【自分で作る・直す】

部屋干し用物干し竿

最近、台風が連続して上陸し、なかなか洗濯ができなかったのだが、なんとか洗濯物を部屋干しできないかと考えて、部屋干し用の物干し竿を作ってみた。

部屋干し用物干し竿

これまでは、洗濯ハンガーを襖の桟に無理やり引っ掛けてみたり…

洗濯ハンガー

部屋のコーナーに、三角にパイプを渡してみたり…

三角にパイプ

いろいろ試してみたのだが、どうにもイマイチで、なんとかならないものかと思っていたのだが、家の中で物干し竿を渡せるところはないものかと見まわしてみると、玄関の左右に渡せるところがある事に気が付いた。

 物干し竿を渡せる場所

ここに物干し竿を渡して、洗濯物を干せるようにしようと思う。

要するに左右に渡せる棒があればいいのだけれど、水分を吸って重くなった洗濯物をぶら下げるので、できるだけ頑丈な棒を使いたい。
最初は100円ショップで売られている突っ張り棒を購入しようかと思ったのだけれど、突っ張り棒では重さに耐えられないように思えるのでやめた。

突っ張り棒

そこで、ホームセンターで適当な棒を探す事にした。
できるだけ軽くしたかったし、ある程度の加工もしたかったので、木の丸棒を探したのだが、十分な強度がある太さで1.5m程度だと、1,500円~2,000円くらいする。けっこう高い。

木の丸棒

もうちょっと安いものはないかとホームセンターの中を探したところ、金属製だけど、ちょうどいい長さで安いものが見つかった。

金属パイプ

最終的に欲しい長さは1.28mなのだが、この商品は1.20mで、ちょっと足りない。
もうひとつ長いサイズは2.00mなのだが、金属のパイプを切断できる工具を持っていない。
どうしようかと悩んだのだけれど、1.20mのパイプの両端にアジャスターを取り付けて、足りない0.08mを補う事にした。

アジャスター

パイプが400円弱、アジャスターが70円弱/1個、合計500円強くらい。
金属製のパイプは少々重いけど、そんな頻繁に使うものではないし、持ち歩くものでもないので、安さを優先して、重量は許容する事にする。

さっそく組み立てる。
組み立てると言っても、金属パイプの両端にアジャスターを差し込むだけ。
ちょっと緩かったので、内側にガムテープを貼って、きつく押し込んで固定した。

組み立てる 組み立てる

購入した時は気が付かなかったのだけれど、アジャスターをよく見ると、面取りがされていた。
転がらないように面取り加工しようと思っていたので、手間が省けた。

面取りされている

完成した物干し竿を渡してみる。

物干し竿をかけてみる

いい感じだ。

洗濯物をかけてみる。

洗濯物をかけてみる

よしよし、これで雨が続いても安心だ。

使っていない時は、洗面台横の隙間に立て掛けておくことにした。
うちのマンションは、けっこう築年数が経っているので、パイプスペースなんてなく、配管が剥き出し。(^^; しかし、パイプスペースだと完全に使用できない空間になってしまうものが、剥き出しであるが故に収納スペースとして活用できるのだと前向きに考える。(^^)

未使用時の収納

これでヨシ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ホイールをブレ取り

このエピソードの続き。

スポークを修理

スポークは修理できた。
しかし、この状態ではホイールが歪んでしまっているので、歪みを直してまっすぐにする必要がある。

と、言うことで、次はホイールのブレ取りにチャレンジしてみる。

スポーク交換完了

ホイールのブレ取りには、ブレ取り台が必要なのだけれど、残念ながら、ずんべは持っていない。

購入してもいいのだけれど、10年に1回とかしか使う事はないと思うので、この出費は避けたいところ。

うまい方法はないか。
う~ん、と考えて、閃いた。自転車のフロントフォークをブレ取り台の代用にしてみよう。

自転車をひっくり返して置く。

自転車をブレ取り台に

左右のフォークに、隙間マーカーを取り付ける。

隙間マーカーを取り付ける 隙間マーカーを取り付ける

これでホイールを回せばブレがわかるので、ニップル回しでスポークの締め具合を調整し、根気よく歪みを取っていく。

根気よく歪みを取る

調整完了!

調整完了

お安くホイールが修理/調整できた。(^^)
おしおし。
これでしばらく乗ってみる。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

スポークを修理

自転車のフロント・ホイールのスポークが折れてしまった。

スポークが折れた

さて、どうしようか。
以前に一度折れた事があり、その時はプロ・ショップで修理してもらったのだが、今回はどうするか。
選択肢はいくつか考えられる。

(1).再度プロ・ショップに依頼する。
(2).買い換える。
(3).自分で修理する。

もう10年近く乗っている自転車で、ホイールも同じだけ使っている。スポークが折れるのは2回目、以前にも事故でぶつけてしまっているホイールなので、いいかげん買い換えてもいいのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

必要な部品と工具を揃える。

購入する必要がある部品は、スポークとニップル。
スポークは、いろいろサイズや太さがあるので、実際にメジャーで測って合うものを選ぶ。
ニップルは購入したスポークに付属していた。

必要な工具はニップル回し。

修理開始。

折れたスポークを取り外す。

折れたスポークを取り外す

新しいスポークを通す。

新しいスポークを通す

ニップルを入れる。

ニップルを入れる

ニップルにスポークを差し込み、ドライバーで締め込む。

ドライバーで締め込む

ニップルが出てきたら、ニップル回しで締め込む。

ニップル回しで締め込む

交換完了。

交換完了

スポークの交換そのものはそう難しくなかったが、問題はここからだ。
ホイールが歪んでしまっているので、歪みを直す必要がある。
いわゆるブレ取りが必要なのだが、ブレ取りは次のエピソードで。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

尻パッチ(その2)

このエピソードの続き。

尻パッチ

お尻が破れてしまったズボンはもう1本ある。

お尻が破れているもう1本のズボン

これも、もう1本と同様、似た色合いのパッチを探してきて、同じ様に修繕してみたのだが…失敗した。
お猿さんのお尻になってしまった。(T_T)

失敗…お猿さんのお尻 失敗…お猿さんのお尻

う~ん、もう買い換えようか。
いや、もうワントライしてみる!
裏にパッチを当てる方法でリトライしてみる事にする。

まず、パッチを小さく切り直す。

パッチを小さく切り直す

パッチを裏側に当てる。

パッチを裏側に当てる パッチを裏側に当てる

アイロンで接着する。

アイロンで接着する

アイロンで接着する アイロンで接着する

パッチを縫いつける。

パッチを縫いつける パッチを縫いつける

ここからが問題だ。
穴は空いているものの、生地の糸は残っているので、これを編むように縫ってみる事にする。

編むように縫う 編むように縫う

一応、穴にあわせて、こんなイメージで縫ってある(粗いけど(^^;)。

縫いイメージ

完成!

完成! 完成!

一応、穴は塞がった(直し方が合っているのかどうか疑問があるのだが…(^^;)。
これでしばらく使ってみる。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

尻パッチ

ずんべはロードバイクに乗っており、当然のように、お尻の部分が破れてしまう。
こんな感じに。

お尻の部分が破れた

ユニクロで購入した、そう高くもないズボンなので、買い換えてもいいのだけれど、尻パッチをあてて、延命してみようと思う。
小学生の頃は、滑り台とかでよく遊んだので、お尻の部分はよく破れた。破れたお尻の部分は、母親がパッチをあててくれたのだが、それ以来なので、40年ぶりか。(^^;
オトコの裁縫をがんばってみる事にする。

まず、パッチを購入する。
アイロンで接着するタイプのものを選択。

パッチを購入する

補修位置に合せてカットする。

補修位置に合せてカットする

お尻の破れた箇所に合せる。

お尻の破れた箇所に合せる

アイロンをかけて接着する。

アイロンをかけて接着する アイロンをかけて接着する

このズボンは自転車に乗る時に使うもので、接着だけでは心許ないので、念のため縫う。

念のため縫う

完成!

完成!

パッチが当てられている事はハッキリわかるけれど、自転車専用で使うと割り切って、これでいいことにする。
そのうち馴染むでしょう。(^^;
しばらく使ってみる。