【自分で作る・直す】

ホイールをブレ取り

このエピソードの続き。

スポークを修理

スポークは修理できた。
しかし、この状態ではホイールが歪んでしまっているので、歪みを直してまっすぐにする必要がある。

と、言うことで、次はホイールのブレ取りにチャレンジしてみる。

スポーク交換完了

ホイールのブレ取りには、ブレ取り台が必要なのだけれど、残念ながら、ずんべは持っていない。

MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1
MINOURA(ミノウラ) 振取台 FT-1
Tacx Exact Truing Stand T3175 タックス 振れ取り台【並行輸入品】
Tacx Exact Truing Stand T3175 タックス 振れ取り台【並行輸入品】

購入してもいいのだけれど、10年に1回とかしか使う事はないと思うので、この出費は避けたいところ。

うまい方法はないか。
う~ん、と考えて、閃いた。自転車のフロントフォークをブレ取り台の代用にしてみよう。

自転車をひっくり返して置く。

自転車をブレ取り台に

左右のフォークに、隙間マーカーを取り付ける。

隙間マーカーを取り付ける 隙間マーカーを取り付ける

これでホイールを回せばブレがわかるので、ニップル回しでスポークの締め具合を調整し、根気よく歪みを取っていく。

根気よく歪みを取る

調整完了!

調整完了

お安くホイールが修理/調整できた。(^^)
おしおし。
これでしばらく乗ってみる。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

スポークを修理

自転車のフロント・ホイールのスポークが折れてしまった。

スポークが折れた

さて、どうしようか。
以前に一度折れた事があり、その時はプロ・ショップで修理してもらったのだが、今回はどうするか。
選択肢はいくつか考えられる。

(1).再度プロ・ショップに依頼する。
(2).買い換える。
(3).自分で修理する。

もう10年近く乗っている自転車で、ホイールも同じだけ使っている。スポークが折れるのは2回目、以前にも事故でぶつけてしまっているホイールなので、いいかげん買い換えてもいいのだけれど、そこはビンボー人ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

必要な部品と工具を揃える。

購入する必要がある部品は、スポークとニップル。
スポークは、いろいろサイズや太さがあるので、実際にメジャーで測って合うものを選ぶ。
ニップルは購入したスポークに付属していた。

DT SWISS チャンピオン 1.8mm シルバー 4本セット 275~294mm 286mm(SKS01131)
DT SWISS チャンピオン 1.8mm シルバー 4本セット 275~294mm 286mm(SKS01131)

必要な工具はニップル回し。

CYCLE PRO(サイクルプロ) クロモリ製ニップル回し #10/11/12/13/14/15 スポークレンチ CP-TL25SW
CYCLE PRO(サイクルプロ) クロモリ製ニップル回し #10/11/12/13/14/15 スポークレンチ CP-TL25SW

修理開始。

折れたスポークを取り外す。

折れたスポークを取り外す

新しいスポークを通す。

新しいスポークを通す

ニップルを入れる。

ニップルを入れる

ニップルにスポークを差し込み、ドライバーで締め込む。

ドライバーで締め込む

ニップルが出てきたら、ニップル回しで締め込む。

ニップル回しで締め込む

交換完了。

交換完了

スポークの交換そのものはそう難しくなかったが、問題はここからだ。
ホイールが歪んでしまっているので、歪みを直す必要がある。
いわゆるブレ取りが必要なのだが、ブレ取りは次のエピソードで。

一連記事:

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

尻パッチ(その2)

このエピソードの続き。

尻パッチ

お尻が破れてしまったズボンはもう1本ある。

お尻が破れているもう1本のズボン

これも、もう1本と同様、似た色合いのパッチを探してきて、同じ様に修繕してみたのだが…失敗した。
お猿さんのお尻になってしまった。(T_T)

失敗…お猿さんのお尻 失敗…お猿さんのお尻

う~ん、もう買い換えようか。
いや、もうワントライしてみる!
裏にパッチを当てる方法でリトライしてみる事にする。

まず、パッチを小さく切り直す。

パッチを小さく切り直す

パッチを裏側に当てる。

パッチを裏側に当てる パッチを裏側に当てる

アイロンで接着する。

アイロンで接着する

アイロンで接着する アイロンで接着する

パッチを縫いつける。

パッチを縫いつける パッチを縫いつける

ここからが問題だ。
穴は空いているものの、生地の糸は残っているので、これを編むように縫ってみる事にする。

編むように縫う 編むように縫う

一応、穴にあわせて、こんなイメージで縫ってある(粗いけど(^^;)。

縫いイメージ

完成!

完成! 完成!

一応、穴は塞がった(直し方が合っているのかどうか疑問があるのだが…(^^;)。
これでしばらく使ってみる。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

尻パッチ

ずんべはロードバイクに乗っており、当然のように、お尻の部分が破れてしまう。
こんな感じに。

お尻の部分が破れた

ユニクロで購入した、そう高くもないズボンなので、買い換えてもいいのだけれど、尻パッチをあてて、延命してみようと思う。
小学生の頃は、滑り台とかでよく遊んだので、お尻の部分はよく破れた。破れたお尻の部分は、母親がパッチをあててくれたのだが、それ以来なので、40年ぶりか。(^^;
オトコの裁縫をがんばってみる事にする。

まず、パッチを購入する。
アイロンで接着するタイプのものを選択。

パッチを購入する

補修位置に合せてカットする。

補修位置に合せてカットする

お尻の破れた箇所に合せる。

お尻の破れた箇所に合せる

アイロンをかけて接着する。

アイロンをかけて接着する アイロンをかけて接着する

このズボンは自転車に乗る時に使うもので、接着だけでは心許ないので、念のため縫う。

念のため縫う

完成!

完成!

パッチが当てられている事はハッキリわかるけれど、自転車専用で使うと割り切って、これでいいことにする。
そのうち馴染むでしょう。(^^;
しばらく使ってみる。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

Nexus 7 のバッテリーを交換

2012年に購入した Nexus 7(2012年モデル)のバッテリーがダメになってしまった。
使っていると、すぐに電池切れになってシャットダウン。充電ケーブルを繋いでも、充電できない状態に。

Nexus 7(2012年モデル)

この Nexus 7 は、現在でも十分使えるだけの性能があるので、買い換えるのはちょっと惜しい。
バッテリーを交換して延命する事にした。

まずは交換用のバッテリーを探す。
Amazon、楽天などを巡って、バッテリーを探す。
バッテリーは当たり外れが大きいので、慎重に選びたい。
いろいろ探して、「純正」が謳われていて(本当に純正か否かは定かではないが…)、クチコミによい方向の書き込みが多い、こちらの商品にした。

純正 ASUS Google Nexus  7 inch Tablet PC バッテリー C11-ME370T バルク品
純正 ASUS Google Nexus 7 inch Tablet PC バッテリー C11-ME370T バルク品

届いた現物はこちら。純正っぽいように見える。

C11-ME370T

このバッテリーへの交換をトライしてみる。

まず、ケースを開ける。
カバーの隙間にドライバーを差し入れ、慎重にこじって開ける。

慎重にこじって開ける 慎重にこじって開ける

バッテリーを取り外す。

バッテリーを取り外す バッテリーを取り外す

新しいバッテリーを取り付ける。

新しいバッテリーを取り付ける 新しいバッテリーを取り付ける

カバーを付け直す前に、この状態でUSB電源を挿し、起動する事を確認する。
起動した。(^^)

起動する事を確認する

元通りにカバーを取り付ける。

元通りにカバーを取り付ける

iPhone に比べると、交換は非常に簡単だった。(^^)

楽天SocialNewsに投稿!
1 0 0

サングラス・ケース

サングラス・ケースを作ってみた。

サングラス・ケース

ずんべ は、常時メガネを使用しているので、メガネにアタッチメントできるサングラスを愛用している。
すべて Aliexpress で購入したもので、送料込 $2 くらい。

サングラス

OUTEYE 2016 Summer New Men Women Polarized Clip On Sunglasses Sun Glasses Driving Night Vision Lens Unisex Anti UVA Anti UVB F1
OUTEYE 2016 Summer New Men Women Polarized Clip On Sunglasses Sun Glasses Driving Night Vision Lens Unisex Anti UVA Anti UVB F1

これらのサングラスを入れるケースを作ってみた。

まず、生地を用意する。用意すると言っても、古着の布。

生地を用意する

布を切る。

布を切る

生地を裏向きにして、裁縫ピンで仮留めする。

生地を裏向きにして、裁縫ピンで仮留めする

がんばって縫う。縫い目の幅が粗いのは、オトコの裁縫なのでご愛嬌。

がんばって縫う

完了!

完了!

裏返して表を出す。

裏返して表を出す

アイロンをかける。

アイロンをかける

完成!

完成! IMG_8516

他のサングラス用に量産してみた。(^^)

他のサングラス用に量産してみた

ミシンが欲しくなってくるなぁ。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

トイレの床をプチ・リフォーム

トイレの床をプチ・リフォームしてみた。

トイレの床をプチ・リフォーム

我が家のトイレの床は、コンクリートにペンキを塗っただけのもので、実に味気ない。
普段は、トイレ・マットを敷いているのだけれど、やはり味気ない。

ビフォー ビフォー

このトイレの床にクッションフロアを張って、少し雰囲気を変えてみようと思う。

まずは、ホームセンターで材料を揃える。
揃えると言っても、クッションフロアと両面テープの2点のみ。

クッションフロア、両面テープ

トイレには、便器が取り付けられている。更に、我が家はそこそこ築年数が経っているので、パイプ・スペースのようなものはなく、パイプが剥き出しになっているので、その部分をくり抜く必要がある。
そこで、まず新聞紙で型紙を作る事にする。
新聞紙を敷き、便器の部分、パイプの部分をくり抜く。

型紙を作る

クッションフロアを広げ、作成した型紙を仮留めする。

クッションフロアを広げ、作成した型紙を仮留めする

型紙の通りにクッションフロアをカットする。

カットする

便器、パイプの部分には切り込みを入れる。

便器、パイプの部分には切り込みを入れる

作成したクッションフロアを敷く。
少し微調整が必要だったけれど、ほぼ一発で敷けた。(^^)
完成!

作成したクッションフロアを敷く

ビフォー&アフター。

ビフォー アフター

床がを張り替えるだけで、ずいぶん雰囲気が変わるもんだ。
ベリーグッド!

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

じょうろを修理

ベランダ菜園で使っているじょうろの口の部分が割れてしまった。

じょうろの口の部分が割れてしまった

ホームセンターで購入した安いじょうろなので買い換えてもいいのだけれど、そこはビンボー人 ずんべ、修理をトライしてみる事にする。

修理は、単純にワイヤーで巻く形でとめる事にする。

ワイヤー

まず、ワイヤーが滑らないように、凹みを付ける。

凹みを付ける 凹みを付ける

材質的に接着力は期待できないのだけれど、水漏れ防止程度に考えて、隙間に接着剤を入れる。

隙間に接着剤を入れる 隙間に接着剤を入れる

ワイヤーを巻き、締め過ぎてじょうろを潰さないように加減しつつ、ペンチで締める。

ペンチで締める

修理完了!

修理完了! 修理完了!

これでしばらく延命だ。(^^)

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

ヘッドライトのブラケットを修理

自転車のヘッドライトのブラケットを修理した。

昨日、自転車のヘッドライトを点灯しようとしたら、様子がおかしい。
ライトの尾部に付いているスイッチを押すと、取り付け部分がぐにゃっと曲がる感じがする。
走り出すとライトが小刻みに揺れる。
ライトのブラケット部分が一部折れていて、「皮一枚で繋がっている」ような感じだ。

取り外して確認してみる。
横から見ると、こんな感じ。

横から見る

ブラケットの部分を指で押してみると、隙間が空いた。
ブラケットの接面の右端だけで皮一枚な感じ。

隙間が空いた

何かが折れてしまったのだろうか。
ブラケットからライトを取り外して覗きこんでみると…なんと、固定していたであろうネジが失われているようだ。

ネジが失われている

ライトが取り付けられている時は落ちようもないが…いつ外れたのだろう?
がらくた箱をひっくり返してネジを探してみる。
あった。

ネジ

ネジを締め込んで固定する。

ネジを締め込む

自転車に取り付ける。

修理完了

直った、直った。(^^)
まぁ、直したと言っても、ネジを締めただけだけど。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

電球カバー

トイレの電球のカバーが失われていて、電球が裸の状態になっている。

裸の電球

別にこのままでも問題はないのだけれど、ちょっと寂しいので電球カバーを自作してみる事にした。
材料はこれ。1.5リットルのペットボトル。

ペットボトル

 このペットボトルから、2つのカバー(キャップ側でカバーを1個、底側でカバーを1個)を作ってみる。

まず、キャップ側。
キャップの部分を切り取る。電球のネジ部分が通るくらいのところ、つまり、電球の口金はE26なので、2.6センチの穴が空く部分で切り離す。
更に、電球の高さくらいのところでペットボトルの胴体を切り離す。

キャップ側を切り離す キャップ側を切り離す

仮に電球を通してみる。

仮に電球を通してみる

次に、底の部分を切り取る。更に、底に直径2.6センチの穴を開ける(写真撮り忘れた(^^;)。

底側を切り離す

仮に電球を通してみる。

仮に電球を通してみる

塗装する。
今回は黒で塗ったけど、ベージュとか、半透明の色の方がよかったかなぁ…。

塗装する 塗装する

取り付けてみる。

取り付けてみる(キャップ側) 取り付けてみる(底側)

ん~、2リットルのペットボトルにして、もう少し末広がりの方がよかったかな。
とりあえず、これで行こう。

楽天SocialNewsに投稿!
0 0 0

広告

まとめページ

取得した資格
登った山

広告

サイト内検索

WordPress

広告

RSS

RSS 記事
RSS コメント
Server offered by
有限会社パテンティックソフトウェア
Profile for zunbe
zunbeの読書メーター
読んだ本
-
ページ数
-
書評投稿数
-