【自分で作る・直す】

車のランプをLED化(その8)

このエピソードの続き。

車のランプをLED化
車のランプをLED化(その2)
車のランプをLED化(その3)
車のランプをLED化(その4)
車のランプをLED化(その5)
車のランプをLED化(その6)
車のランプをLED化(その7)

車のランプのLED化で後回しにしていたヘッドライト周りのLEDを進めようと思う。
今回は、ヘッドライト周りでもっとも簡単そうなポジションランプのLED化を行う。

愛車カローラフィールダーのポジションランプは「T10」と呼ばれるタイプの電球。
T10のLED電球は、実は手元にたくさんある。

LED電球

これは、1年くらい前に、Yahoo!ショッピングで送料込み1円とかで売られていたのを見つけて、ごそっと購入したもの。

送料込み1円

この中から、ポジションランプに使える白色の電球を探したのだけれど...こんなにLED電球があるのに、白色のLED電球がひとつも無い!
いや、正しくはあるのだけれど、前方方向にしか光らない指向性が強いタイプで、広い範囲から視認できる事が保安基準で決められているポジションランプ用には向かない。

指向性が強いLED電球

仕方がないので、新たに白色のLED電球を購入しようかと思ったのだけれど、もう少し粘って、いろいろWEBを漁ってみると、条件によってはポジションランプの色はアンバーでもいいらしい。
たくさんあるLED電球の中に、広い角度に照射できるタイプのアンバーのLED電球はある。

アンバーのLED電球 アンバーのLED電球

アンバーの電球を使っていい条件は「平成17年以前に製造された車」というもので、ずんべ の車はこれに合致する。
しかし、本当にこの条件でアンバーの電球が使えるのか、確証が欲しい。
再びWEBを漁ってみると...あった!

道路運送車両の保安基準第2章及び第3章の規則の適用関係の整理のため必要な事項を定める告示
【2009.10.24】第32条(車幅灯)

このPDFによると、以下の様に条件が記載されている。

平成十七年十二月三十一日以前に製作された自動車については、保安基準第三十四条の規定並びに細目告示第四十五条、第百二十三条及び第二百一条の規定にかかわらず、次の基準に適合するものであればよい。

そして、「第二号ロ」に、以下の様に記載されている。

車幅灯の灯光の色は、白色、淡黄色又は橙色であり、そのすべてが同一であること。

項番「2」に、「第二号ロ」を適用しない条件が記載されているが、ずんべ の車はこの条件に合致しないので、除外されない。

もっとも、T10の白色LED電球は、購入したとしても、そう高いものではない(国内の通販で購入しても1個100円程度から、Aliexpressであれば1個0.3ドル程度からある)ので、今回の交換用に購入してもいいのだけれど、手元に使用できるLED電球があるのに、わざわざ購入する必要もないと思うので、ポジションランプはアンバーのLED電球を取り付けることにする。

さて、交換。
ボンネットを開け、ポジションランプのコネクタを探す。

ポジションランプのコネクタを探す

けっこう深いところにあって、指が入らない。
その上、けっこう固いので、なかなか回らない。
苦労したけれど、取り外し成功。

取り外し成功

白熱球を取り外し、LED電球に交換する。

LED電球に交換

取り付ける前にテスト点灯。OK。

テスト点灯

元通りに取り付け、再びテスト点灯。
左が白熱球、右がLED電球。

白熱球 LED電球

薄暮で点灯させてみると、こんな感じ。
ちょっとダサいか?

箱暮で点灯 箱暮で点灯

とりあえず、これでヨシ!

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

クリップ・ストッカー

クリップ・ストッカーを作ってみた。

クリップ・ストッカー

口の部分に磁石が取り付けてあり、「シャカシャカ」っと振ると、飛び出してきたクリップが磁石にくっついて止まるので、それを取り出す。

がらくた箱をひっくり返して材料を探す。
適当なサイズの容器で、適当な口の大きさのもを探す...。あった!
アースノーマットの取り換えボトルがよさそうだ。

アースノーマットの取り換えボトル

磁石は、100円ショップで売られているネオジウム磁石を使う。

ネオジウム磁石

容器のキャップを取り除く。

容器のキャップを取り除く

容器の口に、ネオジム磁石を取り付ける穴を空ける。
ほんの少し小さめの穴を空けて、ネオジム磁石を「ぐっ」っと押し込めるようにする。

ネオジム磁石を取り付ける穴を空ける

ネオジム磁石を開けた穴に押し込む。

ネオジム磁石を開けた穴に押し込む

エポキシ接着剤で固定する。
ただし、容器の材質は、エポキシ接着剤では強力に接着できないと思われるので、気休め程度。ホットボンドなどの方がいいかもしれない。

エポキシ接着剤で固定す

完成!

実際に使ってみる。

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

車検とLED灯火(2)

このエピソードの続き。

車検とLED灯火

リアのウィンカーが「黄色すぎる」という理由で車検に通らないだろうという指摘があった。
とりあえず車検では、白熱電球に戻して通したのだけれど、この対策をしようと思う。

対策と言っても、LED電球を「白」から「アンバー」に交換するだけ。
さっそく、T20/7440/アンバー のLED電球を購入。

T20/7440/アンバー

ところが! 車に取り付ける前に、試しに点灯させてみると...

点灯テスト

暗い...。
購入した2本とも暗い。
不良品か? もしかして、24V用か?
商品の詳細をよく読み直してみると...「Wattage: 1w」って書いてある! なんですと?

Wattage: 1w

商品名には「W21W」って書いてあるのに!

W21W

くっそう、超悔しい。

仕方がないので、今度はワット数を気にしながら、再びLED電球を購入し、点灯テスト。

点灯テスト

今度は大丈夫。

さっそく、LED電球を交換する。
左が取り外した「白」のLED電球、右が購入した「アンバー」のLED電球。

LED電球

点灯させてみる。
左が「白」のLED電球、右が「アンバー」のLED電球。
写真ではわかりにくいけれど、オレンジ色になった。

LED電球 白 LED電球 アンバー

よし、これで問題ないでしょう。

 

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

扇風機のスイッチを修理

扇風機のスイッチが故障してしまった。

スイッチが故障

扇風機を購入するとき、電子式のスイッチにするか、機械式のボタンにするか迷ったのだけれど、電子式のスイッチの場合、数年するとスイッチの表面カバーが破れてしまうなどの状態になるのが常なので、敢えて機械式ボタンの製品を選んだのだけれど、故障してしまった。残念。

「弱」「中」「強」のボタンを押すと、押し込まれた状態で「カチッ」っと止まって扇風機が回り出すはずであるが、ボタンを押しても、ボタンが戻ってしまう。
さて、どうするか。

もう5年以上使っている扇風機なので、買い換えてもいいのだけれど、そこはビンボー人 ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

台座を取り外す。

台座を取り外す

裏蓋を取り外す。

裏蓋を取り外す

ボタン・セットを取り外す。

スイッチを取り外す

ボタン・セットを分解する。

スイッチを分解する

写真ではわかりにくいけれど、ボタンを押すと、金具が横にスライド(青の矢印)して、カチッとロックする様になっている。
これがスムーズにスライドしていないようなので、潤滑油をさして(赤の矢印)スムーズに動くようにする。

潤滑油をさす

ボタン・セットを組み直し、ボタンの動作テストをする。

動作テスト(切) 動作テスト(弱) 動作テスト(中) 動作テスト(強)

ボタンを押すと、カチッとロックするようになった。
元通りに組み直す。ついでに、羽根、カバーを掃除。

羽根、カバーを掃除

組み立てた状態で、再び動作テスト。

バッチリだ。

修理完了

今年の夏もがんばってくれたまえ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

オイル交換

先日、愛車カローラフィールダーを車検に出したのだけれど、今回出した業者さんは、オイル交換が別料金となっていたので、ビンボー人 ずんべ は、費用をケチってオイル交換とオイルフィルターの交換を自分でする事にした。
自分でオイル交換をするのは何年ぶりだろう? 25年ぶりくらいだろうか。

オイル交換

必要な部品を揃える。
・エンジンオイル(5W-30、SM規格、40リットル)
・オイルフィルター(トヨタ型番:90915-10003相当)
・ドレンガスケット

エンジンオイル(5W-30、40リットル オイルフィルター(トヨタ型番:90915-10003相当) ドレンガスケット

オイルフィルターを交換するために、フィルターレンチを購入。
今回はチェーンのタイプのものを購入してみた。

フィルターレンチ

オイル交換では、廃油をどう処理するかが問題になる。
ずんべ が住んでいる愛知県名古屋市では、「エンジンオイルは布や紙に染み込ませるか、廃油処理キットで処理した上で可燃ごみとして捨てる」事になっている。

家庭ごみ・資源の分別早見表<あ行>

廃油処理ボックスは数百円で購入できるのだけれど、ビンボー人 ずんべは、この数百円をケチって、廃油処理ボックスを自作する事にした。
厚手のビニール袋、ボロ布、段ボール箱を調達し、廃油処理ボックスを作成。
ボロ布は、近所のクリーニング店の店頭で回収していた古着を店の人に断って頂戴した。また、私は自治会の役員もやっていて、毎月行っている廃品回収でも古着が出るので、ボロ布は簡単に調達できる。いずれにしても、タダ。(^^)

廃油処理ボックス

さて、オイル交換を開始。
まず、エンジンを少し回して、オイルを温める。
もちろんリフトなどはないので車の下に潜り込んでドレンボルトを外し、自作の廃油処理ボックスにエンジンオイルを落とす。

エンジンオイルを抜く

オイルフィルターを取り外す。
取り外すときに、ある程度オイルが漏れるので、下に廃油処理ボックスを置いておくのを忘れずに。

オイルフィルターを取り外す

ここで、ドレンボルトをひと工夫してみた。
ドレンボルトをマグネット・ドレンボルトに変更してみようと思う。
しかし、マグネット・ドレンボルトはそれなりに価格がするので、これを自作する事にする。自作すると言っても、ドレンボルトに強力な磁石を付けるだけ。
100円ショップなどでも売られているネオジム磁石を準備する。

ネオジム磁石

これを、ドレンボルトにエポキシ接着剤で接着する。
ネオジム磁石は強力な磁石なので、接着しなくても落ちる事はないように思うけど、念のため。

ドレンボルト ドレンボルトに接着

このドレンプラグを元通りにオイルパンに取り付け、新しいオイルフィルターを取り付け、エンジンオイルを入れる。
オイルフィルターを取り付ける時は、取り付け面に少量をオイルを塗るのを忘れずに。

一旦エンジンを動かしてオイルフィルターにもオイルを回した上で、レベルゲージでオイルの量を確認。OK。

レベルゲージで確認

廃油処理ボックスは封をして、燃えるごみの日に破棄する。

廃油処理ボックスは封をして、燃えるごみの日に破棄

オイル交換完了。

オイル交換完了

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ワイパーアーム/ブレードをリペア

愛車カローラフィールダーのワイパーは、こんな感じに錆び錆びになってしまっている。
これを再塗装してきれいにしてみる。

ワイパー

ワイパーアームを取り外す。
まず、マイナスドライバーなどでこじってキャップを外す。

キャップを外す キャップを外す

ボルトを取り外し、ワイパーアームを取り外す。

ワイパーアームを取り外す ワイパーアームを取り外す

穴の中がゴミだらけなので、軽く掃除しておく。

軽く掃除しておく

ワイパーアームからワイパーブレードを取り外す。

ワイパーブレードを取り外す

ワイパーブレードからワイパーラバーを取り外す。

ワイパーラバーを取り外す

錆を取り除く。

錆を取り除く

塗装する。

塗装する

ワイパーラバーを元通りに取り付ける。

ワイパーラバーを取り付ける

車に元通りに取り付ける。

車に取り付ける 車に取り付ける

完成!
左が塗装前、右が塗装後。

塗装前 塗装後

試運転。

バッチリだ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

車検とLED灯火

愛車カローラフィールダーを車検に出した。

カローラフィールダー

今回は、灯火をLED電球に変更したり、発煙筒をLEDタイプの非常信号灯に変更したりと、車検に引っ掛かる可能性がある変更を行っているので、ドキドキだ。

これまで車検は、知人の紹介で、近所のディーラー(と言っても、トヨタではなくスズキ)に依頼していたのだけれど、そのディーラーが移転してしまい、遠くなってしまったので、今回は楽天車検で近所の店舗を探して依頼した。
楽天車検を経由すると5,000円の割引があったり、キャンペーン中でネット予約で1,600ポイントが貰えたり、この店舗では支払でTポイントが溜まるなど、ちょっとしたお得感もある。
紹介コードが付与されたので、よろしければどうぞ。

【楽天車検】紹介コード:XY5O7AZV(有効期限 2019/11/19)

楽天車検で予約をしたところ、すぐに店舗から電話がかかってきた。
「車の灯火類をLED電球に交換しているが、車検に通るか」と確認したところ、回答は「いろいろ要件はありますが、通ります」との事。
この店舗では、実際に車検に出す前に、事前点検をするとの事で、車を持ち込んで確認してもらった。
LED電球に関しては、基本的には、以下の点が問題になるとの事だった。

①照射範囲
②色

①に関しては、360度全周囲に光が照射されないといけない。
LED電球は白熱球と違い、光に指向性があるので、このような制限があるのだと思われる。
360度全周囲に照射される必要があるので、このようなタイプのLED電球ではダメと言う事だと思われる。

私は、このようなタイプを使っていたので、①については問題なかった。

しかし、②に引っ掛かった。あくまでも車検場の見解ではなく、店舗の見解ではあるけれど、リアのウィンカーが「黄色すぎる」という理由で車検が通らない可能性があるという。
左がLED、右が白熱球。写真ではわかりにくいけれど、確かに黄色い。

LED電球 白熱電球

黄色すぎると言われても、取り付けてあるLED電球の色は白なので、発色はウィンカーのカバーの色によるという事になる。白熱球も色は白なのだが、白熱球の白は黄色みがかった白なので、黄色みがかった白とカバーの黄色が合わさって、ちょうどいいオレンジの発色になるという事だろう。
カバーをどうにかする事はできないので、とりあえずリアのウィンカーは白熱電球に戻して車検を通す事にした。
今後どうするかは、車検から車が戻ってきてから考える。しかし、LED電球の色を白からアンバーに変えてみるくらいしかないかな。

ちなみに、フロントのウィンカーは、カバーがクリアで電球色がアンバーなのだが、こちらは問題なかった。ストップランプ、バックランプ、ナンバー灯もLED電球で問題なしだった。

ウィンカー(フロント) ストップランプ バックランプ ナンバー灯

使用期限が切れた発煙筒の代替で装備した、LEDタイプの非常信号灯も問題なく車検を通過。

非常信号灯

概ねLED化は成功か。
今回はヘッドライトもLEDかしてみるかな。

ところで、私の愛車カローラフィールダーは、車歴15年を越えており、やはり、いろいろ部品の交換が必要だった。

(1).タイヤ

前輪2本のスリップラインが出ていて、車検が通らないとの指摘があり、交換する事にしたのだけれど、左後輪のサイドに異常な凸凹があるとの事で、交換した方がいいとの指摘があり、4本すべてを交換する事にした。
30,992円也。

しかし、車検の度にタイヤのローテーションはしていたのだけれど、前輪と後輪で減りに偏りがあるというのは、ちゃんとローテーションができていなかったという事なのだな。これは反省。

(2).スタビライザーのテンションロッド

スタビライザーのリンクロッド(右側)から油漏れがあり、車検が通らないとの指摘があり、交換。
左側は前々回の車検の時に油漏れが発見されて交換している。
10,800円也

(3).スタビライザーのロアブーツ(左右とも)

このままでも車検は通るけれど、左右ともかなり潰れていて、近い将来完全に潰れるかも、との指摘があり、更に、もし潰れた場合、修理代は痛い出費になるかも、と言う事で、左右とも交換する事にした。
両方で12,960円也。

(4).バッテリー

毎回、車検のタイミングで交換しているのだけれど、これは自分で購入して交換。
今回は、再生バッテリーを使う事にした。
新品のバッテリーを購入するか、再生バッテリーを購入するかは、単純に、その時の価格で決めていて、安い商品を購入している。今回は、再生バッテリーの方が安かったので、こちらを選択。

(5).ワイパーブレード

毎回、車検のタイミングで交換しているのだけれど、これは自分で購入して交換。
正確には、ワイパーブレードではなく、ワイパーラバー(ゴム部分)のみを購入。
更に、切って使うタイプを選択。
更に、Aliexpressから購入したので、0.88ドル(送料込み)也。

しかし、ワイパーブレードは錆びてきているので、次回はブレードごと交換かな。

(6).エンジンオイル/オイルフィルター

前回まで車検に出していたディーラーでは、オイル交換は無料だったので、やってもらっていたのだけれど、今回、車検を出したところはオイル交換は有料との事で、久しぶりに自分でオイル交換をする事にした。
自分でオイル交換をするのは何年ぶりだろう。20年ぶりくらいだろうか。
まだ交換していないけれど、オイル、オイルフィルター、工具などを調達して、交換してみようと思う。

(7).エアコンのエアフィルター

かなり汚れているとの指摘。
車を購入してから、一度も交換した記憶がないのだけれど、これまでに業者さんが交換していたのだろうか。
取り外してみると、たしかに汚れている様なので、部品を調達して交換してみようと思う。

年間1,000Kmしか乗らない車だけど、車検も通したし、もう少し整備して、あと2年延命だ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

空気入れを修理

空気入れが壊れてしまった。

空気入れが壊れてしまった

この空気入れは、愛車 GIANT OCR3 を購入した頃からあるもので、10年近く使っているものなので、買い換えてもいいとは思うのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

接着されていたものが剥がれたようなので、単に接着すればよさそうなのだけれど、接着だけよりも強度を上げたいので、接着する事に加えて、金属のピンを打ち込んで補強する事にする。
金属のピンと言っても、仰々しいものではなく、いわゆるホッチキスの針を使う。
ただし、いつもであれば、一般的なホッチキスの針を使うのだけれど、今回の固定は、それなりに力が加わると思うので、もう少し強いものを使いたい。
そこで、近所のドラッグストアで貰ったクーポン冊子を留めるのに使われていた、大き目の針を使う事にする。

大き目の針を使う

冊子から針を取り外し、ラジオペンチで曲げて、打ち込み用のピンを作る。

打ち込み用のピンを作

ピンバイスで穴を空ける。

その上で、まず部品同士を接着する。

部品同士を接着する

ピンを挿し込む。

ピンを挿し込む

ピンを接着する。

ピンを接着する

接着剤が固まったら、気持ち、色を塗っておく。

色を塗っておく

空気入れ本体に取り付けたいのだけれど、取り付け用のツメ2本のうち1本が折れてしまっている。

取り付け用のツメ折れてしまっている 取り付け用のツメ折れてしまっている

これは修理しようもなさそうなので、取り付けた上で、外側からガムテープで固定する事にする。

ガムテープで固定する事にする

修理完了!

修理完了!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ミニはんだこて台すべり止め

ミニはんだこて台を購入した。

DIYWORK Metal Support Station With Solder Sponge Electric Soldering Iron Stand Holder Small And Simple Soldering Iron Frame
DIYWORK Metal Support Station With Solder Sponge Electric Soldering Iron Stand Holder Small And Simple Soldering Iron Frame

 

機能としては十分なのだけれど、とてもサイズが小さく重みがないので、机の上に置いて使うと、滑ってしまう。

ミニはんだこて台

そこで、ミニはんだこて台に滑り止めを取り付けることにした。滑り止めはこれ。
100円ショップで売っている、滑り止めシート。

滑り止めシート

適当なサイズにカットする。

適当なサイズにカットする

エポキシ接着剤で接着する。

エポキシ接着剤で接着する エポキシ接着剤で接着する

完成!

完成!

これでヨシ!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

アフィリエイトリンク整形ツール

今年の1月に、AmazonがアフィリエイトAPIの利用ポリシーを変更した。

Product Advertising API

[重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更について

このブログのアフィリエイトは、ちょこちょこ売れはするものの、波もあり、残念ながら、新しいポリシーでは、APIを利用する権利を確実に維持できるほど、常に実績を上げられるほどではない。
本業が忙しくて、なかなか対処できなかったのだけれど、いい加減、何か対処をしようと重い腰を上げた。

さて、どうするか。

(1).Amazonのアフィリエイトを諦めて、楽天のアフィリエイトなどに切り替えて一本化する。

(2).Amazonのアフィリエイトをなんとかする。

前述の通り、Amazonのアフィリエイトでバンバン売れているわけではないし、実は、送料が有料化されてから、私自身がAmazonをあまり利用しなくなったので、正直、(1)でもいいとは思う。
しかし、せっかくの機会なので、以下の事もやりたい。

(A).楽天アフィリエイトのリンクを、このブログ用に簡単に装飾/変換したい。

Amazonでも楽天でも、提供されているツールを使うと、簡単に商品リンクは作れるのだけれど、基本的には、そのまま貼り付ける事を前提としてて、サイズや装飾などはお任せになる。

Amazon 楽天

APIであれば、商品名、商品画像、商品リンクといった商品の基本情報だけを取得して、好きなようにレイアウトを作成して出力できるのだけれど、ツールの場合はそうはいかない。

そこで、ツールで取得した貼り付け用のHTMLを整形して、このブログ用のHTMLに変換するプログラムを作成する事にする。

ツールの画面はダサダサだけど、こんな感じ。

Amazon 楽天

 

変換ツールを動かしてみる。

Amazon 楽天

ツールで変換したアフィリエイトリンクを貼ってみる。
こちらは、サイズが小さい、ページ下部の「広告」ブロック用。
Aliexpressも加えて比較。

Amazon 楽天 Aliexpress
Original Gundam HG 1/144 Model MS 06S ZAKU 2 PRINCIPALITY OF ZEON CHAR AZNABLE Mobile Suit THE ORIGIN GTO Kids Toys BANDAI
Original Gundam HG 1/144 Model MS 06S ZAKU 2 PRINCIPALITY OF ZEON CHAR AZNABLE Mobile Suit THE ORIGIN GTO Kids Toys BANDAI

こちらは、サイズが大きい、本文用。

Original Gundam HG 1/144 Model MS 06S ZAKU 2 PRINCIPALITY OF ZEON CHAR AZNABLE Mobile Suit THE ORIGIN GTO Kids Toys BANDAI
Original Gundam HG 1/144 Model MS 06S ZAKU 2 PRINCIPALITY OF ZEON CHAR AZNABLE Mobile Suit THE ORIGIN GTO Kids Toys BANDAI

 

APIで作るリンクであれば、コードを「タグ+コード」を書き込むくらいでアフィリエイトリンクが作れるけれど、ツールから作成したリンクを整形するには、たくさんコピペをしなければならないので、少々めんどくさい。

しかし、Amazonと楽天のアフィリエイトを、あまり区別せずにブログに貼れるようになったので、とりあえず、これでいいことにする。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-