててしまうか。
数百円の商品と言えど、それは悔しい。
【選択肢3】
ダメ元で修理をトライしてみるか。

前回と同じ選択肢だ。
ここはやはり、選択肢3で行く事にする。

とりあえず、分解してみる。

分解してみる

やはり、回す部品は、やはり単に回すだけのものだった。
つまり、工場で組み立てをする時に組み付けがいい加減と言う事だろう。

ところで、カメラの先端部分にテープが見える。

テープが見える

これは、先のカメラの問題と同様、滑ってピント合わせができない問題が発生したのだろうな。
やはり本来は、溝を切るなりして滑らない様にする必要があるのだろうけれど、既に生産してしまった部品に手で溝を切るわけにもいかないだろうから、応急処置的に両面テープで対処したのだろう。
元々のテープは乾燥してしまっていて粘着力がなくなっているので、貼り直す。

テープを貼り直す

レンズ部分をまっすぐにして組み付け直す。

組み付け直す

修理完了。

修理完了

中国製品はいろいろメンドイのう…。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

シフトワイヤーをセミ・インナー化

ずんべは、GIANT OCR3 と GIANT TCR0 を持っていて、近距離用と遠距離用に使い分けている。
OCR3 は、一昨年に事故をした時にフロント回りが壊れてしまったけど、修理して復活させたもので、近距離用に使っている。
TCR0 は、その事故の時に保険で購入したもので、遠距離用に使っている。

OCR3 のシフターは、SHIMANO ST-3300 で、こんな感じ。

SHIMANO ST-3300

TCR0 のシフターは、SHIMANO 105 11S で、こんな感じ。

SHIMANO 105 11S

OCR3 の方は、シフトワイヤーが「びよ~ん」という感じで繋がっているが、TCR0 の方は、シフトワイヤーはブレーキワイヤーのようにハンドルに沿ってバーテープの下にインナー化されていて、ハンドル周りがすっきりしている。

今回は、OCR3の「びよ~ん」となっているシフトワイヤーを TCR0 のようにインナー化してみようと思う。
ただし、シフターそのものを改造するわけではないので、完全にインナーかする事は難しい。ある程度ワイヤーが出る前提で、セミ・インナー化を狙ってみる事にする。

まず、部品を調達する。
シフトワイヤー×2、アウターワイヤー×必要長、アウターキャップ×4、ワイヤーエンドキャップ×2。

シマノ シフトインナーケーブル SUS 2100mm×φ1.2mm Y60098911
シマノ シフトインナーケーブル SUS 2100mm×φ1.2mm Y60098911
ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD ブルー
ALLIGATOR(アリゲーター) シフト用アウターケーブル Φ4×2000mm LY-166UD ブルー
ALLIGATOR(アリゲーター) LY-HPB13-1-S シフト用アウターキャップ 3個入 シルバー
ALLIGATOR(アリゲーター) LY-HPB13-1-S シフト用アウターキャップ 3個入 シルバー
Ruler(ルーラー) ワイヤーエンドキャップ 10個入り ブラック LY-IPA03BK
Ruler(ルーラー) ワイヤーエンドキャップ 10個入り ブラック LY-IPA03BK

樹脂製のアウターキャップは、いつもこんな感じに割れてしまうので、今回は金属製のものを選んでみた。

樹脂製は割れてしまう

バーテープを取り外し、ワイヤー引き回して、仮どめしてみる。

ワイヤー引き回してみる
ワイヤー引き回してみる ワイヤー引き回してみる

シフトワイヤーを前後のディレイラーに繋ぎ、調整する。

シフトワイヤーを前後のディレイラーに繋ぎ、調整する シフトワイヤーを前後のディレイラーに繋ぎ、調整する

バーテープを巻く。

バーテープを巻く バーテープを巻く

本当は、シフターから出るところで90度曲げたいのだけれど、いくらなんでも無理なので、ケーブルはこんな感じに、ちょこっと出てしまう。
無理やり90度曲げれば、こんな感じで曲がらない事はないのだが…文字通り無理やりで、ワイヤーにも無理がかかるのは明らかなので、これは諦めた。

90度曲げる

完全にインナー化する事はできなかったけれど、元の「びよ~ん」の状態から比べると、ずいぶんスッキリしたと思うのだが、どうだろうか。

■ビフォアー

ビフォアー

■アフター

アフター

無理にワイヤーを曲げているので、シフト操作が少し硬くなった感があるけれど、まぁ、これは許容範囲でしょう。馴染んでこれば、問題なくなる(と思う)。

これでしばらく乗ってみる。(^^)

ちなみに、ずんべ の場合は、ワイヤーを直接曲げる形で取り付けたけれど、シフトワイヤーのガイドパイプというものが販売されている。

アリゲーター LY-VBP09 シフターガイド パイプ ブルー 151-00364
アリゲーター LY-VBP09 シフターガイド パイプ ブルー 151-00364
ギザ シフト リード パイプ 3個セット ブラック(CBP03400)
ギザ シフト リード パイプ 3個セット ブラック(CBP03400)

90度曲げられる商品はないようだけれど、こういった部品を活用できれば、もう少しスッキリさせられるのかもしれない。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

中国製WEBカメラで小ハマリ

中国製のWEBカメラを購入した。

中国製WEBカメラ

価格は $2.61。現在のレートだと 280円くらいだろうか。安い。

しかし、中国製といえば、気になるのは品質だ。

さっそく撮影してみる。
キーボード(距離 約15cm、約30cm)。

キーボード(ピンボケ) キーボード(ピンボケ)

本棚(距離 約2m)。

本棚(ピンボケ)

がっくり…。
完全にピンボケだ。
WEBカメラと言うと、その用途から考えて、普通は50cm~1mくらいの距離で、そこそこピントが合った状態で出荷されていそうなものなのだが、大幅にピントがズレているように見える。

しかし、このWEBカメラはオート・フォーカスではなく、マニュアル・フォーカス。
レンズ部分を回すとピント合わせができるので、回してみる。

フォーカス

が…まったく変化しない。
ピントのズレ具合が変わらないのではない。まったく変化しない。
なんだこれは?
中国製の製品の品質に期待しているわけではないけれど、こうもハズレが多いとイヤになる。

さて、どうするか。

【選択肢1】
ショップにクレームを入れて代替品を送ってもらうか。
しかし、中国通販サイト(Aliexpress)のショップは、どのショップでも常にそうなのだが、クレームを入れても、何だかんだと言ってなかなか代替品は送ろうとしない。
何度も何度もやりとりをしないといけないので、ひじょうにメンドクサイ。
【選択肢2】
捨ててしまうか。
数百円の商品と言えど、それは悔しい。
【選択肢3】
ダメ元で修理をトライしてみるか。

ここはやはり、ビンボー人ずんべ、直せるかどうか自信はないが、おそらく中はワンパッケージの基板が入っている簡単な構造で、ピンボケの原因はごく単純なことだろうと考え、選択肢3で行く事にする。もしダメでも選択肢2になるだけだ。

とりあえず、分解してカメラ本体を取り出してみる。思った通りワンパッケージになっている。

カメラ本体

先端の8角の部分を手で回してみると、普通に回る。
ピント調整はできるように見える。

先端の8角の部分と、カバーが噛みあっていなくて、滑っているのだろうか。

カバー側

この大きな8角で、滑るなんて考えられないのだが…。
組み付けて回してみるが、きちんと回るように見える。
どういうことだ?

組み付けた状態に戻して回してみる。
回しながらよく見ると、8角の部分は回っているが、基板と繋がっているネジ部分が回っていない様に見える。

ネジ部分が回っていない?

う~ん、空回りしているぞ。
どういうことだ?

再びカメラ本体を取り外して、先端部分をマジマジと見てみる。
あれ? この8角の部分、別パーツじゃないか?
つまんで引っ張ってみると… あ! 外れた!

8角の部分は別パーツ

先端部分(8角の部分)が別パーツなのだが、円形の部分には引っ掛かりも何もなく、ここが空回りしていたのだ。
これはちょっと設計がショボいでしょ。
ここが滑ったら、当然ピント合わせはできないわけで、接着するなり、溝を掘って滑らないようにするなり、組み付けの時に滑らない状態にまで押し込むなり、何らかの設計上または製造上の対処が必要でしょ。

で、どうするか。
精密部品であるので、接着剤を使ったり、溝を掘るなどの変形させるような事はしたくない。
最後の「滑らない状態にまで押し込む」で行く事にする。

滑らない状態にまで押し込む

強めにぐっと押し込んでみる。
回しても滑らないようになった。
これでいい事にしよう。

元通りに組み付ける。

元通りに組み付ける 元通りに組み付ける

再び撮影してみる。今度はピントの調整ができた。
キーボード(距離 約15cm、約30cm)。

キーボード キーボード

本棚(距離 約2m)。

棚

ちゃんとピントを合わせる事ができた。
とりあえず、これでヨシ。
しかし、中国製の製品は、いろいろメンドクサイのう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

変速機のネジで小ハマリ

自転車のフロント・ディレイラーの取り付けネジがなくなっている。

フロント・ディレイラーの取り付けネジがなくなっている

実はなくなってからずいぶん経つのだが、ずっと放置していた。
ネジを1個買えばいいだけの話なのだが…。

ネジを調達しようと、GIANTに問い合わせてみると…。

ネジだけの販売はしておりません。取り付け金具とセットであれば販売できます。価格は1,500円です。

むむ…ネジだけは手に入らないのか。

何軒か自転車の修理をやっているショップなどに問い合わせてみたのだけれど、どこもネジだけは売っていないとの回答。
マヂで? ネジ1個って買えないの?

藁にもすがる思いでFacebookで「誰かネジ余ってない?」と聞いてみると、こんな回答が。

現品をホームセンターに持っていって合わせれば、50円位で済みそうですけど。

はっ! そうか!
頭の中で「ポムっ」って音がした。
こんなもの、特殊なネジであるわけがない。当然、規格品だ。そりゃそうだ。

と、いう事で、現品を持ってホームセンターへ。
あった。

コノエ 皿頭小ねじ 鉄 ユニクロメッキ 5x15 入数130
コノエ 皿頭小ねじ 鉄 ユニクロメッキ 5x15 入数130
コノエ 皿頭サッシュ小ねじ ステンレス 5x15 入数85
コノエ 皿頭サッシュ小ねじ ステンレス 5x15 入数85

六角ではなくプラスネジだけど、まぁ、いいでしょう。

皿頭小ネジ 5M×15

取り付け。

取り付け完了

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 1

ホイール反射板取り付け

1年半ほど前に事故した時、自転車のフロント回りがいろいろ壊れているのだけれど、ホイールに取り付けられていた反射板も壊れてしまっていたのだけれど、やはりいかんよね、という事で修理をする事にした。

まず、部品を調達する。
GIANTストアとかに注文すれば、反射板は手に入るのだろうけれど、修理代は安く抑えたい。
100円ショップで売ってないだろうか。
とりあえず、近所の100円ショップに行ってみると、こんな感じの商品はよく置かれている。

RR-316-WUW/WUA ホイールリフレクター (2コ) クリアー
RR-316-WUW/WUA ホイールリフレクター (2コ) クリアー
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクターミニ クリア Y-4737
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクターミニ クリア Y-4737

これではなく、細長いタイプが欲しいのだが…。
何軒か100円ショップを回ったらあった。これこれ。

キャットアイ(CAT EYE) ホイールリフレクタ [RR-550N-WUW] JIS規格適合品 RR-550N-WUW
キャットアイ(CAT EYE) ホイールリフレクタ [RR-550N-WUW] JIS規格適合品 RR-550N-WUW
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクター クリア Y-4731
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクター クリア Y-4731

さっそく購入し、借り組みしてみたのだが…まっすぐ付かない。
反射板の中央部分に彫られている溝がまっすぐじゃないのだ。

溝がまっすぐじゃない

中国製だからなのか、こういう仕様なのか。
なんだかな。
いずれにしても、このままではまっすぐ付かないので、溝を削ってまっすぐにする。

溝を削ってまっすぐにする

とりあえず、取り付けてみる。

取り付けてみる 取り付けてみる

単純にパチッと取り付けられそうだけれど、ただ取り付けただけでは、衝撃などで外れてしまいそうなので、反射板の両端を固定する事にする。
まず、反射板の両端にドリルで穴を開ける。

ドリルで穴を開ける ドリルで穴を開ける

ホイールには何で結びつけるか。テグス糸にするか、結束バンドにするか。
がらくた箱をひっくり返してみる。
カレンダーか何かに使われていた針金があった。これで行こう。

針金

ホイールに結び付ける。

ホイールに結び付ける ホイールに結び付ける

完成!

完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 1

バイクカバーを補修

このエピソードの続き。

バイクカバーの紐にバックルを取り付ける

先日の強風で紐がちぎれてしまった。

先日の強風で紐がちぎれてしまった

と、いうことで補修する。
ついでに、紐は、バイクの腹の部分に一本だけだったのだけれど、後輪の部分に追加して、紐を二か所にする事にする。

まず、腹の紐(既存の紐)を補修する。

腹の紐(既存の紐)を補修

次に、後輪の部分に紐を追加する。
例によって、がらくた箱をひっくり返し、必要な部品を探す。
サイド・リリース・バックル、紐、布地。

必要な部品を探す

取り付ける。

取り付ける 取り付ける

完成!

完成! 完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ハンドルバー・エンド

自転車のハンドルのハンドルバー・エンドをどこかで落としてしまった。

ハンドルバー・エンドを落とした

ハンドルバー・エンドだけでも販売されていて、価格はピンキリ。
買ってもいいけど、以前に話に聞いたもので代替してみる事にする。

それは、これ。

一升瓶のキャップ

一升瓶のお酒などに使われるキャップだ。
酒屋さんでもらってきた。

取り付けてみる。

ぴったり!

おぉ!ぴったりだ!
アップの写真だと、「霧島」とか見えてしまうが、遠目で見るとわからない。
気になるようなら色を塗ってもいいし。

とりあえず、これでいってみよう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 1

手袋を補修

手袋に穴が空いてしまった。

手袋に穴が空いてしまった

ダイソーで購入した200円のスマホ手袋なのだけれど、ビンボー人 ずんべ は直してみる事にする。まずは、パッチの布を準備する。
使い古しのシャツを捨てる時に一部を切り取ってとってある布から切り出す。

パッチを切り出す

縫う。

縫う

修理完了。

修理完了

少々雑か。まぁ、いいでしょう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

アーカイブ

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-